自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キット

大腸ガンの原因

大腸ガンの患者数は、このところ30年で約5倍にも急増しています。ガンは全身のさまざまな部位に発症しますが、厚生労働省の調査によると、ガンの部位別死亡率で、大腸ガンは女性が第1位、男性も第3位に入り、特に女性の大腸ガン患者の増加が目立っています。

大腸ガンの患者が増えている原因のひとつには、現代人の腸の衰えが影響していると考えられます。

腸は大きく小腸と大腸にわけられ、小腸では体内に取り込んだ食物の栄養吸収がおこなわれ、そのあと大腸で水分などが吸収されて便になります。こうした腸の動きは「分節運動」と「蠕動運動」によって起こります。普通、私たちは食事をとると「胃・結腸反射」というものが起こり、便意をもよおして、便として排出されます。便を排出するためには、蠕動運動が大きな役割を担っているのですが、現代の日本人は腸の働きが衰え、蠕動運動がスムーズに行われなくなった「停滞腸」の人が急増しているのです。

停滞腸になると、便秘をしやすくなったり、ガスがたまりやすくなり、腸には悪玉菌が増えて、アンモニアやスカトールといった腐敗物質がつくられます。腐敗物質は腸壁から吸収されて全身へ運ばれ、さまざまな不調を招きます。そして、腸の動きが悪いため体外へ排出されにくく、腐敗物質が長期間たまってしまった大腸ではガンが発症するのです。

停滞腸を防ぐには、食事の内容や運動不足といった生活習慣を見直し、ストレスをためないようにすることも大切です。

大腸ガンの心配があっても恥ずかしくて病院へ行けない、また、忙しくて病院へ行く時間がとれない、という人に、自分でできる大腸ガン検査キットが役立ちます。

自分で出来る大腸ガン検査キット



自分できる!大腸ガン検査キット tf大腸がん検査(1日法)

ガン検査キット健康バスケットの郵送検診は、病院や検査施設へ出向くことなく、自宅で手軽に血液・尿・便などを採取し、郵便で送っていただくだけで、自宅へ結果をお返しいたします。

検査内容は、便中に血液が混在しているかどうかを、血液の成分「ヘモグロビン」と「トランスフェリン」を測定して調べます。ヘモグロビンに比べ、トランスフェリンは熱や時間経過などの環境の変化でも老化しにくいので、より正確に微量の潜血でも調べることができます。二日分の便を使用し、より精度の高い検査を行います。


自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キット」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 黒いうんちは出血のサイン、最近は自分で自宅で検査できる胃がん、大腸検査キットも | 食事でもっと健康になる

  2. ピンバック: 便秘は白湯、下痢はヨーグルトが効果的 | 腸をきれいにして便秘解消

  3. ピンバック: 体温が低いとガン細胞が活発化してしまう | 体温を上げる

  4. ピンバック: 排便時の出血と肛門の痛みで痔の不安があったがハトムギ茶で解消できた | impressions

コメントは停止中です。