Q&A」カテゴリーアーカイブ

セカンドオピニオンの上手な受け方

検査の結果、医者から「胃がんです」と告げられたとたん、あわてふためいて「気がついたら入院していた」ということや「手術を後悔した」ということがないように、よく考える時間を持ちたいものです。

まず、がんと診断されたら、もうひとり別の医者の判断を仰ぐことを勧めます。病理検査の信頼度は、とくに早期でボーダーラインにある例では、10人の病理医がいたら10通りの答えが出てくる可能性があります。

実際に、「がんです」といわれてがんではなかった、というケースも少なくありません。また、医師にお任せしたまま、言われた通りの治療を受けるのではなく、自分の体やがんの治療について積極的に考える姿勢を持ってほしいと思います。

「ムンテラ外科医」(口先だけで患者さんを誘導する医師) はまだまだ多くいます。主治医の勧める治療法と考え方を聞いたうえで、ほかの治療方法もないのかどうか、よく聞いてから判断することをお勧めします。

さらに、なにか疑問を感じたら、「同じことを別の施設に聞きに行くことを希望したいのですが(セカンドオピニオンを取りたいのですが)」と主治医に切り出すとよいでしょう。

もし、主治医からじゅうぶん納得のいく説明を受けられれば、セカンドオピニオンを求める必要はありません。時代の風潮だからといって、主治医の意見だけを聞いて治療法を決めたことが、選択する幅をせばめたということにはならないからです。

つまりセカンドオピニオンとは、主治医の説明に疑問を感じたり、納得できないのであれば、ほかの医師に解決策を求めるということです。以前なら、「ほかの病院へ確かめに行くなんて、トンデモナイ患者だ」と思われたかもしれませんが、時代の変化にともなって社会全体の考え方が変わりました。

また、A医師とB医師の考え方が異なった場合は、どちらの医者に自分の命を任せたいかという見方で考えればよいでしょう。結局は本人が決断する事柄です。

とくにリンパ節の郭清の範囲については、医者によってそれぞれ哲学があるため、意見が異なってくる可能性があります。このほか、胃がんが食道に入り込んだ(浸潤した)場合の切除では、腹部だけでなく胸部も開く手術をお勧めします。食道がんの手術にも手慣れた医者に執刀してもらうとよいでしょう。

実際にセカンドオピニオンはどう選べばいいのか

いま診てもらっている病院より、その病気について多くの経験を持っている病院を探すことを勧めます。量質転化ということばがありますが、量(手術数)をこなずいしよせばこなすほど、質的に向1 するような工夫や努力が随所になされているからです。

手術を受ける隙にはどのような質問をしたらいいか

手術についての話が出たら、治療に関する客観的なデータを示してもらうのが一番よいでしょう。たとえば、次にあげるような質問から、自分なりの治療法を考えることはできます。

むしろ、このような資料が揃っていないという病院に命を預けるのは、どう考えてもおすすめできません。

質問の例

  • この病院では、自分と同じ病気について、どのくらいの手術症例があるのか。
  • 合併症の危険性はどのくらいあるのか。
  • 5年生存率はどのくらいか。それは全国平均と比べると、どうなのか。自分の場合はどのくらいの予後が期待できるのか
  • セカンドオピニオンをとってもよいか。。
  • 手術症例数、1年間の胃がんの開腹手術数

告知の受け止め方

告知が必要であることはこちらで説明したとおりですが、実際に告知はどうやって受け止めたらいいでしょうか?

いまでは、とくに早期胃がんや早期大腸がんの生存率は9割を超えています。「これらのがんで死ぬのは、みっともない」と声を大きくしていえるほどです。

もはや、がんを絶望視するような時代ではなくなってきました。一方、進行がんに関しては、まだ楽観視できるほどではありません。
しかし考え方によっては、がんで死ぬというのも悪くないと思っています。人間は生きている限り、いつか死を迎えることになるのですが、たとえばある日突然、交通事故や脳卒中などで死んでしまうよりは、むしろがんにかかった方がいいかもしれないとさえ思うことがあります。亡くなるまでの半年から1年間の人生を、自分の力で120%充実させることができるからです。

残りの人生は、どうぞ1ヶ月を1年だと思って12倍充実させる考え方もあります。3ヶ月生きていけるなら、3年間生き延びたといえる日々を過ごしてほしい。

残された時間をどのように過ごすかは、ひとりひとりの患者さんの人生観です。どのような治療を受けるかも、本人の選択にまかすべきでしょう。今は、患者さんが納得できる治療をします。たとえ、それが悪性のスキルスがんであっても、ネバーギブアップ最後まで可能性のある限り「Never Give Upの精神でがんと闘う」にたどりつくはずです。

ガン告知の必要性

これは、告知をきっかけに医師と患者が二人三脚で共同作業をすすめるきっかけとなるのです。

これについては、医師そぞれに考え方があるかと思いますが、一般的な見解として、「告知」ということばには、「医者が患者に病気のことを告げ知らせる」ということで、いささか抵抗を感じますが、「情報開示」という考え方には賛成です。

患者さんには自分の病気について詳しく知る権利があります。
一方、医者にとって「告知する」というこ共同作業者として、患者さんの命に対して全力を尺、くすということです。告知という残酷な時間を共有することで、患者さんと医者との間に信頼関係が生まれ、ともにがんと闘う姿勢を持てるようになります。

少し前は「告知」に関しては大きなテーマであり、答えが非常に難しいものでした。

しかし、いまではほとんどの患者さんが自分の病状を正確に知りたがっておられるほど、社会の意識や要求は変わりました。また、「病人には何もいわず、家族だけがそれを知っているというのはおかしな話ではないか」とも考えられるようになってきました。

よく、あと何年の命ですかとか何ヶ月の命ですかと聞かれることがあります。しかし医師が余命まで口に出すのはおこがましいですね。余命がどのくらいかというのは、神のみぞ知る領域と考えます。

「来年のお正月は越せないでしょう」「季節の変わり目が要注意かもしれませんね」などの表現が適切のように感じます。季節の花が咲く頃の前か後か、という言い方もあります。

信頼できる医師とはどんな人

「よい医師」「信頼できる医師」とはどんな人でしょうか。外来の診察では、その病院を信用できるか、医者を信頼できるかを確認することが必要です。

いろいろと質問をしたときに、明らかに不快そうな表情を浮かべて「医師である私の言うことがすべてです」などと言われたら、とても自分の体を任せる気持ちにはなりません。

もし、話をしてみて医者と相性が合わないと思ったら、病院を変えるのもひとつの方法です。人間同士だから、相性があるのは当然だと思いますし、信頼関係が築けない場合、治療がうまくいかないこともあります。

医師の場合、一番脂が乗っているのは、経験をしっかり積んだ、50代後半から60代後半のころです。体力も知識も自信たっぷりの時期です。
どんな手術でも、また、長時間におよぶ場合でも、臨機応変に判断して処理することができます。さらに、新しい手術方法にも積極的に取り組んでいるはずです。
外科医の腕の善し悪しというのは、手先の器用さだけではありません。外科医に向いている人は、自分の技量を正確に判断できる人、冷静沈着な人、細心にして大胆な人です。さらに達人とよばれる人は、1つの経験例を10通りにも20通りにも応用できる能力があるかどうかで決まります。

よい病院を選ぶためには

安心して手術をうけられる3つの条件

3つの条件とは以下の3つです。

  1. 胃がんの専門医がいる病院
  2. 内視鏡検査、および内視鏡的切除術をしている病院、CT検査機器がある病院
  3. 手術時の危機管理ができている病院

1は、まず、最初はかかりつけの医師から紹介された医療機関を選択することが一般です。あるいは、知り合いに手術を受けた方がいるなら、直接お話を聴き、その方が治療を受けた医療機関が良い施設と考えられるなら、選択することもお勧めします。実際に経験者の方の印象はとても重要です。
最近では、医療情報や治療成績をホームページ上に公開している医療機関も多くなりました。インターネットなどで「消化器外科専門医」をキーワードに検索すると、大学病院や専門病院のホームページを開くことができます。そのなかから、胃がん専門医のいるところを探すことができるでしょう。
2は、内視鏡検査は正確な診断を得るために必要です。適応がある胃がんは、手術ではなく内視鏡的治療で対処できるわけです。C T検査機器は進行の度合いや転移の有無を診察するためです。

3は、たとえ簡易な内視鏡的切除術でも、粘膜を切除するときは大出血をともなうことが考えられるため、対応策を準備しているかどうか確認します。

たとえば、ある病院では内視鏡的切除の場合でも、かならず緊急手術の準備をします。術後のフォローをきちんと行うため、原則的に入院してもらいます。
入院せず日帰りで手術する病院もありますが、たとえ1泊でも入院したほうが安心です。

胃がんの手術ではいろいろの合併症が起こる可能性は何%かはあります。その予防と対策に細心の注意をはらうわけです。手術法や合併症、危険率などについて説明がない病院では、手術を受けない方がいいでしょう。
万が一、病院から「手術時に合併症が起こるなんて、そんなことがあるわけないでしょう。我々の治療を信用していないんですか」といわれたら、自分の体を信頼してまかせることはできません。

また、これは胃がんに限らないことですが、病院を探すときには該当する病全判の治療の経験が豊富かどうかを客観的に評価することが大切です。いまなら、健康雑誌や書籍がたくさん出版されていますし、ホームページ検索などの利用するのお大変便利です。
ただし、インターネットの情報は玉石混交です。公的な機関(病院、財団、団体など) や市民団体などのものは信用がおけますが、発信元が個人の場合は医学的に正しい情報とはいえないことも含まれている可能性があり注意が必要です。

再発・転移の早期発見のためには

可能な限り、早く再発を発見するために、手術後は外来に最低でも5年間通院します。早期がんなら1年に1回、進行がんでは毎月検査や診察を受けていただくようになります。

最初の1年以内は内視鏡検査をします。吻合部に腫瘍ができていたり、残胃からがんが再発したりしていないかを確認するためです。とくに早期胃がんは多発することが多く、がん腫瘍をすべて取り除いたと思っていても、残胃に顕微鏡レベルでがん細胞が残っていることがあります。

がんができやすい素地があるからです。また、進行がんでは3ヶ月に1度は血液検査、6ヶ月に11回は超音波(エコー)、またはCTドかMRI の検査をおこなうようにして、どの検査も1年に2回ずつ受けられるようにします。
ただし、腹膜転移は、画像診断ではわかりにくいため、早期発見が難しくなります。もし、えもいわれぬ腹痛、腹部の張り、吐き気や嘔吐などの症状が起こった場合は、すぐに病院で主治医に病状を説明し検査してもらうようにしてください。骨、脳への転移も、早期一発見は難しいのですが、病状に応じてⅩ線、CT検査で診断できます。

再発・転移の心配「再発・転移はどのように起こりますか」

がんを手術で切除した後、再びがん細胞が見つかることを「再発」と呼びます。一般的に、再発には「局所再発」と「転移再発(遠隔再発)」の2種類があります。

局所再発とは、がんが最初にできた臓器(原発巣)付近に残っていたがんの細胞が増殖して大きくなり、隣の臓器まで入り込んでしまったもの(浸潤)です。
たとえば、大腸・直腸がんの場合は骨盤内に小腸や勝脱、男性では前立腺、女性では子宮などがひしめきあっているため、隣の臓器に浸潤しやすくなります。
胃がんではこのような再発は見られません。

転移再発とは、原発巣と離れた臓器にがん細胞が見つかったものです。がん細胞は血管を通って、肝臓や肺、脳、骨へ転移する可能性があり、「血行性転移」と呼ばれています。
リンパ管を通ってリンパ節へ転移する場合は「リンパ行性転移」と呼ばれます。

再発・転移の心配「胃を全摘すれば再発はないのか」

胃をまるごと全部取ってしまえばがんの心配はなくなる、という考え方は間違いです。胃から、ほかの臓器へ転移・再発する可能性があるからです。

全摘するか、部分切除分切除するか、というのは、いかに病巣を取り除くかという方法論なため、早期がんでも全摘するケースはありますし、進行がんでも部分切除のケースは見られます。予後とは関係がありません。

胃を全摘しても物は食べられるのでしょうか?

人生の楽しみがなくなる、ということはありません。手術では胃の代わりに小腸をひきあげて食道とつないで、消化管を連結します。
確かに切除手術をすると術後にいろいろな症状が起こりますが、しばらく経つと「胃がなくなったこと」に体が慣れるため、術後1年くらいで、社会生活に戻るのに大きな障害はなくなります。