ガンでも生き延びるための10の秘訣

日本では、ガン告知がなされるほうが少ないとはいえ、ガン患者は、周囲の人の態度から、うすうす「ガン」であると気づいていることが多いようです。ガンであることを宣告された患者も、自分の症状や周囲の人の態度から、ガンであることを悟った患者も、一時的には、強い悲しみに陥り、精神的混乱(ひどい人は錯乱)や、逆に、うつ状態になり、無気力、不眠、食欲不振などの症状を呈してくることが多いのです。

この時期に至った後、どういう精神状態になるかほ、その人の性格や宗教心、さらには、それまでの人生で危機的問題にぶつかってきた時、どう乗り越えてきたか…などによって大きく変わってくるといってよいでしょう。

強い精神力を持ち合わせず、ガンを知ることで、「うつ」や「精神的錯乱」におちいった患者には、精神科の先生に診てもらい、ときには、抗うつ剤など向精神薬などを処方してもらう必要があるようです。

米国コーネル大学医学部の精神科の教授は、ガン患者に、ガンに対してどう対処するかについて10個のガイドラインを提唱されているので、拝借して、掲載します。

  1. 多くのガンが治療可能になっているので、「ガン=死」という概念ほ捨てさること
  2. 十分に心を打ち溶け合って話せる、信頼のできる医師を探すこと
  3. 自分のいちばん信頼しているいちばん身近な人には、決して悩みを隠してはいけない。医師の説明を聞くときには、必ず同行してもらうこと
  4. 自分のガンに対する情報をできる限り収集し、同じガンにかかっている人に相談したりして、情緒を安定させること
  5. 過去、大きな問題を乗り越えたときの戦略があれば、それも大いに参考にすること精神的トラブルについて、過去、心が救われたことのある信仰や宗教があれば、それをもう一度、深めること
  6. メディテーション(瞑想)、リラクゼーショソなど、自分の心、気持ちを安定させることができるものほ、とにかくトライしてみること
  7. 信頼したり加わったりしたほうがいい支援グループなどは1度、試しに利用してみて、うまくいかないときはやめるといい
  8. 「気力が衰える」こともあるので、たとえ常に積極的姿勢や志向が保てなくても、罪悪感をもたないこと
  9. 民間療法については、現代医療の知識も十分に持ち合わせていて、客観的に評価でき、信頼もおける人と、その利益や危険性について十分に話し合うこと。民間療法に、こり固まって、効果のある正統療法を放棄したりしないこと

代表的な民間療法

ガン患者に評判の健康食品