知らず知らずのうちに血液が汚染されている事を知る反応

人参とリンゴでつくった生ジュースだけを1日9杯(朝・昼・夕に3杯ずつ)飲用してもらい、1週間前後過ごしててもらうという人参・リンゴジュースを中心にした自然療法の保養所があります。

その間、1万人以上の方々が、この生活療法をやりにこられ、血液の汚れを排除し、体調を改善されていかれました。今では、大臣や国会議員の先生方から学生さんまで、いろいろな方がやってこられますが、最近では、お医者さんたちも多数この保養所での生活をやりに見えられます。

生理学上の鉄則として「吸収は排泄を阻害する」というのがあります。つまり、あまりつい食べすぎると、胃腸での吸収のほうに、体の力= 生命力が費やされるため、大・小便をはじめ、排泄のほうに力がまわされず、かえって便秘したり、小水の出が悪くなる、その結果、老廃物がたまるという意味です。

逆は真で、「吸収をやめると、排泄が促進する」ということです。つまり、人参・リンゴジュース療法をして、胃腸に負担をかけないと、吐く息が臭くなる、口内や舌に悪臭を放つ老廃物が潜み出てくる、黒い宿便が出る、発疹が出る人がいます(断食疹)、目ヤニ、鼻くそが大量に出てくる…等々、まさに老廃物排泄のオン・パレードとなります。

口の中からは、ビタミン、ミネラルが存分に含まれる新鮮な生ジュースしかとり入れないのですから、こんな臭くて汚ないものは、体内= 血液内にたまっていたというほかないでしょう。

人参・リンゴジュース療法前後に検査をして、赤血球、白血球、血小板などの血球、脂肪、糖、タンパク、酵素(GOT、GPTなど)、老廃物( 尿素チッ素、クレアチニン、尿酸)等々、現代医学的な血液の状態は全く異常のない人にも、同様の老廃物の排泄現象はおこります。

ということは、現代医学の、あの精密な血液検査によってもなお、把握されていない老廃物が、血液内には存在していることを物語っています。

なぜなら、大便以外の、目ヤニ、鼻くそ、小便、汗、吐く息…などほすべて、血液が変化したものなのですから。

漢方医学でいう「万病一元、血の汚れから生ずる」という思想ほ、まさに、正しく的を射たものといえるのです。現代医学的尺度でいう、血球や血清を調べるという検査法がなかった時代の漢方医学では、血液の汚れ=汚血をどのような方法でとらえていたかということが問題ですが、これこそ、顔色をほじめ、皮ふの表面に表われてくるサインで、「瘀血」の状態を読み取っていたのです。

つまり、現代医学でいう皮ふの表面を流れている血管=静脈の変化で、血の汚れ、血液の滞りを診断していたということになります。

こうした外見上の癖血の所見(他覚所見)が存在する人は、自覚症状としては、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ、神経痛などのほか、女性では生理不順、生理痛などを訴えることが多いのです。

瘀血がある人ほ、当然、脳血管系、心臓循環器系のトラブルがおこりやすいことは、容易に推測できるでしょう。最近、「過労死」「突然死」という言葉をよく耳にしますが、突然死する人の70~80%が脳卒中と心筋梗塞であることがわかっています。

また、ある研究報告によると、過労死や突然死した人のはとんどに、死の1週間前から1ケ月前の間に、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ、赤ら顔、鼻血、痔出血、など瘀血から来る、いくつかの自覚・他覚症状が見られたといいます。

瘀血は、脳・循環器系の病気以外にも、炎症、腫瘍(ガン)、免疫の異常( アレルギー、自己免疫疾患他)、退行性病変(結石、糖尿病他) など、すべての疾病の原因にもなっているのです。

病気の原因から見落とされていたモノ

東洋医学には「食(物)が血となり、血が肉となる」という思想があります。肉とは、筋肉という意味でほなく、脳、心臓、肺、腎臓、胃腸、肝臓、子宮・卵巣、睾丸、筋肉、骨など各部の臓器と考えてよいでしょう。

つまり、食物が胃腸で消化されて、血液の成分となり、血液が各臓器に栄養を送り届けて養っている、という意味です。

よって、血液の成分にアンバランスが生じると、つまり、血液が汚れると、当然、脳、心臓、肺、胃腸などの臓器に不調や病気が生ずる、というものです。

これが、東洋医学では「万病一元、血の汚れから生ずる」といわれるゆえんです。動物性タンパクや脂肪、高炭水化物の食物を摂りすぎると、高脂血症、高血糖などが生じ血液が汚れます。

また、ビタミンやミネラルの不足した精白食物(白米、自パン、白砂糖) や肉類など部か分食を食べすぎると、ビタミンやミネラル欠乏症、つまりビタミンBl不足=脚気、B2不足= 口内炎、C不足= 壊血病(出血、感染)、カルシウム不足= 骨・歯のぜい弱化・イライラ、亜鉛不足=味覚・嗅覚障害・皮ふ病などを起こします。

つまり、不適切な食物がまた、病気をおこすことがよくわかります。現代医学的には、食物とは直接関係なくおこるとされるウィルス性肝炎(B型、C型など)や炎症疾患(肺炎、胆のう炎、リウマチ性関節炎など) やガンなどでも、GOT・GPTなど血液中の酵素類の増加、CRPや腫瘍マーカーなど非常在タンパクの血液中への出現などが見られ、「血液を汚す」という結果を生んでいます。

つまり、「血液の汚れ」は、病気の原因であり結果でもあるわけです。よって、何らかの病気の結果で、血液が汚れても、また、そのためにほかの疾病を引きおこすことは十分に考えられるわけです。

日常会話でも「血色がいい顔」とか「血の気のない顔色」などという表現がよく使われますが、このことは、医療の専門家ではない一般の人々が、皮ふの表面を流れている血液の色合い(量や質)でもって、ある程度、健康状態を読みとっているということを物語っています。

「紅顔の美少年」は「血色のいい、いかにも健康そうな少年」のことですし、反対に、不健康、つまり病気の人は、「青白い顔色、つまり血の気のない顔色」や「どす黒い、土色の顔色」をしていることが多いものです。今でこそ、血液の成分は、血球(赤血球、白血球、血小板)と、血清(水、タンパク、脂肪、糖)より成りたっており、それぞれがどんな働きをするかもわかっています。

ただし、こうした「科学的な成分」などまったくわかっていなかった2000年以上も前の瘀血、つまり、「血の滞り」こそ、万病の原因であると指摘しているのです。

「瘀」は「滞る」という意味です。「瘀血」を現代医学的に解釈すると、静脈血(全身の組織・細胞より、心臓に戻る、老廃物を含んだ血液で、体の表面を流れている)の血行不順ということになります。

川の流れも、よどんで滞ると汚なくなるのと同じように、やがて瘀血は汚血になっていきます。つまり、血液の流れが悪くなると、血液も汚なくなってくるわけです。

現代医学的には、血液中の老廃物で、水にとけるものは腎臓から尿として捨てられるし、揮発するものは肺から呼気として出ていくので、よはどの腎臓病や肺の病気にかかっている人以外は、血液が汚れることほないと考えます。しかし、漢方医学では瘀血=汚血こそ万病の原因と考えるのです。

オプティマヘルス

ガンになったとき、真っ先に取り組むのが、手術、抗ガン剤、放射線の3代治療です。しかし、薬による副作用、ガンの転移や再発など、治療の先に待ち構えるのはつらい闘病生活です。
3大治療以外の治療方法も選択しに入れていくべきでしょう。

オプティマルヘルスとは、単に「病気でない」というだけではなく、より健康度の高い状態のことをいいます。「その人その人にとって、最高で最適な健康状態」といった意味です。

健康度は、日々の過ごし方や、食事、睡眠、運動などで変わってきます。そして、健康度を高めるために何がよいのか、どのくらい行うのが適当かは、人によって異なります。万人に等しく当てはまる答えは、残念ながらありません。ですから、各人が自分の体と相談しながら、自分にとって何がよいのかを考え、みずから選ぶことが大切です。

そうはいっても、ベースとなる知識や情報がなければ、賢く選ぶことは難しいでしょう。そこで今回は、オプティマルヘルスを目指すための、具体的な行動について紹介します。

オプティマルヘルスを実現するために、心がけるべきこと。それは、これまでガン患者さんに提唱してきた、「セルフ治療」と共通しています。

なぜなら、ガンを治すこと=健康度を上げること、つまりオプティマルヘルスを実現することだからです。セルフ治療を実践して、ガンを克服した人たちや、自然と体が喜ぶ生き方をして元気で長生きのお年寄り、また、養生法を心得ている中医師(中国の伝統医学を実践する中国の医師)などは、オプティマルヘルスの達人といえます。

つまり、彼らをお手本にすれば、オプティマルヘルスが実現できるというわけです。そこには、いくつかの共通項が見受けられます。第1に、24時間、規則正しいリズムで生活すること。元気で長生きのお年寄りを見ると、皆さん、朝はスッキリと目覚め、日中は適度に体を動かし、一夜はしっかり睡眠をとっています。このような人たちは、頭の回転もよく、シャキッとしています。生活リズムをきちんとつくることが、健康度の高さにつながることを、身をもって証明しているかのようです。

あまりにも長く壊すぎたり、昼夜逆転型の生活をしたりというのは、やはり好ましくないと思われます。しかし、睡眠時問の長さや、何時に就寝して何時に起床するのがいいといったことは、一概にはいえません。自分に合った睡眠パターンを見つけ、それを乱さないことを重視しましょう。

健康度を上げるサブリのとり方を伝授

自分にストレスをかけすぎないこと。日本人は、国民性なのか、義理・忍耐・責任・借用などを重視する傾向があります。自分の意思とは裏腹に、つい無理をしてしまいがちです。

若いときはそれでもなんとかなりますが、40歳を過ぎたら、ストレスによる精神的負担が、体に現れやすくなります。ストレスを感じておなかや頭が痛くなるのは、体が出す危険信号です。周りの目を気にして我慢するよりも、「いい人」をやめて好きなように生きる方向に、路線転換していったほうがよいでしょう。

もちろん、社会生活を送る以上、わがままばかりではいけません。しかし、健康度の高い人は、避けられるストレスは避け、上手にバランスを取っているものです。第3に、必要な栄養を、きちんととること。栄養とは、カロリーのことではありません。

現代はむしろ、カロリー過多で栄養は不足、状態が蔓延しています。特にとるべき栄養は、代謝に必要な「ビタミン・ミネラル類」、動脈硬化やガン・老化予防に役立つ「オメガ3脂肪酸」、腸内環境を整え免疫力を高める「プロパイオテイクス(善玉菌)」の3つ。

野菜、果物、魚介類、発酵食品を、意識して食べるようにしましょう。とはいえ、たいていの人は、40歳を過ぎたころから食が細くなり、どうしても栄養不足に陥ってしまいます。3つの栄養を、サプリメントで補うことも有効です。

それ以外の健康食品は、うまく選択すれば活用できるものもあるのかもしれませんが、特別お勧めはしていません。できれば、サプリメントに頼るより、食事でとるほうがベターです。ファストフードやインスタント食品、甘いお菓子は、当然、体によくありません。しかし、絶対禁止にしてストレスがたまるくらいなら、たまにはいいと思います。どうせ食べるなら、罪悪感は持たないこと。「ご褒美」と思って、楽しく食べましょう。

そもそも、「体によくない」とわかっていれば、毎日食べるような暴挙には出ないはず。健康度を上げるには、知識を持っていることが、重要なのです。

自分でできる!肺ガン検査キット

肺は、私たちが自然にしている呼吸にとって重要な器官です。息を吸い込んだ空気から酸素を体内に取り込み、息を吐いて体内から二酸化炭素を取り出しています。酸素と二酸化炭素の交換をする肺胞は空気の通り道である気管支の末端とつながっていて、鼻や口から入った空気は左右それぞれの肺に入ります。

肺ガンの原因

近年ガンで死亡する人が増え続けていますが、なかでも肺ガンが死因のトップとなっています。肺ガンを防止する最も良い方法が、たばこ(葉巻やパイプも含む)を吸わないことです。長年たばこを吸っている人でも、禁煙するのが重要です。たばこに含まれる有害な物質が肺に障害を与え、ガンの原因となります。また、たばこを吸わない人の場合でも受動喫煙によって、ガンになる可能性が高くなります。たばこが、自分や、自分のまわりの大切な人の健康を奪うのです。

肺ガンの種類

肺ガンには、大きく分けて、小細胞ガンと非小細胞ガンがあります。さらに、非小細胞ガンは、腺(せん)ガン、扁平上皮(へんぺいじょうひ)ガン、大細胞ガンという3つの種類に分けられています。

小細胞ガンは、非小細胞ガンと比べると発生する確率は低いものの、成長が速くてほかの器官に広がりやすく、非小細胞ガンは、小細胞ガンよりも発生する確率が高いのですが成長はゆっくりしているという特徴があります。

肺ガンが発生するのは、おもに肺門部(はいもんぶ)と肺野部(はいやぶ)という部位です。肺門部は肺の入り口付近の太い気管支のことで、もう一方の肺野部は気管支の末梢から肺胞のある肺の奥の部分を指します。肺門部に発生するガンは、気管支の太い部分なので、痰(たん)の検査でガン細胞が見つかることがあります。

無症状のうちに検診をした人でも早期の肺ガンが発見される可能性が高いのですが、治療技術が進歩した日本では、早期のうちに発見して治療すれば80パーセントの患者が治るといわれています。

こちらでは、X線検査では見つけにくく、痰(たん)の検査でわかる、肺門部に発生するガンの検査キットを紹介します。病院に行かずに検査を受けられます。


肺がん検査キット

肺がんの中でも、レントゲンには写らない早期の肺門部(気管支周辺の肺)のがんを発見するため、痰(たん)中に異形細胞(がんの疑いがある細胞)があるかどうかを顕微鏡でくまなく探します。※これは肺がんの中でも、肺門部のがんについて調べる検査となります。肺ガンについて詳しくはこちら。


自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キット

大腸ガンの原因

大腸ガンの患者数は、このところ30年で約5倍にも急増しています。ガンは全身のさまざまな部位に発症しますが、厚生労働省の調査によると、ガンの部位別死亡率で、大腸ガンは女性が第1位、男性も第3位に入り、特に女性の大腸ガン患者の増加が目立っています。

大腸ガンの患者が増えている原因のひとつには、現代人の腸の衰えが影響していると考えられます。

腸は大きく小腸と大腸にわけられ、小腸では体内に取り込んだ食物の栄養吸収がおこなわれ、そのあと大腸で水分などが吸収されて便になります。こうした腸の動きは「分節運動」と「蠕動運動」によって起こります。普通、私たちは食事をとると「胃・結腸反射」というものが起こり、便意をもよおして、便として排出されます。便を排出するためには、蠕動運動が大きな役割を担っているのですが、現代の日本人は腸の働きが衰え、蠕動運動がスムーズに行われなくなった「停滞腸」の人が急増しているのです。

停滞腸になると、便秘をしやすくなったり、ガスがたまりやすくなり、腸には悪玉菌が増えて、アンモニアやスカトールといった腐敗物質がつくられます。腐敗物質は腸壁から吸収されて全身へ運ばれ、さまざまな不調を招きます。そして、腸の動きが悪いため体外へ排出されにくく、腐敗物質が長期間たまってしまった大腸ではガンが発症するのです。

停滞腸を防ぐには、食事の内容や運動不足といった生活習慣を見直し、ストレスをためないようにすることも大切です。

大腸ガンの心配があっても恥ずかしくて病院へ行けない、また、忙しくて病院へ行く時間がとれない、という人に、自分でできる大腸ガン検査キットが役立ちます。

自分で出来る大腸ガン検査キット



自分できる!大腸ガン検査キット tf大腸がん検査(1日法)

ガン検査キット健康バスケットの郵送検診は、病院や検査施設へ出向くことなく、自宅で手軽に血液・尿・便などを採取し、郵便で送っていただくだけで、自宅へ結果をお返しいたします。

検査内容は、便中に血液が混在しているかどうかを、血液の成分「ヘモグロビン」と「トランスフェリン」を測定して調べます。ヘモグロビンに比べ、トランスフェリンは熱や時間経過などの環境の変化でも老化しにくいので、より正確に微量の潜血でも調べることができます。二日分の便を使用し、より精度の高い検査を行います。