「残胃がん」は医療ミスの結果が原因か?

2年前に進行がんが見つかったので、胃の幽門側を3分の2切除しました。最近定期検査を受けたところ、再発が見つかり「残胃がんです」といわれました。
あまりにもショックを受けています。手術後には執刀医から「手術は無事に成功し、がんをすべて取り除く ことができました」といわれましたが、この残胃がんという手術のときにがんを取り残していたのではないでしょうか。こういうケースを「医療ミス」とはいわないのでしょうか?

残胃がんとは、手術でまちがいなくがんではないことが証明された、つまり胃潰癌や十二指腸潰瘍の手術をした場合、残った胃袋にがんが発病したことです。

また、最初の胃の疾患ががんであった場合は、術後10年以上経ってから、残した胃にがんができた場合を言います。残胃の粘膜では胆汁などが逆流しているため、いつでも発がんのきっかけをつくりやすいといわれています。

術後2年以内に再発したのは、手術時の切除断端が陽性だった場合か、残った胃袋に同時にがんができていたものを見落としたからでしょう。
しかし、医療ミスとはいえません。2年間で新しくがんができたかもしれませんし、小さながんがあったとしても、診断できない場合があるからです。この場合、治療法は、残った胃を全摘することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください