胃のサイン」カテゴリーアーカイブ

胃にできるポリープはがんの危険性が高い?

がん検診を受けると、よく「胃にポリープができています」と言われることがあります。このポリープといケ言葉は病変部の形状を示すもので、胃や腸などの粘膜が、表面から盛り上がった形を指します。きのこのように頭が袋状で茎のある形や、隆起しただけで茎がなくひらべったい形などがあります。

このポリープが、がんなのかどうか、つまり悪性か良性かは、その表面の組織をとって検査をしてみなければ診断できません(生検という)。病理医が顕微鏡で観察るため、「病理学検査」と呼びます。

検査では、まずポリープが「腫瘍性か、非腫瘍性か」に分けられます。

腫瘍性のポリープには、粘膜下腫瘍、腺腫、腺がん、の3種類があります。粘膜下腫瘍と腺腫は良性腫癌ですが、腺がんは悪性腫瘍です。

粘膜下腫瘍というのは、文字通りに粘膜の平滑筋や横紋筋などにできた筋腫、脂肪組織にできた脂肪腫、神経組織にできた神経腫です(今後、これらの粘膜下腫瘍の呼び方が変わる可能性があります)。

良性腫瘍は自覚症状があまり出ないため、内視鏡検査で発見されるまでわからなかったということが多くあります。が、なかには茎の長いポリープができたためにその一部が十二指腸に飛び出してひっぱられ、なんとも表現しにくい鈍痛を起こしていた、というケースもありました。

良性腫瘍のなかでも、腺腫性のポリープは月日が経過していくうちに悪性腫瘍(がん)に変化していくことがあります。胃内視鏡検査で胃の出口(幽門部) に表面が赤色のポリープが見つかれば腺腫性ポリープということが多く、その場合は切除します。しかし、大腸の腺腫性ポリープと異なり、胃ではがんに変化する可能性は低いとされています。また粘膜下腫瘍の1%くらいは、悪性腫癌に変化することがあります。
とくに、大きさが1年以内で少しずつ変わっていくものは注意が必要です。粘膜下腫瘍の大きさが3cm以下であれば良性腫瘍のままですが、5cm以上になると悪性腫癌に変化している可能性が高くなります。

たとえば、リンパ組織に発生した良性のリンパ腫が悪性リンパ腫に、平滑筋に発生した筋腫が平滑筋肉腫に変わるというようなぐあいです。なお、これらの悪性腫瘍への変化をあらかじめ予防する手立ては、現時点では見つかっていません。

腺がんは悪性腫瘍、つまり胃がんです。良性腫瘍との違いは、胃壁の粘膜を突き破って成長すること、また、血管と同じように全身に分布しているリンパ管を通って、がん細胞を体の中に増殖させていくことです。

胃と隣接する臓器の組織を壊しながら、がん細胞が成長することを「浸潤」、離れた臓器で増殖が始まることを「転移」と呼びます。たとえば、胃にがんができて、隣接する膵臓や横行結腸、肝臓を突き破るほど、がんが大きくなって浸入した場合は「直接浸潤」、血管やリンパ管を伝わって、離れた臓器すなわち肝臓、肺、脳、骨などにがんが到達してそこで増殖した場合は「転移」といいます。かけいせいせいかせいせい非腫瘍性ポリープには、炎症性ポリープ、過形成性ポリープ、化成性ポリープの3種類があります。炎症性ポリープは、粘膜にリンパ球が入り込んできて炎症を起こし、かたまりをつくったものです。

過形成性ポリープは粘膜が厚くなり突き出したもの、化成性ポリープは、原因は明らかになっていませんが粘膜が厚くなったものです。これらは、放っておいても腫瘍性ポリープやがんに変化することはありません。胃の場合、ポリープができても腫瘍性のものは全体の1割以下で、ほとんどは非腫瘍性の炎症性ポリープや化成性ポリープです。

以前は、ポリープが見つかれば切除していましたが、最近では非腫瘍性のものはがん化しないことがわかっているため、ほとんど切ることはありません。また、消化管は口からお尻まで同じ粘膜でできているため、いくつかの臓器で同時にポリープができることもあります。もし、ポリープが見つかった場合は、念のためほかの消化管の臓器も詳しく調べたほうがよいでしょう。

胃がんに症状が似ているほかの疾患

胃潰瘍・十二指腸潰瘍
胃や十二指腸の粘膜(胃壁・十二指腸壁) が消化液の強い酸にさらされたことで、ただれでくぼみをつくる(潰瘍)疾患です。消化性潰瘍とも呼ばれます。特徴的な症状は、どちらもみぞおち(上腹部の中央前面のくぽみ) が痛みます。とくに、胃潰瘍の場合は食後に、十二指腸潰瘍では空腹時に症状が出ます。これは、胃潰癌では胃液の分泌が少ないため、食べ物が胃を刺激して痛みを起こすからです
慢性胃炎
もっとも典型的なものは、萎縮性慢性胃炎です。粘膜が萎縮するため、胃液の分泌力や消化機能が低下することから、胃に炎症を起こします。症状は、胃もたれ、吐き気、嘔吐、食欲不振などです
薬剤性胃炎
非ステロイド系消炎鎮痛薬(アスピリンなど) を服用していると、2~3 日程度でも胃粘膜に潰瘍ができることが多く見られます。これは、薬によって、胃粘液を出す作用と除去する作用の両方が働くため、胃の攻撃因子と防御因子のバランスが悪くなるからです
慢性膵炎
膵臓は胃の後ろ側にあるため、膵臓に炎症が起こると、胃炎と同じような症状がみられることがあります。急性膵炎の場合は、おもに食後、みぞおちに激痛が起こります。1~2時間ほど続く痛みで、背中や肩などに痛みが広がることもあります
膵臓がん
早期発見が難しく、症状を出すころには残念なことに手遅れになっている場合が多い病気です。発生部位にもよりまが、比較的初期には上腹部痛が起こります。
胆石・胆嚢炎
症状の特徴は、食後、右の肋骨の下のあたりに痛みが出ます。急性の場合は、ふるえや発熱とともに痛みが右背中や右肩にも広がることが多く見られます。吐き気や嘔吐を伴うケースもあります。

胃がん発見の例4 進行がん(胃幽門部・狭窄型のガン(50歳代)

進行がん(胃幽門部・狭窄型のガン(50歳代)

大柄な体格で、もともと食欲旺盛だった。ところが、1週間前から突然胃のあたりが膨れている感じがするようになり、食事の時間がきても食べたくなくなってしまった。それでも無理に食べたところ吐いてしまい、横になっていたら酸っぱいげっぶが何度もあがってきた。疲れが出たのか、風邪を引いたからかと思ったため市販薬飲んでみたが、数日経過しても症状が改善しない。「おまえみたいなヤツが、食欲がないなんておかしすぎる」という周囲の声に背中を押されるようにして病院へ行ったところ、医師の触診で「胃に大きなしこりがある。悪性腫癌の可能性がありますので、精密検査をしましょう」と言われた。

これは、胃の出口(幽門部)に狭窄型の進行がんができたという症例です。突然食欲がなくなってしまうのは、幽門部にできた腫瘍が大きくなり、幽門を極端に狭めてしまった(幽門狭窄を起こしてしまった) からです。
つまり、口から食べ物が入ってきても、胃から十二指腸へ流れにくくなってしまったわけです。このため、食べた物や胃液が胃に停滞するために、食欲がなくなり、胃が膨れたような感じ(膨満感) やげっぷが出たり、さらには吐いてしまうことになります。

胃がん発見の例3 進行がん(胃噴門部・潰瘍型のガン(30歳代)

進行がん(胃噴門部・潰瘍型のガン(30歳代)

4ヶ月前から駅などの階段を昇り降りすると、息切れしたり目が回るような立ちくらみを感じるようになった。しばらくすると、あまり食欲がわかなくなり、顔色が悪いと声をかけられることも出てきた。周囲に勧められて病院へ行ったところ、血液検査の結果から貧血を指摘され、便潜血反応検査の結果は陽性で便に血が混じっているということだった。
体重も6kg減少していた。さらにX線での上部・下部消化管造影、内視鏡検査などの結果、胃の入り口(噴門部)に潰瘍型の進行がんが発見された。

これは、胃の入り口(噴門部) に潰瘍型の進行がんができたという症例。ふだんと同じように行動しているにもかかわらず、激しい立ちくらみやめまいの症状を訴える場合は、貧血を起こしている可能性があります。がん性潰瘍の底部組織が崩れて、長期間にわたりじわじわと染み出すように出血しているからですが、初期のころはあまり気づきません。そのまま6ヶ月ほど経ってしまうと、顔色や手の爪が白っぽく変色します。また、胃がんが進行すると食欲が落ちます。体重も減少することが多いようです。

胃がん発見の例2 早期がん(前庭部・陥凹型のガン(50歳代)

早期がん(前庭部・陥凹型のガン(50歳代)

3ヶ月前から、空腹時になると、胃がチリチリと焼けるように痛むようになった。食後いつまでも食べ物が残っているような胃もたれ感もあった。やがて食事するたびに、胃の痛みが起こるようになったため心配になり、近くの医院へ行ったところ胃薬を処方された。
薬を飲んでいるうちに症状が少しはよくなったが、なんとなくすっきりしない。上腹部、つまりみぞおちのあたりに不快感があり、気分がすぐれない。医師に相談したところ、精密検査を受けるようにと勧められた。
内視鏡検査を受けたところ、胃前庭部の粘膜に、直径約1cmで、周辺がぎざぎざした潰瘍病変がみられたため、その部分の組織を検査したところ、がん細胞が発見された。

これは、胃の出口に近いところ(前庭部) に陥凹型(Ⅲ型)の早期がんができたという症例。もし、ご本人が胃潰瘍を患っていたのであれば、胃粘膜組織がただれて崩れているため、胃酸がその潰瘍部分を刺激するたびに痛みが起こっていたことになります。このため胃酸の分泌を抑制する胃薬を飲むと、潰瘍への刺激がなくなり、症状は数日間のうちに消失してしまいます。
ところがこの場合は、薬で痛みは少しは軽快したが、いつまでも不快感が続いていました。このようなときは、通常の胃潰瘍なのか、潰瘍の形をとったがんなのか、鑑別が必要なのです。

胃がん発見の例1 早期がん(胃角部・隆起型のガン(40歳代)

早期がん(胃角部・隆起型のガン(40歳代)

会社の胃がん検診でバリウム検査(「上部消化管X線検査」) を受けたところ、胃の中央部に小さな隆起性病変が見られると指摘があった。大きさは直径- センチ程度という。思い当たる自覚症状はなかったが、会社の健康管理室の医師に相談したところ、検査を受けるよう勧められ紹介状を書いてもらった。翌週専門病院に行き、会社からもらってきた検診の写真を医師に見せたところ、すぐに内視鏡検査(「上部消化管内視鏡検査」) を受けることになった。
検査では、粘膜の表面に赤色の病変が見られたため、組織を採取し病理検査へ回したところ、がん細胞が発見された。

これは、胃の中央(胃角部) に隆起型の早期がんができたという症例です。早期胃がんには、3種類のタイプ

  1. 胃粘膜の組織がイボのように盛り上がった「隆起型」
  2. 粘膜組織が少し盛り上がったり陥没したりしている「表面型」
  3. 粘膜組織が崩れて穴を掘ったような形になる「潰瘍型」

があります。
早期がんの約8割は潰瘍型で、粘膜組織がただれて崩れた形状になるため、しみるような痛みや吐き気が起こることがあります。が、今回のケースのような隆起型、または表面型の場合は自覚症状がほとんど見られません。このため、がん検診を受けていなければ気づかなかった、というケースが多く見られます。

早期がんと進行がんの違い

「早期がんか」「進行がんか」という診断は、粘膜にできた腫瘍がどの程度の深さまで胃壁へ入り込んでいるか(これを「深達度」と呼ぶ)。日本の胃癌研究会による『胃癌取扱い規約』では、胃壁の各層の名前を取って、深遠度を6段階に分けています。
また、mがん、smがんというように、英語表記の頭文字を取って呼ぶこともあります。

早期がんの深達度

粘膜がん(mがん)

粘膜内にとどまっているがんです。この場合は、おもに胃粘膜を内視鏡下に切除してがんを取り除きます。ただし、がんの大きさや発生した部位、生検によってわかる組織型によっては内視鏡的切除が選択できず、腹腔鏡的切除、あるいは開腹切除をおこなうこともあります。

粘膜下層がん(smがん)

粘膜下層までで、とどまっているがんです。粘膜下層のあたりには、血管やリンパ管が張りめぐらされているため、早期がん全体の1割にリンパ節転移の可能性があります。しかし、たとえリンパ節に転移しても、きちんとした手術によって治療すれば治癒できます。

不運にも最初からすでに血管やリンパ管を適って肝臓へ転移している場合があります。このような場合のがん細胞は、進行がんと同じような経過をたどっていくことが多く見られ、予後が悪いと言わぎるをえません。

進行がんの深遠度

進行がんは固有筋層から深く入り込んだタイプで4種類あります。いずれも、リンパ節やほかの臓器へ転移する可能性があります。治療法は、タイプによって異なります。

  • 固有筋層がん(mpがん)
    固有筋層まででとどまっているがん。
  • 漿膜下層がん(ssがん)
    奨膜下層まででとどまっているがん。
  • 漿膜がん(seがん)
    漿膜を突き破ってしまったがん。
  • 多臓器浸潤がん(siがん)
    膵臓、横行結腸、肝臓など、ほかの臓器に浸潤してしまったがん

早期がんの見た目

早期がんでは、胃粘膜の組織がイボのように盛り上がった形の「隆起型(Ⅰ型)」、粘膜組織が少し盛り上がったり陥没している「表面型(Ⅱ型)」、粘膜組織がただれて崩れ、穴を掘ったような形になる「潰瘍型(Ⅲ型)」の3種類に分類されます。
表面型(Ⅱ型)はさらに軽度隆起型(Ⅱa型)、平坦型(Ⅱb型)、軽度陥凹型(Ⅱc型)の3タイプに分類されます。

進行がんの見た目

進行がんには、4種顆の形態があります。胃壁の粘膜から突き由した形(Ⅰ 型)や潰瘍の中央がくぼんだ形( Ⅱ型)、潰癌の周囲から胃壁に向かってがんが浸潤しているⅢ形がんが塊をつくらず胃壁へ広がっている形(Ⅳ型)です。

便の異常からわかる体の異常

胃がんに限らず、症状のなかでも、とくに下血は消化器系器官(食道、小腸、大腸)でなんらかのトラブルが起こったというサインです。たとえ、痔の場合も肛門から鮮やかな出血がありますが、特徴は排便後や紙でふいたあとなど、肛門を刺激したときに起こることです。

このほかの消化器系器官からの下血は、排便に色がつきます。たとえば、大腸がんの場合では赤みがかった血便が出ます。結腸がんでは黒色、直腸がんではあかみがかかった血便がでます。

結腸部分(大腸の上部、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S字結腸)と直腸部分で色が異なるのは、結腸部分では便が肛門まで到達するまでに時間がかかり、便に混じった血液が変色してしまうためです。直腸がんではがんから出血しても、すぐに排便されるので、赤みが強くなります。

また、総胆管結石症、胆管がん、肝臓がんで胆道が閉塞する場合、皮膚や粘膜、眼球の結膜が黄色くなる黄痘を起こし、白っぽい便が出ます。このため、体の調子がいつもと少しでも適うと感じるときには、数日間、便を観察するとよいでしょう。

また、毎日どんなに忙しくても末期胃がんの症状進行胃がんの症状を感じたら、できるだけ早く病院で検査を受けましょう。体内で異常事態が発生したというサインを見逃さないことが、がんの早期発見につながり、治癒できる可能性もかなり高くなります。

末期胃がんの症状

がんが進行し、胃の周囲の臓器への浸潤や遠隔転移がおこったり、さらに消化管の閉塞(詰まること)をきたして食事がとれなくなると、末期がんの症状である、いわゆる悪液質(体の組織が消耗することによる体重減少や著しい痩せ) がおこる。

また、腹水が溜まり、腹部が腫れあがってきたり、体全体にむくみが生じるようになる。胃や腸にがんによる通過障害や、がんが腹膜に転移したことによって腸管の運動障害を起こすと、腸閉塞になる。

腹部が膨満し、腹痛や嘔吐を繰り返してしまう。腹膜転移が骨盤腔(骨盤に囲まれた部位)、とくに直腸の周囲におこることを「シュニッツラー転移」と呼ぶが、これが起こると、直腸がんと同じような排便障害を起こす。

たいこのような症状は強い苦しみをもたらすが、症状を軽減する治療法(対症療法)や、痛みを和らげる治療などの「緩和ケア」を積極的に行うことによって、少しでも苦しさを減らす方法がとられる。

進行胃がんの自覚症状

がん細胞が大きくなると、次のような自覚症状があらわれます。

  • 胃の痛み
    我慢できるが、長時間持続する痛み。がんのタイプによって、しみるような痛みが出たり、腰痛のような鈍い痛みが出たりする。このときに、市販薬を飲むと痛みが消失してしまって、がんの発見が遅くなることが多い。何日間も痛みが続くときは、安易に薬に頼らないで病院を受診した方がよい
  • 胃の不快感
    食事をすると胃に異物が通る感じがする。がんができると胃液の分泌が減るために起こる。
  • 幽門狭窄症状
    胃の出口である幽門部にがんができて、これが大きくなると幽門狭窄症状を起こす。このため、胃から十二指腸へ胃の内容物(食べたもの)が流れず、胃の中に大量の食物の残りかす が残る。食欲がなくなり、次第に胃が膨れ上がり、腹部膨満感 やげっぷ、吐き気、嘔吐がおこる。
  • 腹部腫瘤
    胃がんが進行し、がんが大きくなると、腹壁の外からでも腫瘍そのものを塊として触れてわかるようになる。
  • 嚥下障害
    胃の入り口に近い噴門部にできたがんの場合は、食道から胃への食物の通過が妨げられ、飲み込みにくいとか、つかえるといった症状がおこることもある。また、胃がが食道に浸潤した場合も嚥下障害がおこる。
  • 出血
    がんが大きくなり腫瘍の表面に潰瘍ができて、胃壁の血管から出血すると、消化管出血の症状が出てくる。少量の出血であれば、じわじわと貧血が進行していることも多い。出血量が増えると、便に血が混ざるので黒色便、あるいは血便として症状があらわれる。さらに大量の出血がおこると、吐血(口から血を吐く)などの症状が現れる。吐血という症状は胃潰瘍で起こることが多く、鮮血色。胃がんで吐血したら、かなり症状が進んでいる場合が多い
  • 疼痛
    がんが大きくなると腫瘍の表面に潰瘍ができ、そこに痛みが発生する。また、がんの周囲の臓器や神経に浸潤すると、頑固で持続的な疼痛が現れるようになる。がんによって疼痛が出る場合は、かなり進行した状態といえる。
  • その他
    倦怠感、体重減少、排便がやわらかくなる、排便が不定期にしか出ない、など。また、胃の調子が悪くなると、唾液を飲み込むときに空気を含んでしまうため、げっぷが多くなる。食道がんの症状のような食べ物が胃や噴門部でつかえるという感じはない。
    lY