検査」タグアーカイブ

自分でできる!肺ガン検査キット

肺は、私たちが自然にしている呼吸にとって重要な器官です。息を吸い込んだ空気から酸素を体内に取り込み、息を吐いて体内から二酸化炭素を取り出しています。酸素と二酸化炭素の交換をする肺胞は空気の通り道である気管支の末端とつながっていて、鼻や口から入った空気は左右それぞれの肺に入ります。

肺ガンの原因

近年ガンで死亡する人が増え続けていますが、なかでも肺ガンが死因のトップとなっています。肺ガンを防止する最も良い方法が、たばこ(葉巻やパイプも含む)を吸わないことです。長年たばこを吸っている人でも、禁煙するのが重要です。たばこに含まれる有害な物質が肺に障害を与え、ガンの原因となります。また、たばこを吸わない人の場合でも受動喫煙によって、ガンになる可能性が高くなります。たばこが、自分や、自分のまわりの大切な人の健康を奪うのです。

肺ガンの種類

肺ガンには、大きく分けて、小細胞ガンと非小細胞ガンがあります。さらに、非小細胞ガンは、腺(せん)ガン、扁平上皮(へんぺいじょうひ)ガン、大細胞ガンという3つの種類に分けられています。

小細胞ガンは、非小細胞ガンと比べると発生する確率は低いものの、成長が速くてほかの器官に広がりやすく、非小細胞ガンは、小細胞ガンよりも発生する確率が高いのですが成長はゆっくりしているという特徴があります。

肺ガンが発生するのは、おもに肺門部(はいもんぶ)と肺野部(はいやぶ)という部位です。肺門部は肺の入り口付近の太い気管支のことで、もう一方の肺野部は気管支の末梢から肺胞のある肺の奥の部分を指します。肺門部に発生するガンは、気管支の太い部分なので、痰(たん)の検査でガン細胞が見つかることがあります。

無症状のうちに検診をした人でも早期の肺ガンが発見される可能性が高いのですが、治療技術が進歩した日本では、早期のうちに発見して治療すれば80パーセントの患者が治るといわれています。

こちらでは、X線検査では見つけにくく、痰(たん)の検査でわかる、肺門部に発生するガンの検査キットを紹介します。病院に行かずに検査を受けられます。


肺がん検査キット

肺がんの中でも、レントゲンには写らない早期の肺門部(気管支周辺の肺)のがんを発見するため、痰(たん)中に異形細胞(がんの疑いがある細胞)があるかどうかを顕微鏡でくまなく探します。※これは肺がんの中でも、肺門部のがんについて調べる検査となります。肺ガンについて詳しくはこちら。


自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キット

大腸ガンの原因

大腸ガンの患者数は、このところ30年で約5倍にも急増しています。ガンは全身のさまざまな部位に発症しますが、厚生労働省の調査によると、ガンの部位別死亡率で、大腸ガンは女性が第1位、男性も第3位に入り、特に女性の大腸ガン患者の増加が目立っています。

大腸ガンの患者が増えている原因のひとつには、現代人の腸の衰えが影響していると考えられます。

腸は大きく小腸と大腸にわけられ、小腸では体内に取り込んだ食物の栄養吸収がおこなわれ、そのあと大腸で水分などが吸収されて便になります。こうした腸の動きは「分節運動」と「蠕動運動」によって起こります。普通、私たちは食事をとると「胃・結腸反射」というものが起こり、便意をもよおして、便として排出されます。便を排出するためには、蠕動運動が大きな役割を担っているのですが、現代の日本人は腸の働きが衰え、蠕動運動がスムーズに行われなくなった「停滞腸」の人が急増しているのです。

停滞腸になると、便秘をしやすくなったり、ガスがたまりやすくなり、腸には悪玉菌が増えて、アンモニアやスカトールといった腐敗物質がつくられます。腐敗物質は腸壁から吸収されて全身へ運ばれ、さまざまな不調を招きます。そして、腸の動きが悪いため体外へ排出されにくく、腐敗物質が長期間たまってしまった大腸ではガンが発症するのです。

停滞腸を防ぐには、食事の内容や運動不足といった生活習慣を見直し、ストレスをためないようにすることも大切です。

大腸ガンの心配があっても恥ずかしくて病院へ行けない、また、忙しくて病院へ行く時間がとれない、という人に、自分でできる大腸ガン検査キットが役立ちます。

自分で出来る大腸ガン検査キット



自分できる!大腸ガン検査キット tf大腸がん検査(1日法)

ガン検査キット健康バスケットの郵送検診は、病院や検査施設へ出向くことなく、自宅で手軽に血液・尿・便などを採取し、郵便で送っていただくだけで、自宅へ結果をお返しいたします。

検査内容は、便中に血液が混在しているかどうかを、血液の成分「ヘモグロビン」と「トランスフェリン」を測定して調べます。ヘモグロビンに比べ、トランスフェリンは熱や時間経過などの環境の変化でも老化しにくいので、より正確に微量の潜血でも調べることができます。二日分の便を使用し、より精度の高い検査を行います。