食品」タグアーカイブ

にんにくの独特のニオイのもとがガンを抑制する

ニンニクには、独特の香りや味にクセがありますが、ガンに対する有効成分含まれます。ニンニクは、味、香りともに日本人に好まれる味です。

ニンニクやタマネギ、ラッキョウなどのネギ頬は、生薬としても用いられるものが多く、まさに医食同源に合致する素材としても知名度が高いものです。健康食品などにもニンニクが含まれる製品がたくさんあります。

ニンニクの発がん抑制効果が注目されるきっかけとなったのは、人を対象にした疫学的な統計研究からです。たとえば中国の調査には、次のようなものがあります。「ニンニクを年間1・5kg以上摂取する人は、ほとんど摂取しない人と比較してがんのリスクが0.5倍である」と発表されました。
これは、がんにかかる率は半分になるという証明です。イタリアの疫学調査でも、胃がんのリスクが低下すると報告されています。その後、世界じゅうで行われている実験や研究から、特に、胃や大腸など消化器系のがんに対する効果が期待されています。日本で行った実験では、発がん物質を塗布したマウスは皮膚腫瘍が10% 発生したのに対して、同時にニンニク抽出液を塗布すると腫癌発生率が0% に抑えられたという結果がでているほどです。

では、実際にどのような成分ががん予防に働き、作用するのでしょうか。ニンニクには独特のにおいがあります。においのもとは含硫化合物、つまり硫黄を含む化合物なのですが、これががん予防の有効成分のひとつです。
含硫化合物は、ものの毒性を消す働きをする、解毒酵素系を活性化させるのです。仮に、体内に、活性化した発がん物質があったとしましょぅ。このようなときにニンニクを食べると、含硫化合物が解毒酵素系を活性化し、それにょって、発がん物質の毒性を消すのではないか、と考えられているのです。
ただし、それだけではないことは明白で、ほかのメカニズムが複合的に協力しあって、より強い発がん抑制効果を示すという考え方のもとに、研究されています。

ニンニクにキズをつけたり加熱したり、物理的な力が加わると、アリキシンという物質が生成されます。ニンニクが自分を守るために作る自己防御物質なのですが、これに、発がんのプロモーション段階を抑制する作用があることが実験で証明されました。ニンニクの身を守る物質が、われわれの身も守るという点も興味深いところです。
アリキシンが生成されるには数時間から数日かかりますから、たとえばしょうゆ漬けや、ハチミツ漬けなどにするのは効果的です。
それからもうひとつ。ニンニクには、土壌に含まれるセレン(セレニウム) というミネラルをため込むという特性があります。おもしろいことに、このセレンも、がん予防物質として注目されているのです。
土壌中のセレンは無機セレンであり毒物ですが、植物に吸収されると有機セレン(セレンが組み込まれた有機化合物) に変わり、有効に利用できる形になるのです
ニンニクにはその特性があるということです。さて、がん予防のための有効量はどの程度なのか。先に紹介した中国の疫学調査を参考に計算すると、1・5kgを365日で割った1日約4g( ニンニク1 個中のひとかけ) という答えがでますが、確定的な指標ではありません。とりあえず、現在の段階でいえるのは、ニンニクを使うことでおいしい料理ができるのであれば、積極的に利用してほしいということです。
どのような調理法でも、けっこうです。焼いて食べたりするほか、野菜いため、焼き肉の香りづけに使うなど、好みに応じて無理なく、摂取してはいかがでしょうか。