インスリンの数値が高い人はガンになりやすい

これまで多くの研究で、インスリン抵抗性・高インスリン血症による腫瘍増殖・発ガン促進作用が示されてきました。

簡単にいえば、肥満などによってインスリンの効きが悪くなって血液中のインスリン量が多くなると、腫瘍が増殖したりガンになりやすくなったりするということです。

インスリンの数値が高い

インスリンの数値が高い

そして近年、さらに有力な研究成果が報告されました。2005年の米国糖尿病学会でカナダのサマンサ博士らが報告したもので、1万309名の糖尿病患者を対象に、高インスリン血症の発ガン促進作用を検証したものです。

2006年2月号の『ディアベテス・ケア』に論文が掲載されました。それによれば、「メトフォルミン(インスリン分泌を促進させない薬)を使用しているグループに比べて、インスリンを注射しているグループはガン死亡率が1.9倍高まる、S U剤(インスリン分泌を促進させる薬) を内服しているグループはガン死亡率が1.3倍高まる」とのことです。

サマンサ博士らは、それが体内で分泌されたものであれ、体外から投与されたものであれ、「循環しているインスリンの量が増えると、腫痔の進展や死亡率が高まる」という考えを示しました。

インスリンは人体に欠かせないホルモンではありますが、分泌量や必要量が少なくてすめば、それに越したことはないようです。

さらに2009年に米国で、「空腹時高インスリン血症の女性は乳ガンのリスクが高まる」という論文が発表されました。米国の大規模研究「女性の健康イニシアチブ」の臨床試験から5450人を選び、平均8年間にわたって経過をみたところ、そのうち1 9 0人が乳ガンになりました。

閉経後の女性を対象にしたこの研究では、空腹時高インスリン血症は乳ガンのリスクとなりましたが、高血糖は乳ガンとは関連がなかったという結論です。

空腹時高インスリン血症ということは、米国の女性ですから、肥満によるインスリン抵抗性がおおいに関連していると思います。空腹時高インスリン血症の日本人女性は、そんなにいないと思います。

とはいえ日本人の女性でも「肥満・インスリン抵抗性・高インスリン血症」のある人は、乳ガン要注意です。

高インスリン血症がなぜガンを発症させるのかは、インスリンが各組織の成長因子であることが関わるとされています。

動物実験では、高インスリン血症がさまざまなガン細胞の形成や増殖に関わっているという報告があります。日本でも厚生労働省研究班が「インスリン値が高い男性は大腸ガンになりやすい」という研究結果を発表し、ガンの国際専門誌『インターナショナル・ジャーナル・オブ・キャンサー』2007年5 月号に論文として掲載されました。

研究班は、全国9地域で40〜69歳の男女約4万人を対象に、1990年から2003年まで追跡調査しました。

興味深いのは、男性だけが高インスリン血症と大腸ガンのリスクに関連があり、女性ではみられなかったことです。さらにインスリン値による大腸ガンの発症リスクは、直腸ガンよりも結腸ガンで、よりはっきりと現れました。

インスリン値のもっとも高いグループの結腸ガンリスクは、もっとも低いグループの3.5倍にも上ったのです。

この研究で女性に関連がみられなかったのは、日本人女性は欧米人女性に比べて肥満の割合が低く、インスリン値の高い人が少なかったからではないかということです。ともあれ日本人男性の高インスリン血症は明確な大腸ガンリスクであり、注意が必要です。

大腸がん「開腹手術が圧倒的に減少」