自宅で行えるガン治療法はある?

末期がんでは在宅ケアという方法もあるそうです。どのようなものですか。

患者さんが自宅で病状の管理を受けられるシステムです。やり残した仕事をしたり、家族との日常生活を過ごしたりなど、人生の終末を過ごすのにふさわしい環境をつくることができます。

痛み止めと点滴により管理できる人を対象にして、外来の看護師数人がチームを組んでケアをしています。これまではいくら患者さんから「家に帰りたい」といわれても、まるで病院にしばりつけているようでした。

しかし、いまは痛みがあっても、食べられなくても条件が揃えば退院できます。食べられない場合は、在宅で中心静脈栄養の点滴をします。

ケアを担当していた看護師は、患者さんの家族から、「最期の日まで夫婦一緒に枕を並べて寝ることができました。とても感謝し、満足しています」といわれたそうです。

いよいよのときが近づいたという場合は、病院へ搬送して、最後を迎え死亡を確認します。在宅ケアは健康保険でカバーされている治療のひとつです。在宅ケアをしてくれる看護師がいれば希望できるでしょう。

入院している病院にシステムがなければ、在宅看護を専門に引き受けている業者に頼むこともできます。正直なところ、病院経営としては赤字になるのですが、患者さんへのサービスのひとつと思って続けています。このように末期がんの治療は選択肢が広がってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください