フレンチフライはガンの原因に アクリルアミドは、でんぷん質が120度以上で加熱すると発生

フレンチフライというのは主にポテトを揚げた物のことですが、そもそもポテトは高温で揚げるとアクリルアミドという発がん性物質が発生することが分かっています。

揚げ物ですので、再三指摘してきた酸化した抽の危険性もあり、ポテトチップスとともに問題の多い食べ物です。

フレンチフライポテト

フレンチフライポテト

アクリルアミドは、でんぷん質が120度以上で加熱されると発生しますので、これができるのは実はフレンチフライだけではありません。

芋けんぴや食パンの耳、焦げたトースト、クッキーやビスケット、コーヒーやほうじ茶などからも検出されています。

つまり、大概の食べ物を妙ったり、揚げたり、焼いたりすれば、アクリルアミドはある程度発生するということです。
ただ、フレンチフライやポテトチップスは特に大量に発生します。揚げればポテト全体が中心まで120度以上になってしまいますから。ならば一切食べないと思う人がいてもいいのですけれども、私はそんな考え方をする必要はないと思っています。

危険な物質はアクリルアミドだけではありません。それに、すべてのアクリルアミドを食生活から排除するなんて出来っこありません。また少量の発がん性物質を摂ったからといって、きちんと抗酸化物質を摂っていればある程度は防げるわけです。

人間はそれほど弱くはありません。ただし、少量であるならば、という条件付きです。どういうわけか、フレンチフライやポテトチップスを好んで食べる人は、連続的に食べたり、山のように食べたりする傾向があるのです。

日本人でも大皿やバケツ1杯分くらいの分量を平らげる人がいます。大手ハンバーガーチェーンのフレンチフライが好きと言って、ラージサイズを一度に5個くらい食べてしまう人もいます。

いくらアクリルアミドを恐れる必要はないといっても、大量に摂り込むとなると話は別です。極端なことはやめましょう。「そもそも、なぜそんなふうにしてまで食べなければいけないのですか? 」と聞きたいくらいです。

ジャガイモをおいしく食べたいのなら、ふかすのが一番です。食べ方として、これはもう何よりおいしい。または茄でても相当おいしいです。安全においしく食べる方法がたくさんあるのですから、わざわざ危険な調理法を選ぶことはないのではないでしょうか。

異常なまでにフレンチフライを食べたがる人は、ジャガイモを食べたいというよりは、むしろ油を欲しがっているのかもしれませんね。現代の食生活の中では、どんなに努力してもリスクはゼロにはなりません。

フレンチフライに限らず、身体が対処できなくなるボーダーラインみたいな物があって、何でも大量に食べるとそれを超えてしまうことがあるのです。すると、とたんに危険領域に入ってしまいます。連続では食べないとか、一度に大量には食べないとか、身体に及ぼす影響について考えながら賢く食べることを勧めます。そして、本当に身体が欲している物は何なのか、考えてみる必要があります。

揚げ物の危険性 ナゲットは何の肉かわからない