糖質制限食 と 発ガン についての まとめ

糖質制限食 と 発ガン についての まとめ です。
糖質制限食は高タンパク・高脂質食なので、従来の神話(脂肪悪玉説) を信じている人は発ガンの心配をされるかもしれません。そのあたりについてです。ダイエットにはよいと言われている 糖質制限は主食を抜き 脂質は制限無用ですが、 ガン の方は 脂質 を制限する方がほとんどですので 糖質制限食 は不向きと思われるのが一般的です。

糖質制限食 と 発ガン についての まとめ

糖質制限食 と 発ガン についての まとめ

糖質制限食 と 発ガン

  1. スーパー糖質制限食で発ガンリスクが上昇するというエビデンス(証拠)はない。
  2. スーパー糖質制限食で発ガンリスクが減少するというエビデンスもない。
  3. 糖質摂取比率12%の集団と通常食の集団におけるガンの発生を、長期間経過観察した臨床研究は存在しない。
  4. スーパー糖質制限食で、明らかな発ガンリスクとなる高血糖と高インスリン血症は、1日を通して確実に改善する。
  5. スーパー糖質制限食で、発ガン予防効果のある善玉のHDLコレステロールが増加する。
  6. スーパー糖質制限食を長期間続けて将来発ガンリスクが上昇するとしたら、4、5の利点を帳消しにしてさらにそれを上回る何らかの発ガンリスクがあると仮定するしかないが、そのようなリスクは現在まで知られていない。4、5、6を考慮すれば、あくまでも仮説ですが、糖質制限食には欧米型ガンの予防効果が期待できると思います。

糖質制限食

食べ過ぎには注意する、ついつい食べ過ぎたときは 「 糖質カット酵母 」 で帳消しに