癌 糖質 を摂ることでガンを育ててしまっている

癌 糖質 を摂ることでガンを育ててしまっていることになるのです。癌は糖が大好物なのです。わかりやすい例を挙げると、癌の検査で用いられる PET 検査です。これは、癌が成長すると正常な細胞の3〜8倍もブドウ糖を取り込む性質を利用して、患者の体内にブドウ糖とよく似た構造の薬剤を投与し、薬剤が癌細胞に集まるのを画像化して確認する方法です。

毎日 3000 個以上のがん細胞が発生 癌 糖質 をとらないように

癌 糖質

癌は常に死因のトップに君臨し続け、今や2人に1 人がかかり、3人に1人が命を落としています。これほど多くの人ががんにかかってしまうのは、活性酸素による細胞の酸化と、糖質の摂りすぎによって糖化のスピードが加速しているからにほかなりません。
ガン患者に評判の健康食品にならないのは、体内に備わっている「免疫」という防御システムが正常に機能しているからなのです。

免疫は、体外から侵入してくる細菌やウイルスを排除したり、体内で発生したがんのような異常な細胞を排除して体を守ったり、かかった病気を治そうとする働きをいいます。この免疫システムがきちんと機能していれば、がん細胞も排除されて発症には至りません。

ところが、免疫システムはストレスに弱く、ストレス社会といわれる現代人は常に緊張した状態にあり、体がだるい、肩がこる、熟睡できないなど、病院に行くほどではないけれど何らかの体調不良を抱えて生活しています。この状態こそが免疫機能が低下している、つまり免疫力が落ちているサインなのですが、多くの人が見過ごした結果、癌を発症してしまっています。

3倍以上のブドウ糖を取り込む

癌は、正常な細胞の遺伝子が傷ついて変異した細胞です。正常な細胞は分裂をした後でストップしますが、癌は歯止めが利かなくなり増殖を続けます。癌検診などでがんが発見されるのは 1cm 以上の大きさになつてからのため、そこまで成長するには 10年くらいを要します。

つまり、たとえば50歳でがんが発見されたとすると40歳のときにはすでに癌細胞ができていたことになります。したがって、免疫力を低下させている現在の生活習慣のツケが、10年後に回ってくることになります。

では、正常な細胞が傷つく原因は何かといえば、細胞の酸化と糖化にあるということです。活性酸素が細胞を傷つけて癌化させることは、誰でも理解できると思います。

しかし、糖ががんの原因になっていることには疑問を持ったのではないでしょうか。ところが、癌は糖が大好物なのです。

わかりやすい例を挙げると、癌の検査で用いられる PET 検査です。これは、癌が成長すると正常な細胞の3〜8倍もブドウ糖を取り込む性質を利用して、患者の体内にブドウ糖とよく似た構造の薬剤を投与し、薬剤が癌細胞に集まるのを画像化して確認する方法です。

これにより、どこにどのくらいの大きさのがんができているかを特定することができます。ただ、肝臓のようにもともと糖がたくさん集まっている臓器では、癌との識別が難しくなります。

 

このようなことからも、癌が糖を好むことがわかります。ですから糖を摂ることは、癌に食事を与えて育てる行為となるのです。

したがって、癌年齢といわれる40歳以上の人は、糖の摂りすぎは避けなければなりません。さらにいうなら、40歳頃からがん患者が増えるということは、30歳頃には確認できないだけで、小さながん細胞が巣食っているともいえます。がんで死にたくない人は、30代から断糖をしてがん予防をする必要があります。

食べ過ぎには注意する、ついつい食べ過ぎたときは「糖質カット酵母」で帳消しに

不規則な食習慣はガンのリスク大

規則正しく、5~6時間に1回は食べる

がんを防ぐ食習慣の最後に、「なにを食べるか」でなく「どう食べるか」という、食べ方についても触れておきます。最近は、著名ながん専門医の間でも、食べ方についての議論が盛んになっています。

食事は「1日1食がいい」という人もいれば、「3食きちんと食べるべき」という医師もいます。「年をとったら1日2食でいい」という説もあります。

このあたりは、個人の生活や活動量、食事内容などによっても状況は異なりますから、一概に何回がいいとは決められません。
しかし、食事の間隔を空け過ぎると、人の体は飢餓であると感じて脂肪を蓄えるような体になり、脂肪燃焼効率が悪くなります。太りにくい体質になるための好ましい食べ方としてひとついえるのは、食事間隔をあまり空け過ぎないことが重要です。

5、6時間に1回は食事をするように心がけ、空腹時にはプロテインなどでたんばく質を中心にして摂取を心がけるとよいと思われます。人間の体は規則的な生体リズムをもっており、それに応じてさまざまな生理機能を調節しています。このリズムを乱してしまう不規則な食事は、生理機能や免疫力を低下させ、がんのリス.クを高める可能性があります。「規則正しい生活」は、昔から健康の基本といわれてきました。現代は、いつでも好きな時にほしい食べ物が手に入る時代ですが、がんになりにくく、太りにくい体質をつくるためには、「規則正しく、極度に空腹にならないように食べる」習慣を身につけるようにするといいでしょう。

野草酵素の使用感&口コミ(抗ガン効果)
https://108-blog.com/yasou/

サプリも適宜利用する

食事で摂りにくいビタミンC・D・Bなど

最近では、土壌がやせてきていることなどもあり、野菜や果物を摂取するだけでは、体に必要なビタミンやミネラルが十分に摂取できなくなっています。

そのため、不足している栄養素などをサプリメントで補う必要が出てきます。筋肉の元となるたんばく質吸収に必須のビタミンB6、抗酸化作用のあるビタミンC 、感染症予防などに役立つビタミンD などは食事で補えない部分をサプリメントとして補うことが重要となります。

がんとの関連でいえば、特定の食品や栄養成分のサプリメントを「これさえとっておけばいい」と過信するのは、危険な考え方です。がんの予防は、なにかひとつの食品や栄養素で実現するものではありません。抗酸化作用のあるビタミンCや抗ウイルス作用のあるビタミンDなどを日常から定期的に摂取する習慣を身につけるとよいでしょう。

幅広い食品やサプリメントを食事で補えない部分をバランスよく補うなどの地道な取り組みの積み重ねが「がんになりにくい体」をつくることを忘れないでください。

関連サイト

カフェインの摂りすぎは脱水の原因になるので注意

コーヒー、紅茶、緑茶には注意する

普段、常親しんでいる身近なコーヒーや緑茶などで、がん予防効果があるという研究結果もさまざまなものがありますが、嬉しい効果の一方で、コーヒーやお茶の飲み過ぎにはデメリットも多くあります。

胃が荒れたり、睡眠を阻害して高血圧などが悪化したりするという説もあり、またコーヒーによって膀胱がんのリスク上昇を示す研究もあります。コーヒーや緑茶、紅茶などのカフェインが含有されている飲み物では利尿作用が強く、脱水を助長することが多くあることが一番の欠点とされています。

特に便秘傾向の方が、便秘予防の水分摂取にコーヒーや緑茶などを飲んだりするのであれば、脱水を引き起こし逆効果となってしまいます。つまり、逆効果ということになります。

現荏のところ、コーヒーや緑茶は、がん予防のためにガブガブ飲むはどいいというわけではなさそうです。1日何回かのコーヒーブレイクやティータイムに、ひと息ついてリラックスする、という付き合い方が望ましいといえます。

「泌尿器のガン」増加する前立腺がんに有効な治療 | 健康メモ
https://health-memo.com/2016/09/06/%e3%80%8c%e6%b3%8c%e5%b0%bf%e5%99%a8%e3%81%ae%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%80%8d%e5%a2%97%e5%8a%a0%e3%81%99%e3%82%8b%e5%89%8d%e7%ab%8b%e8%85%ba%e3%81%8c%e3%82%93%e3%81%ab%e6%9c%89%e5%8a%b9%e3%81%aa%e6%b2%bb/

食品の焦げ、添加物を避ける

肉や魚の焦げには注意する

肉や魚を加熱して黒く焦げた部分には、複数の発がん物質が含まれます。たとえば、肉などを高温で加熱した時にできるヘテロサイクリックアミンという化学物質は、動物実験で発がん性が確認されています。

同じように、焦げの部分にできる多環芳香族炭化水素という物質も、WHOの「がん発生との関連についての科学的根拠に基づく評価」で、摂取することでがんが発生する「可能性あり/根拠不十分」に分類されています。

このことからすると、肉類や魚などのたんばく質の黒く焦げた部分は、基本的には避けたはうが無難です。しかしながら、がんが発生する可能性ありとされるのは、焦げを皿一杯食べるなど、大量にとった場合です。

実際にはそんな食べ方をする人はいないと思いますので、日常の食宅ではそれはど神経質に気にしなくてもいいでしょう。真っ黒な焦げを積極的に食べる人は少ないと思われますが、こんがりきつね色の焦げ方を避けるように心がけるだけで発がんのリスクを下げる可能性があり、体にはいいでしょう

また、食品の加工や流通の過程で添加されている食品添加物にも、いくつか発がんの可能性や副作用を指摘されているものがあります。例を挙げると、ダイエットタイプの飲料や食品などに使用されている人工甘味料であるアスパルテームがあります。アスパルテームは砂糖の約200倍もの甘さがあるため、使用量が砂糖の200分の1 はどで済むことから「カロリーゼロ」を謳ったダイエット飲料や食品、糖尿病の治療食品などに使用されることが多くありますが、腎機能障害の可能性が示唆されたり、男性不妊の原因である精子数の減少を引き起こしたりする可能性も指摘されています。

低カロリー甘味料は安全か?
https://life-ddefense.com/danger-chemical/archives/147

その他にも赤色○号、黄色□号といった合成着色料であるタール系色素は原材料が石油であり、少量でムラなく色が出るのが利点とされています。その他発色剤、防カビ剤、酸化防止剤、漂白剤なども発がんの可能性が指摘されていますので、注意が必要です。

これらの食品添加物も、避けるに越したことはありませんので、食品表示を見て危険な添加物が入っている品を選ばないように心がけるといいと思います。食品添加物は極力避けていくのが自分を守る自己防衛となりますので、注意が必要です。

食べ物だけでなく生活の中で化学物質を避ける必要があります。
知っておきたい危ない化学物質
https://life-ddefense.com/danger-chemical/sitemap-danger-chemical