手術を受ける隙にはどのような質問をしたらいいか

手術についての話が出たら、治療に関する客観的なデータを示してもらうのが一番よいでしょう。たとえば、次にあげるような質問から、自分なりの治療法を考えることはできます。

むしろ、このような資料が揃っていないという病院に命を預けるのは、どう考えてもおすすめできません。

質問の例

  • この病院では、自分と同じ病気について、どのくらいの手術症例があるのか。
  • 合併症の危険性はどのくらいあるのか。
  • 5年生存率はどのくらいか。それは全国平均と比べると、どうなのか。自分の場合はどのくらいの予後が期待できるのか
  • セカンドオピニオンをとってもよいか。。
  • 手術症例数、1年間の胃がんの開腹手術数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください