糖質制限食がガン細胞をやっつける? PET検査は糖質を使ったガン検査

糖質制限食は糖尿病だけでなくでさまざまな病気や症状が改善します。糖質というと主食の炭水化物となるお米、パン、うどん、そして砂糖類を含むお菓子類これを抑えるだけでガン細胞をやっつけられるのなら2人に1人というガンに罹患する人を徹底的に減らせるかもしれません。

糖質制限食

糖質制限食

糖質制限食で病気が治る | 主食を食べない糖質制限食ダイエットの効果

現代は、二人に1人がガンになる時代ですが、糖質制限食によるガンの予防・改善効果について考えてみましょう。ガン細胞が活発化する際には、糖質(ブドウ糖)をえさに増殖することがわかっています。

ガン細胞はブドウ糖を正常細胞の数倍も消費し、野放しの成長を続けていきます。早期発見法として注目されている「PET検査」は、ガン細胞が正常細胞に比べて大量のブドウ糖を取り込む性質を利用したものです。

多くの人が健康診断などでガンが見つかると、早い段階でPET検査を実施します。MRIのような筒状の中に入って体の他の部位のガンの有無を調べる検査です。

もう少し、詳細に説明すると、ブドウ糖に放射能を出す成分を組み込んだ薬剤(FDG) を注射して、このFD Gを検知するPETカメラで体内のFDG分布を画像化して調べます。FDGが多く集まっている部位は、ガン細胞の可能性が高いということになります。

多くのガン細胞がエネルギー源として大量のブドウ糖を利用していることは、間違いありません。そしてガン細胞はブドウ糖しかエネルギー源に利用できないことは周知の事実です。

その理由として、ガン細胞のミトコンドリアは、酵素に不備があり正常細胞のようにケトン体や脂肪酸は利用できないことが文献で確認できました。

ミトコンドリアとは、細胞内にあるエネルギー生産装置です。そうすると、「糖質制限食ならガン細胞を兵糧攻めにできるのではないか? 」という発想が生まれます。

たしかに糖質をどんどん摂って、ブドウ糖ミニスパイクをひんばんに起こして、ガン細胞にブドウ糖をどんどん供給するよりは、糖質制限食のはうがブドウ糖の供給量を減らすことはできそうです。

しかし残念なことに、ガン細胞は「グルット」など細胞表面に糖輸送体を獲得していることが多いのです。グルット(糖輸送体) というのは、第1章で説明したように、細胞のブドウ糖取り込み装置でした。

筋肉細胞や脂肪細胞はグルット4で、通常は細胞内に沈み込んでいて、インスリンが追加分泌されたときと筋収縮があったときに表面に上がってきて、毛細血管の血液からブドウ糖を取り込みます。これに対して、脳や赤血球はグルット1を持っていて、こちらは常に細胞表面にあるので、優先的にブドウ糖を取り込めるわけです。

そして、ガン細胞もグルット1などを持っていることが多いので、他の細胞に比べて優先的にブドウ糖を取り込むことができます。これが、ガン細胞が正常細胞の数倍ブドウ糖を取り込める理由でもあります。

したがって、糖質制限食を実践しても、ガンを撲滅することはなかなかできないと思います。しかし、普通に糖質を摂って血糖値を上昇させるよりは、糖質制限食なら食後血糖値の上昇が少ないので、進行が少しは遅くなるという期待はあります。

また、糖質制限食によってすべての代謝が安定するので、免疫系を中心に自然治癒力が高まり、ガンの進行を遅らせる方向に働いてくれる可能性もあります。さらに、糖質制限食によって基準値より高くなるケトン体に、悪性細胞(腫瘍) の成長を妨げる作用があるという論文報告があります。

にんにくの独特のニオイのもとがガンを抑制する

にんにくには、独特の香りや味にクセがありますが、ガンに対する有効成分含まれます。にんにくは、味、香りともに日本人に好まれる味です。元気がないときでもあのにんにくの香りをかぐと食欲がでてきたりします。

にんにく

にんにく

にんにくやタマネギ、ラッキョウなどのネギ頬は、生薬としても用いられるものが多く、まさに医食同源に合致する素材としても知名度が高いものです。健康食品などにもにんにくが含まれる製品がたくさんあります。

にんにくの発がん抑制効果が注目されるきっかけとなったのは、人を対象にした疫学的な統計研究からです。たとえば中国の調査には、次のようなものがあります。「にんにくを年間1.5 kg以上摂取する人は、ほとんど摂取しない人と比較してがんのリスクが0.5倍である」と発表されました。
これは、がんにかかる率は半分になるという証明です。

イタリアの疫学調査でも、胃がんのリスクが低下すると報告されています。その後、世界じゅうで行われている実験や研究から、特に、胃や大腸など消化器系のがんに対する効果が期待されています。

日本で行った実験では、発がん物質を塗布したマウスは皮膚腫瘍が10% 発生したのに対して、同時ににんにく抽出液を塗布すると腫癌発生率が0% に抑えられたという結果がでているほどです。

では、実際にどのような成分ががん予防に働き、作用するのでしょうか。にんにくには独特のにおいがあります。においのもとは含硫化合物、つまり硫黄を含む化合物なのですが、これががん予防の有効成分のひとつです。
含硫化合物は、ものの毒性を消す働きをする、解毒酵素系を活性化させるのです。仮に、体内に、活性化した発がん物質があったとしましょぅ。

このようなときににんにくを食べると、含硫化合物が解毒酵素系を活性化し、それにょって、発がん物質の毒性を消すのではないか、と考えられているのです。
ただし、それだけではないことは明白で、ほかのメカニズムが複合的に協力しあって、より強い発がん抑制効果を示すという考え方のもとに、研究されています。

にんにくにキズをつけたり加熱したり、物理的な力が加わると、アリキシンという物質が生成されます。

にんにくが自分を守るために作る自己防御物質なのですが、これに、発がんのプロモーション段階を抑制する作用があることが実験で証明されました。ニンニクの身を守る物質が、われわれの身も守るという点も興味深いところです。

アリキシンが生成されるには数時間から数日かかりますから、たとえばしょうゆ漬けや、ハチミツ漬けなどにするのは効果的です。

それからもうひとつ。にんにくには、土壌に含まれるセレン(セレニウム)というミネラルをため込むという特性があります。おもしろいことに、このセレンも、がん予防物質として注目されているのです。
土壌中のセレンは無機セレンであり毒物ですが、植物に吸収されると有機セレン(セレンが組み込まれた有機化合物) に変わり、有効に利用できる形になるのです

ニンニクにはその特性があるということです。さて、がん予防のための有効量はどの程度なのか。先に紹介した中国の疫学調査を参考に計算すると、1.5 kgを365日で割った1日約4 g( にんにく1個中のひとかけ) という答えがでますが、確定的な指標ではありません。

とりあえず、現在の段階でいえるのは、にんにくを使うことでおいしい料理ができるのであれば、積極的に利用してほしいということです。
どのような調理法でも、けっこうです。焼いて食べたりするほか、野菜いため、焼き肉の香りづけに使うなど、好みに応じて無理なく、摂取してはいかがでしょうか。

にんにくの健康メモ
https://health-memo.com/garlic/
ニンニクの香り成分で免疫力をアップする | 食材のプロフィール
https://www.hood-memo.info/garlic/

軟らかくて黒い血便は、潰瘍・ガンを疑う

大腸ガンなどのガンになる人の中には、ストレスもなく、食生活もきちんとしているし、朝のトイレも我慢していないなど、とりたてて原因が思い浮かばないのに、便秘が長く続いているというケースの人が一定数います。これは器質性便秘を、疑ってみる必要があります。

器質性便秘の主な原因は、腸そのものの病変です。 大腸の疾患(腸の腫瘍や炎症、閉塞など)で腸管が狭くなったり、また、先天的大腸過長症などで腸の長さや大きさに異常が生じ便秘になります。

器質性便秘には、腸の通過障害によるものと、大腸の異常形態によるものという2種煩のタイプがありますが、最悪の場合は、腸にガンが発生して糞便の出口を塞いでいることもあります。

とくに、ずっと正常な便通が続いていたのに、急に具合が悪くなってきたというときは注意が必要でしょう。これがさらに悪化すると、血便が出るようになります。

正常な排便をしている人の血便は、文字どおり血の色をしていますが、便秘をしている人の血便は黒っぼいものです。軟らかくて黒い便が出たときは十二指腸潰瘍、胃潰瘍、胃ガンなどの疑いがあります。

そしてこれが硬くて黒い便の場合は、大腸ガンの疑いがあります。また、便と一緒に鮮血が出たときは、痔が切れたものだと勘違いすることがありますから、注意してください。いずれにしても、原因のはっきりしない便秘になった場合は、早めに医師の診断を受けて処置してもらうべきです。

すぐに病院に行く決心がつかない場合は、自分で出来る大腸ガン検査キットもあります。

不規則な食習慣はガンのリスク大

規則正しく、5~6時間に1回は食べる

がんを防ぐ食習慣の最後に、「なにを食べるか」でなく「どう食べるか」という、食べ方についても触れておきます。最近は、著名ながん専門医の間でも、食べ方についての議論が盛んになっています。

食事は「1日1食がいい」という人もいれば、「3食きちんと食べるべき」という医師もいます。「年をとったら1日2食でいい」という説もあります。

このあたりは、個人の生活や活動量、食事内容などによっても状況は異なりますから、一概に何回がいいとは決められません。
しかし、食事の間隔を空け過ぎると、人の体は飢餓であると感じて脂肪を蓄えるような体になり、脂肪燃焼効率が悪くなります。太りにくい体質になるための好ましい食べ方としてひとついえるのは、食事間隔をあまり空け過ぎないことが重要です。

5、6時間に1回は食事をするように心がけ、空腹時にはプロテインなどでたんばく質を中心にして摂取を心がけるとよいと思われます。人間の体は規則的な生体リズムをもっており、それに応じてさまざまな生理機能を調節しています。このリズムを乱してしまう不規則な食事は、生理機能や免疫力を低下させ、がんのリス.クを高める可能性があります。「規則正しい生活」は、昔から健康の基本といわれてきました。現代は、いつでも好きな時にほしい食べ物が手に入る時代ですが、がんになりにくく、太りにくい体質をつくるためには、「規則正しく、極度に空腹にならないように食べる」習慣を身につけるようにするといいでしょう。

野草酵素の使用感&口コミ(抗ガン効果)
https://108-blog.com/yasou/

サプリも適宜利用する

食事で摂りにくいビタミンC・D・Bなど

最近では、土壌がやせてきていることなどもあり、野菜や果物を摂取するだけでは、体に必要なビタミンやミネラルが十分に摂取できなくなっています。

そのため、不足している栄養素などをサプリメントで補う必要が出てきます。筋肉の元となるたんばく質吸収に必須のビタミンB6、抗酸化作用のあるビタミンC 、感染症予防などに役立つビタミンD などは食事で補えない部分をサプリメントとして補うことが重要となります。

がんとの関連でいえば、特定の食品や栄養成分のサプリメントを「これさえとっておけばいい」と過信するのは、危険な考え方です。がんの予防は、なにかひとつの食品や栄養素で実現するものではありません。抗酸化作用のあるビタミンCや抗ウイルス作用のあるビタミンDなどを日常から定期的に摂取する習慣を身につけるとよいでしょう。

幅広い食品やサプリメントを食事で補えない部分をバランスよく補うなどの地道な取り組みの積み重ねが「がんになりにくい体」をつくることを忘れないでください。

関連サイト