スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) は大学病院で発がんを強力に抑制し、ガンの痛み・進行を防ぐと実証

抗ガン作用が強力な スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) 初期や末期でもガンを退けることが大学病院で確認

国立大学の実験で有機ゲルマニウムが8割以上の確率でガン抑制に有効と判明

今から数50数年ほど前の1970年代、故・浅井一彦博士は、ミネラルの一種である 有機 ゲルマニウムの精製に世界で初めて成功し、 ガン の痛みや進行を防ぐ効果があることを発表しました。

以来、多くの大学痛院や研究機関で実験と研究が進められ、有機 ゲルマニウム のガン 撃退効果が実証されています。有機 ゲルマニウム のガンに対する働きを紹介しましょう。

1.体内のインターフェロンを増やして免疫力を高める
一例として岡山大学の動物実験を紹介しましょう。これはマウス(実験用ネズミ) を3つのグループに分け、次のように異なる条件下で飼育しました。

  • A群 発ガン物質(コールタールの成分であるメチルコラントレン)を注射して、有機ゲルマニウムは与えない。
  • B群 発ガン物質を注射した後、有機ゲルマニウムを週2回、8週間にわたって投与。
  • C群 発ガン物質を注射する2週間前から有機ゲルマニウムを投与し、注射後も8週間にわ
    たって投与。

その結果、12週間後のガン発病率は、 有機 ゲルマニウムをまったく与えなかったA群で8%だったのに対し、有機 ゲルマニウムを投与したB群は半分以下の27% 、C群にいたっては、A群の約3分の1である19% という低い数値を示したのです。

つまり、有機 ゲルマニウム を事前にとることで、発ガンを80% 以上も抑えたことになります。有機ゲルマニウムがガンを防ぐのは、体内でインターフェロンという物質をやすからです。私たちの体には免疫力と呼ばれる、病気から体を守る働きが、もともと備わっています。

免疫力の主役は血液中の白血球です。特に、白血球の1つであるリンパ球のNK ( ナチュラルキラー )細胞や マクロファージ といった細胞が中心となって、ガンと闘います。

これらの細胞の働きを高めるのがインターフェロンです。インターフェロンにはα型、β 型、γ型の3種類があり、なかでもγ型インターフェロンは免疫力を強化する働きを持っています。有機ゲルマニウムをとると、このγ型インターフェロンが体内で多く作られ、発ガンを抑えることがわかっています。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )  は免疫力を高めてガンの進行・転移を防ぎ、つらい痛みも抑える

2.鎮静効果によってガンに伴う痛みを軽減する
進行したガンや末期ガンの場合、激痛を伴うケースが少なくありません。つらい痛みは患者さんのQOL(生活の質)を落とすだけでなく、治療に向き合う気さえそいでしまいます。
睡眠や栄養の確保、免疫力の維持という点から、痛みをいかに抑えるかは、治療するうえでとても重要です。
有機 ゲルマニウム には、ガン患者さんの痛みを緩和する効果もあります。有機 ゲルマニウム をとることで、鎮痛作用のあるぶんぴつホルモンが体内で分泌され、痛みや炎症を抑えることが、昭和薬科大学の研究で実証されています。

最後に、有機ゲルマニウムによって、発ガンを大幅に抑えられたという臨床試験を紹介しておきましょう。

東北大学医学部のほか、鳥取大学医学部、北里大学などによる研究報告がありますが、ここでは東北大学の臨床試験結果をご紹介します。

この試験は、20~60代の健康な男女12人に有機 ゲルマニウム をとってもらい、体内で作り出されたγ型インターフェロンの量を調べたものです。その結果、有機ゲルマニウムをとってから30時間後、年齢や性別に関係なく、12人全員の体内でγ 型インターフェロンの量が大幅に増加していることが認められました。

現在、有機ゲルマニウムは健康食品として市販され、多くの患者さんに利用されています。ガンの専門クリニックでもガン改善に活用して、大きな成果を上げています。

国産「有機ゲルマニウム」に「サンゴカルシウム」と「トレハロース」を配合!「ゲルマニウムカプセル90」

「ゲルマニウムカプセル90」で使用しているゲルマニウムは、株式会社浅井ゲルマニウム研究所にてGLP(優良試験所基準)適用の安全性試験を実施して製品の安全性が確認されている日本国産のアサイゲルマニウムを使用しているので、安心してお飲みいただけます。

■6粒(1.43g)あたりの含有量
ゲルマニウム38.5mg(有機ゲルマニウムとして90mg)

ゲルマニウムは、類似品が多数出回っており、注意してください。アサイ有機ゲルマニウムは、浅井一彦博士が、安全性を第一として研究された製法によって製造されています。アサイゲルマニウムの製造には、非常に多くの工程がございます。

アサイゲルマニムへと結晶化する為の製造工程は人が飲む事を前提として製造されています。これが、アサイゲルマニウムが、唯一安全性が確立されているデーターにも表れています。

アサイ有機ゲルマニウムを含有して製造している商品は全て日本国生産です。日本で医薬品に義務化されている品質基準「GMP認証工場」で製造しておりますので安心してお召し上がり頂けます。

公式サイトに浅井ゲルマニウムの有用性が紹介されています。
研究(文献)の紹介|ゲルマニウムの事なら浅井ゲルマニウム研究所 ウェブサイト

インターフェロン とは?
ウィルス や ガン 細胞など、体に悪影響を及ぼす異物を防御するために、体内の細胞が分泌するたんぱく質。ウィルスやガン細胞の増殖を阻止し、鎮痛・抗炎症作用を発揮する。 インターフェロン には体内で生理的に作られるもののほか、 ガン や C型肝炎 の治療に使われる化学的に合成されたものもある。