自分でできる!肺ガン検査キット

肺は、私たちが自然にしている呼吸にとって重要な器官です。息を吸い込んだ空気から酸素を体内に取り込み、息を吐いて体内から二酸化炭素を取り出しています。酸素と二酸化炭素の交換をする肺胞は空気の通り道である気管支の末端とつながっていて、鼻や口から入った空気は左右それぞれの肺に入ります。

肺ガンの原因

近年ガンで死亡する人が増え続けていますが、なかでも肺ガンが死因のトップとなっています。肺ガンを防止する最も良い方法が、たばこ(葉巻やパイプも含む)を吸わないことです。長年たばこを吸っている人でも、禁煙するのが重要です。たばこに含まれる有害な物質が肺に障害を与え、ガンの原因となります。また、たばこを吸わない人の場合でも受動喫煙によって、ガンになる可能性が高くなります。たばこが、自分や、自分のまわりの大切な人の健康を奪うのです。

肺ガンの種類

肺ガンには、大きく分けて、小細胞ガンと非小細胞ガンがあります。さらに、非小細胞ガンは、腺(せん)ガン、扁平上皮(へんぺいじょうひ)ガン、大細胞ガンという3つの種類に分けられています。

小細胞ガンは、非小細胞ガンと比べると発生する確率は低いものの、成長が速くてほかの器官に広がりやすく、非小細胞ガンは、小細胞ガンよりも発生する確率が高いのですが成長はゆっくりしているという特徴があります。

肺ガンが発生するのは、おもに肺門部(はいもんぶ)と肺野部(はいやぶ)という部位です。肺門部は肺の入り口付近の太い気管支のことで、もう一方の肺野部は気管支の末梢から肺胞のある肺の奥の部分を指します。肺門部に発生するガンは、気管支の太い部分なので、痰(たん)の検査でガン細胞が見つかることがあります。

無症状のうちに検診をした人でも早期の肺ガンが発見される可能性が高いのですが、治療技術が進歩した日本では、早期のうちに発見して治療すれば80パーセントの患者が治るといわれています。

こちらでは、X線検査では見つけにくく、痰(たん)の検査でわかる、肺門部に発生するガンの検査キットを紹介します。病院に行かずに検査を受けられます。


肺がん検査キット

肺がんの中でも、レントゲンには写らない早期の肺門部(気管支周辺の肺)のがんを発見するため、痰(たん)中に異形細胞(がんの疑いがある細胞)があるかどうかを顕微鏡でくまなく探します。※これは肺がんの中でも、肺門部のがんについて調べる検査となります。肺ガンについて詳しくはこちら。


自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キット

大腸ガンの原因

大腸ガンの患者数は、このところ30年で約5倍にも急増しています。ガンは全身のさまざまな部位に発症しますが、厚生労働省の調査によると、ガンの部位別死亡率で、大腸ガンは女性が第1位、男性も第3位に入り、特に女性の大腸ガン患者の増加が目立っています。

大腸ガンの患者が増えている原因のひとつには、現代人の腸の衰えが影響していると考えられます。

腸は大きく小腸と大腸にわけられ、小腸では体内に取り込んだ食物の栄養吸収がおこなわれ、そのあと大腸で水分などが吸収されて便になります。こうした腸の動きは「分節運動」と「蠕動運動」によって起こります。普通、私たちは食事をとると「胃・結腸反射」というものが起こり、便意をもよおして、便として排出されます。便を排出するためには、蠕動運動が大きな役割を担っているのですが、現代の日本人は腸の働きが衰え、蠕動運動がスムーズに行われなくなった「停滞腸」の人が急増しているのです。

停滞腸になると、便秘をしやすくなったり、ガスがたまりやすくなり、腸には悪玉菌が増えて、アンモニアやスカトールといった腐敗物質がつくられます。腐敗物質は腸壁から吸収されて全身へ運ばれ、さまざまな不調を招きます。そして、腸の動きが悪いため体外へ排出されにくく、腐敗物質が長期間たまってしまった大腸ではガンが発症するのです。

停滞腸を防ぐには、食事の内容や運動不足といった生活習慣を見直し、ストレスをためないようにすることも大切です。

大腸ガンの心配があっても恥ずかしくて病院へ行けない、また、忙しくて病院へ行く時間がとれない、という人に、自分でできる大腸ガン検査キットが役立ちます。

自分で出来る大腸ガン検査キット



自分できる!大腸ガン検査キット tf大腸がん検査(1日法)

ガン検査キット健康バスケットの郵送検診は、病院や検査施設へ出向くことなく、自宅で手軽に血液・尿・便などを採取し、郵便で送っていただくだけで、自宅へ結果をお返しいたします。

検査内容は、便中に血液が混在しているかどうかを、血液の成分「ヘモグロビン」と「トランスフェリン」を測定して調べます。ヘモグロビンに比べ、トランスフェリンは熱や時間経過などの環境の変化でも老化しにくいので、より正確に微量の潜血でも調べることができます。二日分の便を使用し、より精度の高い検査を行います。


自分で出来る!胃カメラをやらずに胃がん検査、ガン胃がん検査セット(ピロリ菌検査含む)

胃がんの原因

胃がんは、早い段階で自覚症状が出ることは少なく、かなり進行しても無症状の場合さえあります。代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などがありますが、これらは胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍(いかいよう)の場合でも起こります。人によっては、寝不足や仕事が忙しい、苦手なクライアントとの仕事などでだけでも同様の症状がでます。日本人は繊細な人が多いので、翌日に胃カメラがあるというだけでも体調を崩してしまう人もいます。

胃がんは、早期発見が何よりも大事ですが、一度胃カメラをやってあの苦しさを感じてしまうと躊躇してしまう人もいるでしょう。医師の手技にも大きく影響されますが、カメラを飲み込む(飲み込まされる?)のはいささかしんどいものです。

検査をしなければ確定診断はできませんので、症状に応じた胃薬をのんで様子をみるよりも、まずは医療機関を受診し、検査を受けることが重要です。症状の原因が、胃炎や胃潰瘍の場合でも、内視鏡検査などで偶然に、早期胃がんが発見されることもあり、貧血や黒色便が発見のきっかけになる場合もあります。
食事がつかえる、体重が減る、といった症状は、進行胃がんの可能性もあるため、早めに医療機関を受診する必要があります。便の色が濃い、血がまじるといった症状がある人はすぐに内視鏡検査を行いましょう。

そこでとりあえず自宅で胃がん検査キットで異常がないかどうかを調べるのもひとつの手です。

胃カメラをやらずに胃がんが自分で調べられる!




胃がん検査セット(ピロリ菌検査含む)

尿や血中に存在するヘリコバクター・ピロリ菌抗体を検出することにより、現在あるいは過去に、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているかどうかがわかります。また、同時に血液を検体として胃がんへと進展することもある萎縮性胃炎を発見するために、血液中のペプシノゲン濃度を測定します。

ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると、胃の中でアンモニアが合成されて胃酸の分泌が高まります。その結果、胃酸で胃の粘膜が傷つき、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こし、場合によっては胃がんまで進行するといわれています。

胃がんは、日本人の発症率が高く、40歳代から増加。50〜60歳代がピークといわれています。現在、日本人のがんによる死亡率のトップは胃がんであり、年間約5万人の命が奪われています。

ピロリ菌に感染すると、胃に何らかの炎症が起きるため、胃痛や胃もたれ、口臭といった症状が現れます。また、害虫が菌を運ぶといわれているため、部屋やトイレを清潔に保つことが重要です。塩分や刺激物が多く含まれる食事や喫煙など、日頃から胃に負担をかけている人は要注意。精神的なストレスでも胃が弱ってしまうため、積極的にストレス発散に努めましょう。

胃がんについての詳細はこちら


エゴマの成分に肝ガン抑制効果(日経新聞)

2015年10月25日の日本経済新聞の朝刊に興味深い記事が掲載されていました。「エゴマ成分に肝ガン抑制」という記事で名古屋市立大で発見されたそうです。

近所のスーパーの健康コーナー(レジ近く)にエゴマ油がすごい数陳列されていたので、エゴマの作用が人気なのかなぁ~とは思っていましたが、どうも正解だったようです。

エゴマに含まれる成分が非アルコール性脂肪炎(NASH)や、それに伴う肝細胞の癌化を抑制することをラットの実験から発見し、英科学雑誌電子版に発表したそうです。

NASHの発症や進行は老化などに伴う肝細胞の酸化が変わっていることがわかっており、エゴマの種に多く含まれ、抗酸化作用が強い「ルテオリン」が予防に効くと考えました。

まず、遺伝子操作でガンになりやすくした「老化ラット」を作成。NASHを引き起こす餌を3ヶ月間食べたラットとこの餌にルテオリンを加えた物を同期間食べたラットを比較した場合、NASHの進行が20~30%遅かったというものです。

摂取していないラットに比べて癌化の可能性があ細胞が半分程度しかないことも判明。

エゴマ油などルテオリンを含む食品を日常的に摂取すると予防に役立つ可能性があるということです。

婦人科関連ガンと放射線治療について

「婦人科がん」の中でも「子宮頸がん」では、根治を療法としての「放射線治療」が増えています。

放射線治療

放射放射線治療も選択肢の1つ

がんの「放射線治療」は、がん部分に放射線を照射し、がん細胞の分裂や増殖を止めて、がんを可能なかぎり縮小させ、死滅させる治療法です。
日本のがん治療では、これまで手術が中心でしたが、最近は、放射線治療が有効な治療法の1つとして選択される機会が増えました。

  • 婦人科ガンの放射線治療
    子宮や卵巣など女性器のがんを「婦人科がん」といいます。そのうち、「子宮頸がん」では、根治を目指した放射線治療が行われます。子宮頸がんは、子宮の入り口の部分(子宮頸部) にできるがんで、早期や進行した段階でも、根治を目指した放射線治療が行われます。一方、子宮体部にできる「子宮体がん」では、がんに対する放射線治療の効き目がどうしても弱いため、一般的に根治療法としては手術が選択されます。放射線治療は術後の補助療法として行われることがあります。なお、「卵巣がん」に対しては、主に手術と化学療法が行われ、放射線治療はあまり行われません。
  • 放射線療法の方法
    婦人科がんの放射線治療の方法は、次の2つに分けられます。ひとつは外部照射で体の外の離れた所から、病巣部を中心に照準を合わせて放射線を照射します。がん周囲の組織やリンパ節に広がる、目に見えない転移もたたく目的で、やや広い範囲に照射されます。ふたつめが小線源治療で放射線を出す特殊な物質(ラジオアイソトープ)を入れた小さな金属製のカプセル(線源)を病巣部の中や近くに置き、体の内側から放射線を当てる治療法です。がんに集中的に放射線を照射することができます。子宮や膣のように内腔のある臓器の場合は、臓器の中に特殊な器具を挿入して、あとから線源を送り込んで治療を行います。

子宮ガンの治療

手術・放射線治療の比較

早期がんの治療

ごく早期の段階では、子宮頸部の一部、一方のグループには放射線治療を行い、その後の生存率を比較したところ、両者で生存率にまったく差がないという研究結果がヨーロッパで報告されました。その結果も踏まえ、最近では、手術が可能な早期がんでも、子宮を摘出する手術と並び、根治を目指す放射線治療が選択肢の1つになつてきています。

  • 進行ガンの治療
    進行した段階や、早期がんでも病巣が大きい場合には、放射線治療に化学療法(抗がん剤)を併用する「化学放射線療法」が注目され、最近我が国でも広く行われつつあります。アメリカでの研究では、放射線治療を単独で行うのと比べて、化学療法を併用すると生存率が2~3割改善することが報告されています。抗がん剤は「シスプラチン」がよく用いられます。抗がん剤には、がんに対する放射線の効き目を高め、さらに目に見えない転移したがん細胞をたたくことも期待されます。
  • 治療法の選択
    手術と放射線治療のどちらを選択するか、両者の長所と短所をよく比較して、検討する必要があります。手術には、「卵巣を温存できる可能性がある」という長所がありますが、「体への負担が少なくない」「骨盤内のリンパ節を切除すると、足のむくみが起こることがあるという短所があります。
    さらに術後に補助療法として放射線治療を受けると、リンパ浮腫の起こる確率は高くなります。一方、放射線治療では、「体への負担が少ないため、高齢者や合併症のある人でも安全に治療が受けられる」「リンパ浮腫が起こりにくい」などの長所があります。しかし、短所として「卵巣にも放射藤が当たり卵巣の機能を失うため、閉経前の人では更年期障害のような症状が起こる」ことがあります。
  • 放射線治療の実際
    外部照射と腔内照射を組み合わせ、およそ7~8週間で行われます。外部照射はm、少ない量(薬2Gy)の放射線を約5日間、毎日、合計25~30回行います。腔内照射は、多めの量(5~7Gy) の放射線を週1~2回、合計3~5回行います。化学放射線療法では、これに週1回、合計5~6回の化学療法を並行して行うのが一般的です。
  • 放射線治療の副作用
    放射線治療の副作用は、治療中に起こる急性期の副作用と、治療の半年から数年後に起こることがある晩発性の副作用(後遺症)とに分けられます。急性期の副作用には「だるさ」「吐き気」「下痢」などがあります。これらは治療が終わると改善します。放射線治療を受けたあとは、後遺症の有無をチェックするためにも定期的な受診が必要です。気になる症状があれば、担当医に相談することが大切です。日常生活では特に食事や排便(便秘をしない) に注意します。食物繊維を多く含む食べ物は消化されにくく、逆に腸に負担がかかるので、食べすぎないようにします。
  • 外陰がん、膣がんの放射線治療
    婦人科がんのうち、外陰がんは約3 %膣がんは約1%と、いずれもまれながんといわれています。これらは、臓器の形や位置から、また、患者さんに高齢者が多いことから手術が難しく、以前から放射線治療が行われてきました。主に外部照射が行われますが、膣がんでは、腔内照射が行われることもあります。