食べ過ぎには注意する、ついつい食べ過ぎたときは「糖質カット酵母」で帳消しに

3日間のトータルバランスで調整する

仕事や友達などとのお付き合いで食べ過ぎてしまったり、ついつい甘い物に手が伸びて後悔してしまっていすが、1回や1日の食事量だけで一喜一憂する必要はぁりません。

-度食べ過ぎてしまうと自暴自棄になり、糖質制限などをやめてしまう方も多くいますが、3日間のトータルバランスで食事量を考える癖をつけるようにします。

食事をしてから特に糖質が脂肪に変わるのに、基礎代謝や消化吸収力によって違いがありますが、おおよそ40~48時間ぐらいかかります。そのため基本的には2日間の食事量や運動によって帳尻合わせをするのが理想的ですが、もう1日余裕をもたせて3日間で調整すれば問題ないと考えましょう。
ちょっとイライラしてご飯やお酒を飲み過ぎてしまうのは人間の性とも言えるでしょう。

もちろん運動するのもよいことですが、普段からかなりの強度の運動をする習慣のある人以外の方には少し難しいかもしれません。「今日は飲み会でビールなどのお酒もたくさん飲んだし、締めのラーメンも食べてしまった」などという時は、翌日と翌々日で炭水化物を中心に摂取を控えることで、調整することが可能となります。

ここで大切なのは、食生活が少し乱れても、すぐに生活を見直す習慣をつけてもらいたいということです。思いっきり食べたい時、飲みたいときは誰にでもあるし、久しぶりに会った友人と話しがはずめば食べたり飲んだりもいつもよりすすみます。

1回の暴飲暴食でズルズルと生活が乱れていくのを防止するためにも、3日間で考えてトータルバランスをとることがとても大切です。帳尻合わせには糖質制限を活用するのが効率的でおすすめです。

パクパクくん酵母 banner

パクパクくん酵母 banner

食べ過ぎを帳消しにしてくれる糖質カット酵母「パクパク酵母くん」です。

通常の 酵母は胃酸で溶かされ、なかな か腸まで届きにくいのですが、糖質カット酵母「パクパク酵母くん」は胃酸 への抵抗性が高いため、負けず に生きたままで腸に到達します。

体が 吸収する前に糖質を効率よく分 解して体内への蓄積を抑制できるため、糖質制限食と同様の効果を発揮するのです。食べ過ぎた糖質をなかったことにしてくれるというすばらしいものです。

成分は、桑を原料とした「桑濃縮エキス末」と100% 桑葉末」をブレンドしています。日本では古くから糖尿病改善の民間薬として桑が用いられ、13世紀に善かれた文献にもその効用が紹介されていました。

桑にはデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が含まれています。この桑特有のDDNJの働きが糖尿病の改善に有効とされているのです。デンプンや砂糖といった糖質は、小腸でα・グルコシダーゼ酵素によってブドウ糖に分解されます。DNJがα・グルコシダーゼに取り付くことで不活性化し、腸が糖質を吸収するのを抑制します。

糖の吸収を抑えることで食後血糖値の上昇を抑えるのです。するとインスリンの分泌量は自ずと少なくなって、膵臓を休ませることにもつながります。

食べ過ぎた夜にこれをしっかり飲んで、翌日は糖質を控えればダブルの効果です。
糖尿病の方のための糖質の吸収を抑えてくれるものですが、ダイエット中の方、食べ過ぎ、飲み過ぎがなかなか改善できない人にはおすすめです。