ガンの最大の敵はキレイな血液」カテゴリーアーカイブ

食の変化とガンの変化の驚くべき因果関係

血液の汚れをもたらす、直接的な原因のひとつである、食生活とガンの関係についてです。
昭和20(1945)年第2次大戦が終わり、日本が経済的にだんだんと豊かになっていき、日常の食生活の中の、肉、卵、牛乳、バター、マヨネーズなど欧米食の比率が高まり、それと反比例するように、米、ジャガ芋、サツマ芋など従来の日本食が少なくなるとともに、日本人がかかる病気のタイプも変わってきました。

脳卒中も脳出血が減って脳梗塞が急激に増加し、それまではとんど存在しなかった欧米人の死因のトップの心筋梗塞が激増し、ガンも、胃ガン、子宮頸がんという日本人に多かったガンは激減していき、肺、大腸、乳、卵巣、子宮体、前立腺、すい臓、腎臓、食道ガンなど欧米人に多いガンが急増してきたのです。

ほかに、糖尿病、痛風、胆石……など、ガン、心筋梗塞、脳卒中など三大成人病のみならず、すべての病気の型が欧米化し、また、病気の数も増えてきました。

欧米食とか病気の欧米化というものの、アメリカにおける食生活も 9 10年を基点にすると、乳製品、卵、肉瑛の摂取が増加し、穀物や芋叛の摂取が激減しています。

その結果、胃ガン、子宮頸がんが減少し、肺ガン、乳ガン、大腸ガン、前立腺ガン、すい臓ガンなど、いわゆる欧米型のガンが著増したわけです。

それを端的に表わしたグラフがに示される乳ガンと大腸ガンの国別羅患率です。縦軸が、その国の国民一人当たりの1日の動物性タンパク質の摂取量で、横軸がその国の年間の、人口10万人当たりの乳ガンや大腸ガンの死亡数です。

動物性タンパク質を動物性脂肪に置きかえても同じグラフができます。このグラフは、じつはWHOが、昭和29( 1954)年に発表したグラフなので、日本は、最下位に位置していますが、今は、動物性タンパク質の摂取がうんと多くなっており、乳ガンや大腸ガンの死亡数もギリシアのところまで上昇しています。

このまま、動物性食品の摂取増加が進むと、この直線上を、どんどん右上がりにかけ登っていくということをも同時に表わしているわけです。

こうした図表から見ると、血液を汚し、ガンをつくりやすくする食べ物は、肉、卵、牛乳に代表される欧米食ということになります。

昭和50(1975)年のガンによる死亡数は13万6000人であったのに、平成10(1998)年のそれは、28万人を超えており、わずか20余年で2倍にも増え日本人の死因の断然1位を占めています。西暦2010 年には、ガン死は50万人になると予想されており、実に3人に2人がガンで死ぬ時代がくるとされています。

いちじるしく発達した現代医学と優秀な現代医学者が、莫大なお金と労力を費やしながら、ガン研究にとりくんでいるのにもかかわらず、それをあざ笑うかのように、ガン死があらわ激増している現実。「医者が末期ガン患者になってわかったこと」のベストセラーを著された岩田博士は、ご自分の専門の脳性腫瘍で亡くなられましたが、ガンの専門医が、ガンで死ぬということもよく聞きます。

こう考えると、「ガン」に対する考え方のコペルニクス的大転回が必要なのでほないでしょうか。肉(器官)でおきた末梢の現象であるガン腫をいくら研究しても、いくら抹殺してもむだであり、肉を養っている血液について、また、血液の素になっている食物の重要性について現代医学は気づかねばならない時期に釆ているのではないでしょうか。

さて、人間の歯を見てください。全部で32本のうち20本(20/32 =62.5% )が、臼歯です。

臼歯、つまり「うすの歯」は、穀物を食べるべき歯という意味です。残りの8本(8/32 =25%)が門歯で野菜やくだものをガプリと食べる歯ですし、あとの4 本( 4 /32 =12.5%)が犬歯で、魚、魚介、肉煩を食べる歯ということになります。

つまり、人間の歯は、穀物を中心に、野菜、くだもの、豆類、海藻を従とし、魚介類、肉類を少量食べるべきだ、ということを主張しています。

米国上院の「栄養改善委員会」が、米国の医者と栄養学者に命じて全世界の栄養状態と08病気の羅患率を調べさせた結果、1977 年に発表された米国民に向けた「 栄養の目標」は、あまりにも有名です。

それまで自分たちの食生活が、ベストに近いと信じていた米国人ほ、マクガバン上院議員が、「我々は、馬鹿だった。これまで、造病食、殺人食を食べていた」と涙ながらに発表した「栄養の目標」に、ショックを受けたのですが、この後の10年で、米国人の死因の断然1位だった心筋梗塞をはじめ、ガン、脳卒中などの生活習慣病による死亡が減少していったのは有名な事実です。

「炭水化物の摂取量を1日のエネルギー摂取量の55~60% になるように増やしなさい」ということは、人間の歯32本のうち20本が臼歯、つまり20/32 =62.5% は穀物を食べるべきだと主張している事実と符号するからです。
ガン予防のための習慣

ガン細胞を排泄しようとする体の防衛反応

発がんに至るまでになるとこのように、体はそれを排除して、より健康になろう、より長生きしようとするメカニズムが働きます。

こうした体の反応は、すべて、体を守るための反応であり、体に有害なものほ、何ひとつありません。こうした症状は、人間が勝手に、病気と称して病名をつけているだけで、実は自然治癒力の発現であるわけです。

こう考えてくると、ガンも、体にとって有害な、不可解な行動をする悪魔の細胞などではないのではないか、むしろ、健康のため、生命の維持のために必要な細胞ではないか、という見方もできます。

世界の先進国で膨大な費用をかけて、ガンに関する研究がなされているにもかかわらず、日本でも欧米諸国でも、ガンにかかる人やガン死する人が増え続けているということは、ガンに対する認識を180度変える必要があるのではないかという気がしてなりません。

そういう観点から、ガンをながめてみると、ガンは、善の細胞、である、という状況証拠がいくつも存在することに気づくのです。体にとって有益な細胞ガン細胞と白血球の共通性です。

ガン細胞からの活性酸素の放出

最近、その正体が明らかにされてきた活性酸素の研究が非常に盛んです。いま、医学や栄養学の研究の「花形」といってよいでしょう。

なぜなら、活性酸素は、ガンはおろかすべての病気の元凶で、老化とも深くかかわっていると目されているからです。

息を5分も止められれば死ぬことから考えて、酸素は我々の生命にとっていちばん大切なものであります。

「生きる」は「息る」から来ているといわれていほどのその大切な酸素も半面、強い毒素をもっています。

巨大な恐竜がほろんだのも、当時、地球上に植物が生いしげり、そこから出された過剰の酸素のため、という説もあるくらいなのです。

ひところ、未熟児芸濃度の酸素を与えすぎて、未熟児網膜症が多く発生したのは有名な話です。このように、酸素は、有毒な半面があります。活性酸素は、酸素より酸化力の強い酸素という意味なので、ますます、その毒性は強いとされています。

活性酸素種には、スーパーオキサイド、ヒドロキシラジカル、過酸化水素、一重項酸素などが知られており、好気的代謝を行う細胞においては、必ず活性酸素が発生します。

発ガン物質は、2000種以上知られていますが、こうした発ガン物質が細胞に接すると細胞膜から活性酸素が放出され、この活性酸素によって、細胞の核の中の遺伝子であるDNA塩基の酸化、DNA鎖の切断、ガン遺伝子の活性化などがおこり、発ガンの原因になるとされています。

つまり、活性酸素は、発ガンのイニシエーション、プロモーショソ、プログレッションのすべての段階に関与するとされているのです。

すなわち、種々の発ガン物質は、細胞膜に接して、活性酸素の発生を促すことによって、発ガンが誘起されるということになるのです。よって、発ガンを抑制するにほ、活性酸素の働きを抑制すればよいということになります。

そうした物質が、スカベンジャー(活性酸素除去剤)といわれるもので、話題になったビタミンA などがそれです。

ほかにも、たとえばビタミンC 、E 、β-カロチン( ビタミンAの前駆物質)、玄米中のフィチン酸、赤ワインなどに含まれるポリフェノールなどがあります。このように超悪役と見られている活性酸素も、白血球(好中球)が、老廃物や病原菌を貧食するために生成するという事を鑑みたとき、ひょっとしたら、「悪役」というのは非常に知的なな見方ではないかという考えも浮かんできます。

つまり、老廃物や病原菌を燃焼させるために必要な酸素ではないかという考え方です。よって、発ガン物質という生体にとっての異物が体内に侵入してきたとき、それを燃焼するために白血球をはじめ、体内の各細胞が活性酸素を発生させると考えられるわけです。

この活性酸素が、ガン細胞から多量に発生するのです。ということは、ガン細胞はある面、白血球と同様の働きをしているということになります。

つまり、外から入ってくる有害物質や有害菌、また、体内で発生するいろいろな有毒物など、血液を汚し、発ガンの原因となる物質を解毒し、血液を浄化して、ガンを治そうとしているのかもしれないのです。

ガン細胞と白血球の共通性

白血球は、外来の病原菌を貧食・殺菌し、体内の老廃物を処理し、ガン細胞をやっつける…というように、病気の予防・治療にはいちばん大切な免疫細胞で、我々が、健康でいられるのも、病気しても、再び、健康になれるのも、この白血球の「免疫力」のおかげです。

一方、ガン細胞は、とめどもなく増殖し、しかも、転移をおこし、宿主(人体)に、感染、出血、痛み…などさまざまな苦痛を与え、最後は死をもたらす悪魔の細胞と考えられています。

この善玉そのものの白血球と、悪の極みとも見えるガン細胞とに共通点がある、というと、誰も信じてはくれないでしょう。

しかし、白血球とガン細胞には、

  • 白血球が血液中や細胞内を移動するときに必要なLeXと呼ばれる分子( 糖鎖)をガン細胞も産出している。つまり、白血球と同じように、体内を遊走できる。
  • 細胞と細胞の間に存在する基底膜を移動できるのは、白血球とガン細胞のみである。

つまり、白血球もガン細胞もメタロプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)産出して基底険を溶解して突破する。などの共通点があります。つまり、ガン細胞は、体内の老廃物・酸毒物を処理し、血液を浄化する善の細胞であるかもしれないということが推測されます。

ガン細胞はアポトーシスが起こらない

ガン細胞は、正常細胞が変異をおこしてできる「常軌を免した」細胞とされています。発ガン物質の刺激塞けると、正常細胞内の核の遺伝子が突然変異をおこし、ガン化します。

ふつうは、正常細胞内の遺伝子に異常が発生すると、細胞は成長や増殖をやめ自滅するようにできています。これは、生体内に病気を発生させないための仕組みのひとつであり、細胞の自殺=アポトーシスと呼ばれています。

ガン細胞の場合、正常細胞が明らかに異常細胞に変化したのに、アポトージスがおこらないのです。このことは、ガン細胞が生体にとって「必要」なものである可能性を示唆しているといえましょう。

正常細胞にはガン遺伝子が備わっている

人体の体細胞60兆個のそれぞれに、約10万種の遺伝子が存在します。つまり、身長が高いとか低いとか、色が白いとか黒いとか、髪が黒いとか黄色いとか…を決定する遺伝子です。

この10万種の遺伝子のうち、約60種類は、ガン遺伝子なのです。つまり、正常細胞には、有事の場合、すなわち、血液の汚れが生じた場合、ガンを発生させ、血液を浄化しょうとするメカニズムが存在するのではないでしょうか。

ガン細胞は、免疫攻撃を逃れる術をもっている

生体内に、異物(病原菌やアレルゲンなど)が侵入したり、体内で異物(異常細胞、有毒物など)が発生すると、種々の白血球が、何通りもの反応と作用をして、それらを排除してしまいます。

これが、免疫現象、つまり疫(病気)を免れる現象ですが、ガン細胞は、この「免疫」による攻撃を逃れる戦術をもっているのです。

  • 脳や結合組織など、白血球が攻撃しにくいところに逃げ込む
  • T細胞やマクロファージなどの免疫細胞が攻撃する時の目標とする目印のない細胞にガン細胞を変異させる
  • 生体が腫瘍に対する免疫反応をおこしにくくするような働きかけを免疫細胞に対して行う
  • 免疫反応に必要な時間よりさらに速い速度で、増殖する

このように、ガン細胞の働きの特性を、総合的かつ有機的に見た場合、ガンは生体にとって有益なもの、血液の浄化を行って延命を図る善玉細胞という結論が下せるのです

発ガンにまで至ると

私たちの体は約60 兆個の細胞からなっていますが、おのおのの細胞の核の染色体の中には約10万種類もの遺伝子が存在しています。そのうちの60種類くらいが、オンコジン(発ガン遺伝子)で、同数のガン抑制遺伝子も含まれています。

さて、発ガンに至るまでには2つの段階があります。イニシエーター(発ガン仕掛人)が、ガン遺伝子(DNA)に傷をつけ(酸化反応)、ガン遺伝子をめざめさせる、次にプロモーター(発ガン促進人) が細胞膜を刺激すると、細胞の秩序が乱れ、異常な分裂や増殖を始めるきっかけをつくり、細胞がガン化していく、というものです。

ガン細胞は100万個で1mg、1億個でも米粒大しかないので、医学的に発見もできないし、何の症状もないとうのががふつうです。

ガン細胞10億個で「早期ガン」と診断がつき、100億個でやっとピソボン玉大になるのです。よって、ガンほ「超慢性病」であることがわかりますし、ガンという病気の経過の最後の最後まで症状が出てこないのですから、ある面、風邪より軽い病気なのかもしれません。

また、正常細胞がガン化すると一方通行で、どんどん悪くなるというのが医学の定説でしたが、免疫力が冗進する(自然医学的には血液の汚れが取れる) とガン細胞が正常化する脱ガン現象もおこるということがわかってきました。

ここで、ガンの分類について簡単に整理しておきます。臨床医(内科や外科などの医師)が、触診や視診、エコーやX線などの検査で、腫瘍がガン(悪性)なのか良性腫瘍なのかを確実に診断できないとき、細胞の表を採取(生検)して、病理医による顕微鏡的診断をあおぎことになります。これを生検による細胞診といいます。これは

  • クラスⅠ異常なし
  • クラスⅡ異常なし
  • クラスⅢ疑陽性(正常とはいえないがガンとの確診はつかない)
  • クラスⅣ陽性(確実にガンである。ガン細胞少数)
  • クラスⅤ陽性(確実にガンである。ガン細胞が多数)

の5段階に分けられます。
また、臨床上のガンの分類としては、次のようなものがあります。

ガンの進行状況による分類

  • 0期(初期ガン)…無症状
  • 1期(早期ガン)…特有の症状はないが、後でふり返れば「おかしかった」程度の症状
  • 2期リンパ節に転移
  • 3期(進行ガン)… 痛み、しこり、出血(血疾、吐血、下血、血尿など)等が出現
  • 4期( 末期ガン)… 原発部位の症状だけでなく、転移部位の症状も出現するし、全身状態も悪化して、体重減少、貧血、むくみなどが出現

国際臨床分類のTNM 分類

  • T(Tumor=腫瘍)原発ガンの大きさ、広がり、深さをT1~T4まで表す
  • N(Node=結節)周囲のリンパ節への転移の程度をN0~N3 までで表す
  • M(Metastasis=転移)転移なし(M0)と転移あり(M1)で表す

がん細胞が増殖していく本当の理由

人体は約60兆個の細胞で構成されていますが、もとはといえば、すべての細胞は、母親の卵子1個と父親の精子1個が合わさってできた受精卵から出発しています。

受精卵は何回か分裂をくり返しているうちに、種々の細胞塊をつくり、異なった形をとり始めます。それは細胞の機能が特殊化して、脳細胞、皮膚細胞、肝細胞、子宮の細胞……などに分かれていくということであり、これを「分化」といいます。

「分化」は質的な変化をいいますが、それぞれの細胞が分裂して、どんどんその数と量を増していく現象は「成長」と呼ばれます。

ガンは英語でCanser(キャンサー)ドイツ語でKrebs( クレブス)といいますが、いずれもギリシア語のKarkins(カニ)が語源です。

ギリシアの医学者ガレノス( 131~203 年)によるとている血管の様子が、カニの足に似ているので、この名がつけられたとのことです。

日本語の「癌」の語源は、やまいだれにいわお、つまり、岩のように硬い病気ということです。

よって、肉眼的形態学的にガンを表現すると、「その周囲に血管が多く、血液の供給がま豊富な岩のように硬い瞳れ物」顕微鏡的( ミクロレベルの)ということになります。ガン細胞の特徴は、

  1. 細胞の中の核が大きい
  2. 核小体がほっきりしている
  3. 胞分裂像が多く見られる
  4. それぞれのガン細胞は大小不同

などであり、ひとことでいえば、ガン細胞は「若い」ということなのです。成熟した正常細胞がガン細胞に変化していくのだから、ガン細胞とは「若返った細胞」であり、細胞の幼君化によりガン細胞がつくられる、ということになるのです。

細胞の「分化」とは逆、つまり、「脱分化」の現象ともいえます。よって細胞の「先祖返り」と表現する学者もいるのです。

白血病は、骨髄球や前骨髄球が、異常に増殖する病気ですが、白血球本来の殺菌能力がないため、白血病の患者は、細菌の侵入を防ぎきれず肺炎や敗血症などの重篤な感染症で生命を落とすことが多いのです。

また、骨髄でこうした幼若球が異常増殖すると、赤血球や血小板などの造血作用を抑制したり、造血の場所すら奪ってしまうので、赤血球減少(貧血)、血小板減少(出血)という症状を伴ってくるのが、白血病なのです。

肝臓ガンにしても胃ガンにしても、役立たずの幼若な肝細胞や胃の細胞が異常増殖し、解毒やタンパク合成をする正常の肝細胞や、消化作用を有する胃の正常細胞の働きを阻害し、その生存場所も奪い、肝臓や胃の働きをストップさせてしまうというわけです。

そのうえガン細胞は、大きくなりすぎて近隣の臓器につきあたっても、どんどん増殖し、やがて、その臓器にも転移してガン腫をつくったり、血液やリンパ液に乗ってさらに遠くの臓器にも転移していく、という特徴があります。

このように、体の規則や命令を無視し、自分勝手に増殖・転移していく現象を「自律性」と呼び、「細胞の幼若化」=「脱分化」とともにガン細胞の特性でもあるのです。

ガンは、全身病であり、全身の血の汚れが原因と主張してきましたが、もちろん、局所的な要因が加味されて、その局所に発ガンしてきます。

たとえば、タバコや大気汚染が肺ガンを、食物中のニトロソアシンが胃ガンを、高脂肪食により胆汁の分泌過多がおこり、それが腸内細菌により代謝されてできるデビドロコール酸が便秘により大腸に慢性的に作用して大腸ガンをというわけです。

しかし、いくら局所的な発ガン要因が加わっても、全身の血の汚れが存在しない人ほ、発ガンしてこないことも考えられます。
こうした血液を汚す発ガン物質の刺激を受けた局所の細胞ほ、その数を増やして発ガン物質を処理し、何とか浄血しようとしている様子が、ガン細胞の増殖であると、自然医学的には考えられます。その結果、少しでも早く細胞をつくり出そうとして、成熟していない幼君な細胞をどんどんつくると考えてよいのでほないでしょうか。