糖質制限食」カテゴリーアーカイブ

血糖値 が 高い 人も ガン になりやすい

血糖値 が 高い 人も ガン になりやすい のは インスリンの数値が高い人はガンになりやすい と紹介しましたが、血糖値が高い人も同様にガンになりやすいことがわかっています。

韓国の Jee らは空腹時血糖値1 40 mg / dl 以上で、男女とも悪性腫瘍の発症リスクが高まると報告しました。

すい臓は男女とも顕著で、あとは男性では食道、肝臓、結腸・直腸、女性では肝臓と子宮頸部のリスクが上昇していました。

国際糖尿病連合が2007年に発表した「食後血糖値の管理に関するガイドライン」によれば、食後高血糖もガンの発症リスクを高めるということです。

例えば、食後高血糖はすい臓ガンの発症に関わっている可能性があります。成人男女1383万5658人を対象とした前向き大規模コホート研究において、すい臓ガンの死亡率と負荷後血糖値との間に強い関連が認められました。

食後血糖値

食後血糖値

負荷後血糖値 121 mg / dl 未満に保たれた人と比べて、200 m g / dl を上回った人のすい臓ガンの発症リスク は2.15 倍でした。この関連は女性よりも男性で強く認められました。

食後高血糖がすい臓ガンのリスクを高めることは他の研究でも認められています。また 1995 年に行われた全米栄養健康調査では、男性の糖尿病患者で悪性腫瘍の発症リスクが高かったと報告されました。そのはか欧米の研究報告によると、糖尿病によって発症率が高まるとされる悪性腫瘍には、すい臓ガン、大腸ガン、肝臓ガン、前立腺ガン、乳ガン、子宮体ガンがあります。高血糖がなぜ発ガンリスクを高めるのでしょうか。

仮説としては、高血糖によって活性酸素が発生し酸化ストレスが高まり、DNA障害が生じ、発ガンリスクとなる可能性があります。また高血糖そのものがDNA障害を引き起こし、それが発ガン要因となる可能性があります。
糖質制限食

ガン治療のポイントと現状

インスリン の 数値 が高い場合 ガン になりやすい

インスリン の 数値 が高い場合 ガン になりやすい ことがわかっています。これまで多くの研究で、インスリン抵抗性・高インスリン血症による腫瘍増殖・発ガン促進作用が示されてきました。

簡単にいえば、肥満などによってインスリンの効きが悪くなって血液中のインスリン量が多くなると、腫瘍が増殖したりガンになりやすくなったりするということです。

インスリンの数値が高い

インスリンの数値が高い

そして近年、さらに有力な研究成果が報告されました。2005年の米国糖尿病学会でカナダのサマンサ博士らが報告したもので、1万309名の糖尿病患者を対象に、高インスリン血症の発ガン促進作用を検証したものです。

2006年2月号の『ディアベテス・ケア』に論文が掲載されました。それによれば、「メトフォルミン(インスリン分泌を促進させない薬)を使用しているグループに比べて、インスリンを注射しているグループはガン死亡率が1.9倍高まる、S U剤(インスリン分泌を促進させる薬) を内服しているグループはガン死亡率が1.3倍高まる」とのことです。

サマンサ博士らは、それが体内で分泌されたものであれ、体外から投与されたものであれ、「循環しているインスリンの量が増えると、腫痔の進展や死亡率が高まる」という考えを示しました。

インスリンは人体に欠かせないホルモンではありますが、分泌量や必要量が少なくてすめば、それに越したことはないようです。

さらに2009年に米国で、「空腹時高インスリン血症の女性は乳ガンのリスクが高まる」という論文が発表されました。米国の大規模研究「女性の健康イニシアチブ」の臨床試験から5450人を選び、平均8年間にわたって経過をみたところ、そのうち1 9 0人が乳ガンになりました。

閉経後の女性を対象にしたこの研究では、空腹時高インスリン血症は乳ガンのリスクとなりましたが、高血糖は乳ガンとは関連がなかったという結論です。

空腹時高インスリン血症ということは、米国の女性ですから、肥満によるインスリン抵抗性がおおいに関連していると思います。空腹時高インスリン血症の日本人女性は、そんなにいないと思います。

とはいえ日本人の女性でも「肥満・インスリン抵抗性・高インスリン血症」のある人は、乳ガン要注意です。

高インスリン血症がなぜガンを発症させるのかは、インスリンが各組織の成長因子であることが関わるとされています。

動物実験では、高インスリン血症がさまざまなガン細胞の形成や増殖に関わっているという報告があります。日本でも厚生労働省研究班が「インスリン値が高い男性は大腸ガンになりやすい」という研究結果を発表し、ガンの国際専門誌『インターナショナル・ジャーナル・オブ・キャンサー』2007年5 月号に論文として掲載されました。

研究班は、全国9地域で40〜69歳の男女約4万人を対象に、1990年から2003年まで追跡調査しました。

興味深いのは、男性だけが高インスリン血症と大腸ガンのリスクに関連があり、女性ではみられなかったことです。さらにインスリン値による大腸ガンの発症リスクは、直腸ガンよりも結腸ガンで、よりはっきりと現れました。

インスリン値のもっとも高いグループの結腸ガンリスクは、もっとも低いグループの3.5倍にも上ったのです。

この研究で女性に関連がみられなかったのは、日本人女性は欧米人女性に比べて肥満の割合が低く、インスリン値の高い人が少なかったからではないかということです。ともあれ日本人男性の高インスリン血症は明確な大腸ガンリスクであり、注意が必要です。糖質制限食

大腸がん「開腹手術が圧倒的に減少」

糖質制限食 が ガン 細胞をやっつける? PET 検査 は 糖質 を使った ガン 検査

糖質制限食 が ガン 細胞をやっつける? PET 検査 は 糖質 を使った ガン 検査 です。PET 検査 は事前に見つかったガンが体の他の部位にも発生していないかを調べる画像検査です。糖質制限食は糖尿病だけでなくでさまざまな病気や症状が改善します。糖質というと主食の炭水化物となるお米、パン、うどん、そして砂糖類を含むお菓子類これを抑えるだけでガン細胞をやっつけられるのなら2人に1人というガンに罹患する人を徹底的に減らせるかもしれません。

糖質制限食

糖質制限食

糖質制限食で病気が治る | 主食を食べない糖質制限食ダイエットの効果

現代は、二人に1人がガンになる時代ですが、糖質制限食によるガンの予防・改善効果について考えてみましょう。ガン細胞が活発化する際には、糖質(ブドウ糖)をえさに増殖することがわかっています。

ガン細胞はブドウ糖を正常細胞の数倍も消費し、野放しの成長を続けていきます。早期発見法として注目されている「PET検査」は、ガン細胞が正常細胞に比べて大量のブドウ糖を取り込む性質を利用したものです。

多くの人が健康診断などでガンが見つかると、早い段階でPET検査を実施します。MRIのような筒状の中に入って体の他の部位のガンの有無を調べる検査です。

もう少し、詳細に説明すると、ブドウ糖に放射能を出す成分を組み込んだ薬剤(FDG) を注射して、このFD Gを検知するPETカメラで体内のFDG分布を画像化して調べます。FDGが多く集まっている部位は、ガン細胞の可能性が高いということになります。

多くのガン細胞がエネルギー源として大量のブドウ糖を利用していることは、間違いありません。そしてガン細胞はブドウ糖しかエネルギー源に利用できないことは周知の事実です。

その理由として、ガン細胞のミトコンドリアは、酵素に不備があり正常細胞のようにケトン体や脂肪酸は利用できないことが文献で確認できました。

ミトコンドリアとは、細胞内にあるエネルギー生産装置です。そうすると、「糖質制限食ならガン細胞を兵糧攻めにできるのではないか? 」という発想が生まれます。

たしかに糖質をどんどん摂って、ブドウ糖ミニスパイクをひんばんに起こして、ガン細胞にブドウ糖をどんどん供給するよりは、糖質制限食のはうがブドウ糖の供給量を減らすことはできそうです。

しかし残念なことに、ガン細胞は「グルット」など細胞表面に糖輸送体を獲得していることが多いのです。グルット(糖輸送体) というのは、第1章で説明したように、細胞のブドウ糖取り込み装置でした。

筋肉細胞や脂肪細胞はグルット4で、通常は細胞内に沈み込んでいて、インスリンが追加分泌されたときと筋収縮があったときに表面に上がってきて、毛細血管の血液からブドウ糖を取り込みます。これに対して、脳や赤血球はグルット1を持っていて、こちらは常に細胞表面にあるので、優先的にブドウ糖を取り込めるわけです。

そして、ガン細胞もグルット1などを持っていることが多いので、他の細胞に比べて優先的にブドウ糖を取り込むことができます。これが、ガン細胞が正常細胞の数倍ブドウ糖を取り込める理由でもあります。

したがって、糖質制限食を実践しても、ガンを撲滅することはなかなかできないと思います。しかし、普通に糖質を摂って血糖値を上昇させるよりは、糖質制限食なら食後血糖値の上昇が少ないので、進行が少しは遅くなるという期待はあります。

また、糖質制限食によってすべての代謝が安定するので、免疫系を中心に自然治癒力が高まり、ガンの進行を遅らせる方向に働いてくれる可能性もあります。さらに、糖質制限食によって基準値より高くなるケトン体に、悪性細胞(腫瘍) の成長を妨げる作用があるという論文報告があります。

糖質制限食