胃がんに症状が似ているほかの疾患

胃潰瘍・十二指腸潰瘍
胃や十二指腸の粘膜(胃壁・十二指腸壁) が消化液の強い酸にさらされたことで、ただれでくぼみをつくる(潰瘍)疾患です。消化性潰瘍とも呼ばれます。特徴的な症状は、どちらもみぞおち(上腹部の中央前面のくぽみ) が痛みます。とくに、胃潰瘍の場合は食後に、十二指腸潰瘍では空腹時に症状が出ます。これは、胃潰癌では胃液の分泌が少ないため、食べ物が胃を刺激して痛みを起こすからです
慢性胃炎
もっとも典型的なものは、萎縮性慢性胃炎です。粘膜が萎縮するため、胃液の分泌力や消化機能が低下することから、胃に炎症を起こします。症状は、胃もたれ、吐き気、嘔吐、食欲不振などです
薬剤性胃炎
非ステロイド系消炎鎮痛薬(アスピリンなど) を服用していると、2~3 日程度でも胃粘膜に潰瘍ができることが多く見られます。これは、薬によって、胃粘液を出す作用と除去する作用の両方が働くため、胃の攻撃因子と防御因子のバランスが悪くなるからです
慢性膵炎
膵臓は胃の後ろ側にあるため、膵臓に炎症が起こると、胃炎と同じような症状がみられることがあります。急性膵炎の場合は、おもに食後、みぞおちに激痛が起こります。1~2時間ほど続く痛みで、背中や肩などに痛みが広がることもあります
膵臓がん
早期発見が難しく、症状を出すころには残念なことに手遅れになっている場合が多い病気です。発生部位にもよりまが、比較的初期には上腹部痛が起こります。
胆石・胆嚢炎
症状の特徴は、食後、右の肋骨の下のあたりに痛みが出ます。急性の場合は、ふるえや発熱とともに痛みが右背中や右肩にも広がることが多く見られます。吐き気や嘔吐を伴うケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください