重複がんとは何か

がんが最初にできた臓器を「原発巣」と呼びます。同じがんが原発…果の臓器から離れたところにできることを「転移」といいます。
転移先のがん細胞は、原発巣のがんと同じ性質を持っているので、顕微鏡で見ると原発巣がどの臓器なのか、見分けることができます。
重複がんとは、転移ではないがんの原発巣が体に2ヶ所以上できることです。

胃癌研究会の全国胃がん登録調査報告によりますと、胃がん患者の重複がんは胃と、大腸、食道に多く見られます。同時に診断される場合を同時性重複がん、時をへだてていじせい発見された揚谷を同時性重複がんといいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください