月別アーカイブ: 2022年6月

癌 糖質 を摂ることでガンを育ててしまっている

癌 糖質 を摂ることでガンを育ててしまっていることになるのです。癌は糖が大好物なのです。わかりやすい例を挙げると、癌の検査で用いられる PET 検査です。これは、癌が成長すると正常な細胞の3〜8倍もブドウ糖を取り込む性質を利用して、患者の体内にブドウ糖とよく似た構造の薬剤を投与し、薬剤が癌細胞に集まるのを画像化して確認する方法です。

毎日 3000 個以上のがん細胞が発生 癌 糖質 をとらないように

癌 糖質

癌は常に死因のトップに君臨し続け、今や2人に1 人がかかり、3人に1人が命を落としています。これほど多くの人ががんにかかってしまうのは、活性酸素による細胞の酸化と、糖質の摂りすぎによって糖化のスピードが加速しているからにほかなりません。
ガン患者に評判の健康食品にならないのは、体内に備わっている「免疫」という防御システムが正常に機能しているからなのです。

免疫は、体外から侵入してくる細菌やウイルスを排除したり、体内で発生したがんのような異常な細胞を排除して体を守ったり、かかった病気を治そうとする働きをいいます。この免疫システムがきちんと機能していれば、がん細胞も排除されて発症には至りません。

ところが、免疫システムはストレスに弱く、ストレス社会といわれる現代人は常に緊張した状態にあり、体がだるい、肩がこる、熟睡できないなど、病院に行くほどではないけれど何らかの体調不良を抱えて生活しています。この状態こそが免疫機能が低下している、つまり免疫力が落ちているサインなのですが、多くの人が見過ごした結果、癌を発症してしまっています。

3倍以上のブドウ糖を取り込む

癌は、正常な細胞の遺伝子が傷ついて変異した細胞です。正常な細胞は分裂をした後でストップしますが、癌は歯止めが利かなくなり増殖を続けます。癌検診などでがんが発見されるのは 1cm 以上の大きさになつてからのため、そこまで成長するには 10年くらいを要します。

つまり、たとえば50歳でがんが発見されたとすると40歳のときにはすでに癌細胞ができていたことになります。したがって、免疫力を低下させている現在の生活習慣のツケが、10年後に回ってくることになります。

では、正常な細胞が傷つく原因は何かといえば、細胞の酸化と糖化にあるということです。活性酸素が細胞を傷つけて癌化させることは、誰でも理解できると思います。

しかし、糖ががんの原因になっていることには疑問を持ったのではないでしょうか。ところが、癌は糖が大好物なのです。

わかりやすい例を挙げると、癌の検査で用いられる PET 検査です。これは、癌が成長すると正常な細胞の3〜8倍もブドウ糖を取り込む性質を利用して、患者の体内にブドウ糖とよく似た構造の薬剤を投与し、薬剤が癌細胞に集まるのを画像化して確認する方法です。

これにより、どこにどのくらいの大きさのがんができているかを特定することができます。ただ、肝臓のようにもともと糖がたくさん集まっている臓器では、癌との識別が難しくなります。

 

このようなことからも、癌が糖を好むことがわかります。ですから糖を摂ることは、癌に食事を与えて育てる行為となるのです。

したがって、癌年齢といわれる40歳以上の人は、糖の摂りすぎは避けなければなりません。さらにいうなら、40歳頃からがん患者が増えるということは、30歳頃には確認できないだけで、小さながん細胞が巣食っているともいえます。がんで死にたくない人は、30代から断糖をしてがん予防をする必要があります。

食べ過ぎには注意する、ついつい食べ過ぎたときは「糖質カット酵母」で帳消しに