マウス実験 が 立証 した 糖質制限食 の ガン 予防

マウス実験 が 立証 した 糖質制限食 の ガン 予防 効果について紹介します。「キャンサー・リサーチ」は、世界的に定評のあるガン専門誌です。海外のガンに関するありとあらゆる情報が掲載されています。

その雑誌の 2011 年 7 月号に「低炭水化物・高タンパク食が、腫瘍の発育を抑制し、発ガンを予防した」という論文が載りました。

以下、要約を訳してみました。ガン細胞が正常細胞よりグルコース(ブドウ糖)に依存することから、我々はマウスの腫瘍の成長率における低炭水化物食と西洋食の効果を比較しました。

糖質制限食のガン抑制効果

糖質制限食のガン抑制効果

我々は「低炭水化物・高タンパク食」が「高炭水化物・低タンパク食」に比べて、マウス体内において、マウスとヒトのガンが共に成長が遅くなることを見出した。

加えて、低炭水化物食で給餌されたマウス埠より低めの血糖値・インスリン・乳酸値を示した。さらに低炭水化物食による抗腫瘍効果が観察された。(中略)

遺伝的にきわめて乳ガンになりやすいマウスにおいて、腫瘍出現率は西洋食の場合は1年間で50% 近くであったが、低炭水化物食では腫瘍は検出されなかった。この相違は、西洋食のマウスのみにみられた体重増加と関連していた。

さらに西洋食では、ガン関連の死亡のため、正常な生存期間のマウスはたった1 匹であったが、低炭水化物食では50% 以上が正常な生存期間を超えた。まとめれば、我々の調査結果は、低炭水化物ダイエットが体重増加だけでなくガンの発育・進行をも制限するという、臨床前の魅力的な可能性を例証するものである。

このマウス実験では「低炭水化物・高タンパク食」がガン細胞の増殖を遅くし、乳ガンの発症を予防しました。マウスの段階なので、まだまだ人間にそのまま当てはめることはできないと思いますし、今後の検討が必要ですが、理論的にはとても魅力的な研究だと思われます。

このマウス実験の低炭水化物・高タンパク食は「炭水化物15.6% 、タンパク質質58.2%、脂質26.2% 」の割合です。

一般的な西洋食に比べると、脂質の割合ははぼ一緒で、タンパク質を増やして炭水化物を減らしています。この実験では、さらにきびしい低炭水化物・高タンパク食(炭水化物8% 、タンパク質69%、脂質23% 」の予備試験も行って効果がありましたが、将来の人間の臨床試験を考慮して、前者の割合を選択したということです。

糖質制限食