食べ方に注意!誘ガン食品 喫煙

全ガンの実に30%までが、輿煙が原因とされています。輿煙により800度前後で燃焼された煙には約00種もの物質が含まれており、その中にはニコチンをほじめ、タール中のインドール、ベンソツビレソ、エーテル、エステルなど種々の発ガン物質が存在します。

タバコの煙が「大気汚染の濃縮型」といわれるゆえんでもあります。肺ガン原因の70 %がタバコといわれていますし、その他、口腔ガン、喉頭ガンをはじぼうこうめ、胃ガン、すい臓ガン、膀胱ガンや子宮ガンなど、「紫煙」の届かないところの発ガン率も、輿煙により上昇します。

紫煙中のCO(一酸化炭素)は、体内で赤血球と強力に結合し、肺からの酸素が赤血球によって運搬されるのを阻害します。

その結果、体内の全細胞は、酸素不足・一酸化炭素中毒をおこし、種々の不燃物、中間代謝産物を生じ、血液を汚すので、タバコはすべての臓器の発ガン率を高めると考えられるわけです。(1日の喫煙本数)×(契煙年数)=(ブリクマン指数)といわれ、この値が600を超えると、8人に1人が肺門型のガンにかかることが統計的にわかっています。

喫煙本数が1日30本で20年間、20本なら30年間、タバコを吸うと肺ガンになりやすいということを表わしています。

ただ不思議なことは、米国人の喫煙率は35%前後、日本人のそれほ2倍以上の70数% 以上なのに、肺ガンの発症率は米国人が3倍もあるという事実です。

このことは、タバコや大気汚染だけが、肺ガンの原因ではないことを示唆しています。実は、肺は酸素吸収するだけの器官ではなく、脂肪代謝にも関与しており、高脂肪食の摂取が肺ガンの発症と深くかかわっているのです。

タバコを吸ったこともない人が肺ガンになる理由も、このあたりにあると考えてよいでしょぅ。また、「血液の汚れ」のうち、水に溶けるものは腎臓から排泄されるし、揮発するものは気体として肺から出されます。

酒を飲んだ次の日、吐く息がアルコール臭いのも、胃腸から血戦に吸収されたアルコールが、肺から排泄されるためです。

こう考えると、腎臓と肺は、血液の汚れを浄化している二大装置であるゆえ、「血液の汚れ」がある人の肺も酷使され、「浄血装置」としてのガン腫をつくってくると考えてもよいでしょう。

よって、肺ガンも、過食、運動不足、ストレス、冷えなど血液を汚す要田が真の原因といえるのです。それに、喫煙や大気汚染などが加わると、ますます、血液が汚れ発症率がさらに上昇することになるわけです。
関連ページ

食べ方に注意!誘ガン食品 化学調味料、食品添加物、薬剤

化学調味料、食品添加物、薬剤といった化学合成剤は、自然界に存在しない、人工的に合成した、生命のない物質なので、体の中に取り込まれると、血液の成分のバランスを乱して、血液を汚すことになります。

発ガン性ありとして、禁止された食品添加物などもたくさんあるし、発ガンの疑いをもたれつつ使われているものもたくさんあります。

薬にいたっては、すべての薬剤にLD50が表示されているのですから、薬か毒かわからないという面があります。LD50というのは、Lethal Dose( 致死量)の意味で、ある薬を一定量以上、実験動物に与えた場合、50%を殺す量という意味なのです。すべての化学薬品は、多かれ少なかれ、そういう毒性をもっているのですから、そら恐ろしい限りです。

ガンにつながりやすい、血液を汚す食物についてお話ししてきました。現代医学や栄養学にほ存在しない漢方的食養論には、「体を温める食物」と「体を冷やす食物」が存在します。

風邪のことを英語でcold(冷え)というし、「風邪は万病のもと」といわれるくらいですから、「冷え」は万病の素でもあります。

癌は「硬い病気」つまり、一面「冷えの病気」でもあります。人間に限らず動物は、熱でもって体の新陳代謝を行っています。

つまり、熱によって種々の物質の消化、吸収、合成、解毒などをしているのですが、冷えると、すべての代謝や化学反応が十分になされず、種々の老廃物が産出されることになります。

よって、血液が汚れ、発ガンの要因になるのです。よって、現代栄養学的にビタミンやミネラルが豊富である野菜やくだものや牛乳… … などは、ある故、食べ方によっては、血液を汚す食物になり得るのです。
冷え症改善で大切なバランスのとれた食事

食べ方に注意!誘ガン食品 コーヒー

「コーヒーを言1日5杯以上飲む人は、すい臓ガン、前立腺ガン、卵巣ガン、白血病になりやすい」「コーヒーの中のカフェインに発ガン作用がある。(1968年、クールマン)」「1杯のコーヒーには、0.01レソトゲンのX線を被曝したのと同じくらいの悪影響がぁる」「発ガン物質の3.4ベンツピレンがコーヒー豆の中に存在している(ヒューパー)」「コーヒー愛飲者は、飲まない人に比べて、男性で1.24 倍、女性で2.58 倍もすい臓ガンにかかりやすい」…等々、医学的には、「発ガン」にとってあまり好ましくない結果が出ているようです。

こうした科学的根拠は別にしても、陰陽論によると、エチオピア原産のコーヒーは、体を冷やす陰性食品であるゆえ、冷え性の人には向いていない食品ということができます。

イランで食道ガン発生が高い地域の人々は、50度以上の熱い紅茶を1日20~40杯も飲むがガン発生の低い地域の人々は、50度以下の温度の紅茶を1日8~15杯飲むという研究報告があります。

これは、食道ガンの要因が、紅茶というより、「高熱」という物理的刺激ということになります。

紅茶は、緑茶に熱が加わり発酵してつくられた「陽性食品」であるゆえ、コーヒーや緑茶などの「陰性食品」に比べ、冷え性の人には、適しているといえます。

そのうえ、紅茶の苦みを出している成分= テアフラビンが、スカベンジャーとして、抗ガン的に働くとされています。

関連ページ
食道ガン「リンパ節転移の触診が治癒を大きく左右する」 | 健康メモ

食べ方に注意!誘ガン食品 アルコール

酒の飲みすぎが、口腔ガンをはじめ、食道ガン、大腸ガン、肝臓ガソ、肺ガン、腎臓ガン、すい蔵ガン、前立腺ガンなどの発症率を上昇させる、というデータはたくさんあります。

しかし、飲酒者が非飲酒者よりガソの発症率が2倍以↑になるガンは、口腔ガンや食道ガンなど、ごくわずかのガンであり、予防ガン学の大家の故平山雄博士によると、全ガンの死亡率は、飲酒者は非飲酒者の1.1倍にも満たないといいます。

それより、赤ワインや日本酒は、ガンを予防するという研究報告も、最近はよく目にするようになりました。赤ワインや日本酒の中のポリフェノールがスカベンジャー(活性酸素除去剤)として働き、抗ガン的に作用するとされています。

食べ方に注意!誘ガン食品 精白食品(白米、白パン、うどん、白砂糖、食塩)

白米(主に炭水化物=糖質)が体内で燃焼され、エネルギーに変わるためには、B1、B2、ニコチン酸、B6、パントテン酸などのビタミンと、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルを、その化学反応の段階で必要とします。

玄米、玄麦、黒砂糖、黒ゴマ、ソバなどの自然のままの未精白食品は、その中の糖質が体内で燃焼される時に必要なビタミン類やミネラルを、それ自身の中に含有しているので、スムーズに、体内での消化吸収、利用、燃焼がなされるのです。

しかし、精白して、ビタミンミネラルを含有した胚芽の部分を削り取った白米、自パンや、白砂糖、うどんなどの精白食品は、そうした微量栄養素を含有していないうえに、精白部分(炭水化物)が燃焼されるとき、体内からビタミンやミネラルを奪い取って化学反応をスムーズにしようとします。

だから、体内のビタミン、Bl、B2ニコチン酸、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛などの微量栄養素が不足し、欠乏症状をおこしてくるのです。

B1不足→脚気、B2不足→ 肝障害、亜鉛不足→皮ふ病などがおこってくるわけです。こうした微量栄養素が不足すると、化学反応が十分に進まず、中間代謝物のピルビン酸や乳酸、一酸化炭素などの有害物をつくって血液を酸性に傾け、血液の汚れをつくることになります。

一時が万事で、すべての食物で、ほとんど例外なく、「白」は栄養が不足した食物といえるのです。よって、白米より玄米、白砂糖より黒砂糖、うどんよりそば、白ゴマより黒ゴマ、自ワインより赤ワイン…というように、色の濃い食物、すなわち、精白していない食物が、血液のバランスを保つ、浄血食品ともいえるわけです。

また、精白食品= 低繊維食品です。米や芋のセルロース、リンゴや、ミカンのペクチン、海藻のカラゲナンなどの食物繊維は人間の腸の中では、消化も分解もされない炭水化物です。よって、栄養にはならないのですが、過食のため腹の中でだぶつき、吸収されすぎると種々の慢性病の原因となるコレステロール、中性脂肪、糖をほじめ、化学物質、食物に混入している農薬、ダイオキシン、発ガン物質…などすべての有害物質を抱きかかえて大便とともに排出し、腸の汚れをきれいにして、その結果、血液の汚れを浄化する作用があるのです。

食物繊維は、腸の中の竹ぼうきと考えてよいでしょう。「食塩は胃ガンの原因」とする説もありますが、「塩分をいっぱい含んでいるみそ汁をたくさん飲む人ほど胃ガンになりにくい」というデータもあります。

化学合成品であり、精白塩でもある食塩を大量に摂取した場合、胃壁を傷つけ、ニトロソアミンやトリプ1Pなどの発ガン物質による胃壁の細胞への刺激が強くなり、発ガン性が高まる、と考えてよいでしょう。

その点、人体に必要なミネラル約100種を含む自然塩は心配ありません。なぜなら、食塩(Na=ナトリウム、CL=塩素)のいきすぎをカリウムやマグネシウムなどのミネラルが阻止してくれるからです。

自然塩は、体内に必要なミネラル約100種類をすべて含む、「超健康食品」といっても過言ではないでしょう。

関連ページ