ガンの最大の敵はキレイな血液」カテゴリーアーカイブ

ガンでも生き延びるための10の秘訣

日本では、ガン告知がなされるほうが少ないとはいえ、ガン患者は、周囲の人の態度から、うすうす「ガン」であると気づいていることが多いようです。ガンであることを宣告された患者も、自分の症状や周囲の人の態度から、ガンであることを悟った患者も、一時的には、強い悲しみに陥り、精神的混乱(ひどい人は錯乱)や、逆に、うつ状態になり、無気力、不眠、食欲不振などの症状を呈してくることが多いのです。

この時期に至った後、どういう精神状態になるかほ、その人の性格や宗教心、さらには、それまでの人生で危機的問題にぶつかってきた時、どう乗り越えてきたか…などによって大きく変わってくるといってよいでしょう。

強い精神力を持ち合わせず、ガンを知ることで、「うつ」や「精神的錯乱」におちいった患者には、精神科の先生に診てもらい、ときには、抗うつ剤など向精神薬などを処方してもらう必要があるようです。

米国コーネル大学医学部の精神科の教授は、ガン患者に、ガンに対してどう対処するかについて10個のガイドラインを提唱されているので、拝借して、掲載します。

  1. 多くのガンが治療可能になっているので、「ガン=死」という概念ほ捨てさること
  2. 十分に心を打ち溶け合って話せる、信頼のできる医師を探すこと
  3. 自分のいちばん信頼しているいちばん身近な人には、決して悩みを隠してはいけない。医師の説明を聞くときには、必ず同行してもらうこと
  4. 自分のガンに対する情報をできる限り収集し、同じガンにかかっている人に相談したりして、情緒を安定させること
  5. 過去、大きな問題を乗り越えたときの戦略があれば、それも大いに参考にすること精神的トラブルについて、過去、心が救われたことのある信仰や宗教があれば、それをもう一度、深めること
  6. メディテーション(瞑想)、リラクゼーショソなど、自分の心、気持ちを安定させることができるものほ、とにかくトライしてみること
  7. 信頼したり加わったりしたほうがいい支援グループなどは1度、試しに利用してみて、うまくいかないときはやめるといい
  8. 「気力が衰える」こともあるので、たとえ常に積極的姿勢や志向が保てなくても、罪悪感をもたないこと
  9. 民間療法については、現代医療の知識も十分に持ち合わせていて、客観的に評価でき、信頼もおける人と、その利益や危険性について十分に話し合うこと。民間療法に、こり固まって、効果のある正統療法を放棄したりしないこと

代表的な民間療法

ガン患者に評判の健康食品

あなたに合ったガン対応の実際

ガンは、これまで述べてきたように、過食をつつしみ、よく運動し、心を明るくもって、体を温め血液をきれいに保つことで予防することこそ最も大切です。

火事(ガン)になってから火を消すのは大変だし、時として、全焼( 手遅れ)することもあるのですから、予防が最上の方策であることはいうまでもありません。しかし、不幸にして、ガンになった場合も、決してあきらめないことです。

オランダのエラスムス大学医学部の病理学老のフアン・バーレン博士とド・フリース博士は、ガン患者のうち、自然退縮した患者と、悪化していった患者の精神状態その他を観察したところ、次のようなことがわかりました。

ガンが悪化した患者たちは、「治療にたいした希望を持っていないし、かといって、確たる信念をもった自己流の治療もしていない」「食生活に対する反省もなく、ガンになる前と同じ食生活をしている」という傾向があったというのです。

一方、ガンを自然退縮させた人は、「食生活もガンの原因だったと気づき、食生活を根本的に変えた」「人生観も大きく変わった」「敬けんな宗教心を持つようになった」「現代医学の治療の効果に疑いをもつようになった。その結果、主治医の説得を振り切って代替療法を試みた」「ガンの宣告後、絶望と悲しみの中でもがき苦しんだ後、希望を見出した」などのうち、全部または、いくつかを経験した人たちだったということです。

ガンは外来の病原菌でおこったものでほなく、自分の体の中で自分が作った「身内の細胞」なのですから、血液の汚れを除き、なる状態を作ってやることこそ肝要でです。

しかし、「○○でガンは治った」血液の浄化装置としてのガン腫の存在が不必要と「ガンは自分で治す」というくらいの気概は必要とうたうような、誤った代替療法にのめり込まないようにする必要があります。

また、現代医学を頭から否定することもよくないでしょう。手術、放射線、抗ガン剤による治療法については、納得のいくまで主治医と話し合い、必要ならば他のお医者さんから、セカンド・オピニオンやサード・オピニオンを聞いて、十分に納得したうえで治療を受けることが大切です。

現代医学的治療を受けるにあたっても、これまで述べてきた食、運動、精神の面は自分で並行して十分にケアする必要があります。

「自然療法」で治癒したり著しく改善した例を出していますが、すべてのガン患者が自然療法で治療するなどと、大それたことほいえません。人参・リンゴジュースや玄米菜食などの自然療法を始めても、あまりにガンが進行しすぎていて、たいした効果もなく亡くなった方々も多数いらっしゃるのです。

しかし、こうした「治癒またほ改善例」は、あまりにも副作用の大きな現代医学的な治療の中で、一筋の光明を与えてくれることは確かでしょう。

また、現代医学的には治療の手段がないため自然療法をやった方々や、そうでなくても自分自身の意志で現代医学的治療をこばみ、自然療法にかけた方々ほ、たとえ最終的には死の転帰をとっても、一般にいわれるガン患者特有の激しい痛みや出血、感染症などの断末魔の苦しみがはとんどないという印象があります。

よって、ガン特有の痛みや出血などの諸症状ほ、抗ガン剤や放射線、手術などの副作用や後遺症にかなり修飾されていると考えられるわけです。さて、ガンと診断されたときにどう対処したらよいかについて、私見を述べてみたいと思います。

手術を受けるべきか否か

手術によってよはどの後遺症が出ない限り、手術ほ受けたほうがよいでしょう。くに胃や大腸のガンや気管支(肺)のガンなど、放っておくと腫瘍が胃腸管を塞いで通過障害をおこしたり、気管支を圧迫して呼吸困難をおこしたりする可能性もありますので、一応手術は受けるべきなのです。

種々の理由で、現代医学に対する不審感があまりに強いため、頑なに現代医学的治療をこばむ人がいますが、10年ないし30年かかってジワジワとできてきた腫瘍を、数週ないし数ヶ月の「自然療法」で小さくしようとするのはしょせん無理な話なのです。

ガンの手術後の再発や転移ほ、手術前とまったく同じような食生活をほじめ生活習慣を続けると当然おこってくるのですから、手術後にこそ、血液浄化の自然療法をしっかりやることが重要なのです。

ただし、「手術しても2~3ヶ月の寿命の延長しか得られない」とか、「余命は長くはないが、一か八か手術をやってみょう」とかの場合は、手術そのものによる体力や免疫力の低下を考えた場合、自然療法にかけるのもよいでしょう。

手術後の放射線療法や化学療法の可否

手術によりガンの病巣を摘出し、さらに周囲のリンパ節も郭清し、外科医が肉眼で見えるところにガンが見あたらなかった場合にも(もちろん、手術不能の場所に腫瘍の取り残しがある場合も)、再発や転移の予防と称して放射線療法や化学療法が施されるのが一般的です。

こうした療法はガン細胞が正常細胞より放射線や抗ガン剤によって、よりダメージが大きいことを前提に行われているため、体力がある人には、容認できます。

しかし、放射線や化学療法で、気力、体力ともに低下し、何よりもガン細胞をやっつけてくれる血液中の白血球が激減(2000個以下)した場合ほ、何のための治療か意味をなさないことになります。7たとえ、こうした療法を受けている間も、玄米自然食、人参・リンゴジュースをほじめガン基本食の実践、できる限りの散歩(などの運動)、積極志向などを心がけることはい5うまでもありません。

ただ、手術後、放射線や化学療法を主治医にすすめられながら、その副作用やデメリットを心配し、そうした療法を拒否して、自然療法1本にする方もいらっしゃいますが、自然療法をして再発を絶対阻止できるという保証はありません。

もし、自然療法一本にかけて再発したとき、「やっぱり、化学療法などを受けておけばよかった」と後悔しないことです。化学療法や放射線療法を受けても再発する人はたくさんいるのですから。

手術後、自然療法だけやってきた人も、再発して化学療法などの必要が生じたときほ受けたほうがよいでしょう。自然療法で血液が浄化された後の再発なので体力も増強しており、化学療法や放射線療法がさらによく効くかもしれないからです。

化学療法を受けるか否か

白血病や悪性リンパ腫、睾丸の腫瘍などほ、化学療法が大変よく効きます。とくに、最初の治療では、効果が大きいのです。
よって、迷わず化学療法を受けるべきです。化学療法で寛解(治癒でほないが一見病気が治ったように見える状態)して退院したら、「執行猶予」の期間と思い、必死で自然療法をやるのがいいでしょう。

ただ、何回も寛解と再発をくり返し、抗ガン剤がだんだん強力になるのに治療の効果は上がらず体力はますます落ちて、薬の副作用も種々発現し、しかも主治医より「生きられる期間も数ヶ月」などといわれたら、自然療法で、体力と免疫力をつけ、治癒への一経の望みを託したほうがよいでしょう。

胃ガン、大腸ガン、肺ガン、子宮ガン…などの固型ガンで、手術不能のため「抗ガン剤でもやってみるか」くらいの程度で化学療法がなされる場合は、主治医に予後( これから何年くらい生きられるか) や、化学療法を受けた場合の副作用や余命、受けなかった場合の余命や出てくる症状などについて十分に質問と相談をすべきです。

「化学療法を受けても受けなくても数ヶ月から1年くらいしか余命の差がない」といわれたら、化学療法による副作用を考えた場合、自然療法をやったほうが賢明でしょう。QOLは高まるし、治癒への光明を見出せるかもしれないのですから。

しかし、こうした判断は、患者さん自身の生命観や人生哲学によって大きく変わってくることが多いようです。よって、主治医とよく相談のうえ、最終的にほ、自分自身の決断において決めるべきでしょう。

末期ガン

「末期ガンで手術不能、放射線や化学療法でも、大した効果が期待できない」などと診断された場合、食事療法を中心とした自然療法を、文字通り「命懸け」でやるべきです。それによって、ガン患者特有の断末魔の苦しみから逃れられることもままありますし、治癒へのわずかな期待も得られるかもしれませんので。

しばらく様子を見てよいガン

乳ガン、乳房の腫瘍、胃や大腸のポリープ、その他の臓器の腫瘍で、「良性か悪性の判別がつかないので、しばらくして再検査を」とか「ごく初期のガンだが、しばらく経過観察を」などという診断がなされた場合は、必死に、血液浄化による抗ガン療法をやるべきです。

医学界でも認められているガンの自然治癒

「ガンの自然治癒」などというと現代医学のお医者さん方からは、白い眼で見られがちです。なぜなら、あれだけ難しい手術をし抗ガン剤の使い方を工夫し、放射線を駆使して、ガン細胞を叩いても、執拗に再発・転移してくる悪魔の細胞のかたまりであるガン腫が、自然治癒するなどというのほ、信じられないことですし、信じたくもない、というのが、本音でしょう。

しかし、腎臓ガンの中には、自然治癒する例があることを、現代医学も認めています。1974年には、米国のジョンズ・ホプキンス医大で「ガンの自然治癒」に関する最初の国際会議が開かれましたし、1993年には米国の「ノエティック・サイエンス研究所」から、オレガン博士とハーシュバーグ博士による「ガンの自然退縮- 注釈付き文献目録」が出版されました。

これは、1865年以来の20カ国語の医学誌から、1051症例の腫瘍の自然退縮の文献を調べ上げたものです。

こうした「ガンの自然治癒」の研究の端緒になった論文は、イリノイ大学の外科医C ・エバーソンとW・コールが、1966年に発表したものです。
両博士は、1900年から1964年までの65年間に出版された医学誌の文献を渉猟し、医学的に認められた176例の自然治癒したガンについて発表したのです。それが以下のものです。

  • 副腎腫(31)
  • 乳ガン(6)
  • 神経芽細胞(29)
  • 胃ガン(4)
  • 膀胱ガン(14)
  • 子宮ガン(4)
  • 大腸ガン・直腸ガン(7)
  • その他(82)

日本でも昭和47年の第31回日本癌学会総会の「ガンの治療と再発」というシンポジウムで「自然治癒」の問題が取り上げられ、当時の大阪大学医学部の森武貞教授が655病院より集めた「ガンの自然治癒例」153例について発表されました。

こうした自然治療がなぜおこったかについては、1866 年、最初にガンの自然治癒例を発表したドイツのブッシュ医博や、コーリー医博などは、医師にサジを投げられたガン患者が、たまたま肺炎や丹毒など感染症にかかり、高熱を発したこと、つまり、「自然の発熱療法」が、自然治癒力の原動力であったと結論づけています。

しかし、「ガンの自然治癒」をしぶしぶ認めているほかの医学者たちは、自然治癒の原因を、「偶然」の産物としていることが多いようです。

が、ひょっとしたら、自然治癒した患者の中にほ、必死で、「ガンの自然療法」をやった人がいたのかもしれません。実際に、スイスのB ・ベンナ一病院や、メキシコのティファナにある自然療法病院(ゲルソン病院など) では、ガンの自然療法が行われているのです。

ガン検診には、意味のあるガン検診、無意味なガン検診がある

米国フィラデルフィア・ガンセンターのハンクス教授やベイラー医大泌尿器科のスカルディノ教授らは、「前立腺ガンをPSAC(前立腺特異抗原) 測定によって早期発見しても、前立腺ガンの死亡率が減るという明らかな証明はない」というように言っています。

日本では、「胃ガンによる死亡は激減し、最盛期に比べて半減している。胃ガンにかかる人の数が低下しているわけではないので、この死亡率の低下は、偏に検診の成果である」という見方がされています。

しかし、アイロニカルな、うがった見方をすれば、胃の造影技術の進歩や胃カメラの精度の向上などで、これまで発見できなかったような微小ガンも発見できるようになった、つまり、放置していても、将来大きくなって生命を奪うようなガンになるわけでもない、潜在ガンを発見し、手術した結果、それが「治癒」したと判断される例が、この「胃ガンによる死亡の激減」につながっているという面もあるのでほないでしょうか。

日本でのガン全体の5年生存率は約5%であり、それは、手術の進歩や早期発見に負うところが多い、というのが一般論です。

しかし「5年後に生きている5%の人は、手術しなくても生きていた人である」などという一見、暴論ととられかねないことをいう学者も現われていますが、ガンが善玉細胞、血液の浄化装置だとする自然医学的立場からすると、ガンの早期発見や早期治療の無意味さは、こうした学者の主張するところが、正鵠を射ているという結論になりそうです。

平成10年4月21 日に「ガン検診の有効性評価に関する研究班」(総括委員長・久道茂・東北大学医学部長) が、驚くべき「ガン検診の有効性」に関する報告書を発表しました。

「肺ガン、乳ガン、胃ガン、大腸ガン、子宮体ガン、子宮頸ガン」の6つのガンについて膨大な文献から「ガン検診を受けた受診者と非受診者の死亡率の差」を統計的に処理したところ、胃・大腸・子宮頸ガンほ受診者と非受診者の間に有意な差が認められ、ガン検診が有効と結論されました。しかし、肺ガンの胸部X腺検査、乳ガンの触診、子宮体ガンの細胞診では、受診者と非受診者の間の死亡率に有意な差がなく「ガン検診の意味がない」ことが示されたのです。

自分自宅で出来るガン検査

喧伝されるガン予防食の罪

米国の医大の薬理学の教授であったスポーン博士は「ガンは心臓病と同様、臨床的な症状や病状がないときに、すでに「完成」してしまっている。よって、ガンを予防するという意味においては、早すぎる、ということはない。
進行ガンを治さねばならないという点に研究者の目が釘づけになっていることが、ガン治療の開発の妨げになっている…」というようなことをいっています。

痛みや発熱、出血などの臨床症状が出てきたときほすでに火事になって燃えている家と同じです。本当にガンの予防、治療をするにほ、家に火がつく前に、火の用心をする必妻がある…というような意味なのです。

ある助教授も「しこりや出血、{疼痛などの臨床症状が出現したガンはかなり進行している。肉眼的に見える範囲のガン腫を手術で取り去っても、かなりのガンで再発したりするのは、こうした症状が出てきたときは、かなりの確率で転移しているからだろう…」といっています。

さて、ガン予防の可能性のある化学物質は600以上も知られています。こうした化学物質を積極的に摂取することによってガンを予防することをくだんの博士は、すでに1970年代より提唱しています。これは化学的予防といわれています。

とくに食品だけに限って見た場合、これまで約40種類に、「ガン予防」に有効な食物が発見されています。
アメリカの国立ガン研究所が、「ガン予防」の効力の大きいものを、とくに野菜やくだものや薬草茶に限ってピラミッド状に並べたものがデザイン・フードです。

ここでは、これまで「健康によい」として民間療法で根強い人気をもつ、ガーリック( ニンニク)、キャベツ、大豆、生麦、人参、セロリなどに、抗ガン効果が甚大という結論が科学的にくだされています。

こうしたガン抑制物質は、自然医学的にいうと、血液の汚れを給麗にする物質といえるわけです。ガンの抑制が期待される物質の中でもカロチンは、自然に最も多く分布する色素群で、600種煩以上も存在しています。

なかでもとくに人参などに多く含まれるβ-カロチンは、その強力な抗酸化作用で、「ガンを予防する」と宣伝され、一躍有名になりました。市販の人参・ジュースが、爆発的に売れていさまさまるのも、まさにβ-カロチン様々というところなのです。

β-カロチンが、ガンの発生や転移、再発を抑えた、という研究報告は数多くあり、β-カロチンの抗ガン効果に対する評価が固まりかけたところに発表されたのが、アメリカの国立ガン研究所とフィンランドの研究機閑と共同でなされた「喫煙者に対するβ-カロチンの効果についての研究です。

結果は、まったく予想に反するもので、β-カロチンを投与されたはうが、肺ガンの発生が多く、狭心症や心筋梗塞などの虚血心臓病の曜患数も多かったのです。

この事実からいえることは、どんな栄養素にも適正な量があるということです。ビタミンB1やB2なども発ガン性をもつことが知られていますが、自然の食物(植物や動物)から、ある成分に効能があるからといっても、その物質のみ抽出して、恒常的に人体に作用させると、発ガン性を帯びてくるという警告でもあるのです。

全体を「丸」とすると部分は「トゲ」になり、全体から一部分のみ取り出して常に作用させると体の細胞を慢性に刺激して、種々の老廃物や中間代謝物をつくり、血液を汚して、ガンをつくり出すと考えてよいでしょう。

よって、人参からつくったジュースを飲むことで、β-カロチンが過剰になるということはあり得ないわけです。β-カロチンの1日の摂取量は、

  • 1mg以下(不足症状の出現)
  • 5~30mg(ガン予防・治療の効果大)
  • 30mg以上(過剰の毒性出現)

というところが、科学的に割り出されている結論です。