自分で出来る!胃カメラをやらずに胃がん検査、ガン胃がん検査セット(ピロリ菌検査含む)

胃がんの原因

胃がんは、早い段階で自覚症状が出ることは少なく、かなり進行しても無症状の場合さえあります。代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などがありますが、これらは胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍(いかいよう)の場合でも起こります。人によっては、寝不足や仕事が忙しい、苦手なクライアントとの仕事などでだけでも同様の症状がでます。日本人は繊細な人が多いので、翌日に胃カメラがあるというだけでも体調を崩してしまう人もいます。

胃がんは、早期発見が何よりも大事ですが、一度胃カメラをやってあの苦しさを感じてしまうと躊躇してしまう人もいるでしょう。医師の手技にも大きく影響されますが、カメラを飲み込む(飲み込まされる?)のはいささかしんどいものです。

検査をしなければ確定診断はできませんので、症状に応じた胃薬をのんで様子をみるよりも、まずは医療機関を受診し、検査を受けることが重要です。症状の原因が、胃炎や胃潰瘍の場合でも、内視鏡検査などで偶然に、早期胃がんが発見されることもあり、貧血や黒色便が発見のきっかけになる場合もあります。
食事がつかえる、体重が減る、といった症状は、進行胃がんの可能性もあるため、早めに医療機関を受診する必要があります。便の色が濃い、血がまじるといった症状がある人はすぐに内視鏡検査を行いましょう。

そこでとりあえず自宅で胃がん検査キットで異常がないかどうかを調べるのもひとつの手です。

胃カメラをやらずに胃がんが自分で調べられる!




胃がん検査セット(ピロリ菌検査含む)

尿や血中に存在するヘリコバクター・ピロリ菌抗体を検出することにより、現在あるいは過去に、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているかどうかがわかります。また、同時に血液を検体として胃がんへと進展することもある萎縮性胃炎を発見するために、血液中のペプシノゲン濃度を測定します。

ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると、胃の中でアンモニアが合成されて胃酸の分泌が高まります。その結果、胃酸で胃の粘膜が傷つき、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こし、場合によっては胃がんまで進行するといわれています。

胃がんは、日本人の発症率が高く、40歳代から増加。50〜60歳代がピークといわれています。現在、日本人のがんによる死亡率のトップは胃がんであり、年間約5万人の命が奪われています。

ピロリ菌に感染すると、胃に何らかの炎症が起きるため、胃痛や胃もたれ、口臭といった症状が現れます。また、害虫が菌を運ぶといわれているため、部屋やトイレを清潔に保つことが重要です。塩分や刺激物が多く含まれる食事や喫煙など、日頃から胃に負担をかけている人は要注意。精神的なストレスでも胃が弱ってしまうため、積極的にストレス発散に努めましょう。

胃がんについての詳細はこちら


自分で出来る!胃カメラをやらずに胃がん検査、ガン胃がん検査セット(ピロリ菌検査含む)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 朝、起きると顔がむくんでいる(塩分摂りすぎ) | Health Check

コメントは停止中です。