ごぼうの「リグニン」が大腸ガンを抑制

ごぼうには、食物繊維が10 g中に8.5 gも含まれます。これは、たくさんある根菜のなかでも群を抜く量で、特にリグニン、セルロース、ヘミセルロースといった非水溶性(水にとけない) の食物繊維の働きが注目されます。日本人の大腸ガンは、ここ最近でも急増しています。
最近の日本人の腸の傾向とさまざまな症状では、近年の日本人の腸の傾向がわかりやすく書かれています。

水にとけない食物繊維は、腸の健康に欠かせません。便のかさ・量をふやすとともに、腸を刺激して、嬬動運動を活発にし、排便をスムーズに促進する作用があるからです。

便秘をすると腸内に発がん物質が長くとどまってしまうことから、それが大腸がんの引きがねにもなります。毎日、便がスムーズに出ていれば、腸内環境が整えられて、大腸がん予防にも大きく影響します。
なかでもリグニンは、切り口の数が多ければ多いほど、どんどんふえてくるという特徴のある食物繊維です。
これは「傷害リグニン」というものです。
傷ついたごぼうは、自分の身を修復するために、リグニンをたくさんつくり出そうとする性質によるものです。
ですから、同じ10 gのごぼうでも、食物繊維をとる目的で食べるのなら、切り口ができるだけ多い調理法がおすすめなのです。
そういった意味では、きんぴらもたたきごぼうもおすすめですが、なんといっても究極は「すりおろし」です。

人間は、加齢により、腸の蠣動運動が弱まり、便秘がちになります。おろしごぼうなら、お年寄りにも食べやすく、食物繊維がたくさんとれて、便秘解消に役立ちます。

リグニンの働きをより高めるためには、「メチオニン」とともに摂取するのがおすすめです。。メチオニンは必須アミノ酸の一種で、肉・魚・卵二見類などに多く含まれます。

ごぼうとメチオニンの多い食品という組み合わせが、リグニンを最も効率よくとれる食べ方ということになります。
ただし、ごぼうは、切り口が空気にふれると、すぐに褐色に変色してしまうため、調理には少し工夫が必要です。ごぼうを洗って皮をむいたら、すりおろす前に、10分以上は酢水につけます。これで色が変わってしまう心配はありません。
すりおろしたあとにも、酢を少量まぶすとさらに効果的です。
こうした下処理をすれば、すりおろしごぼうは、ドレッシングにまぜても、そぼろにしても、煮物に加えても、白あえにまぜてもおすすめです。
香りのよさと、意外な食感は料理の幅を広げます。特におすすめしたいのは、ごぼうとニンジンのすりおろし+ 少量の肉で作ったそぼろです。ニンジンのガン抑制効果はこちらで説明したとおりです。
おかゆやごはんによく合い、かたいものが苦手なお年寄りも、これなら楽にごぼうの繊維をとることができます。薄めの味つけにしておいしく食べるといいでしょう。
ごぼうは積極的に摂りたい食材です。
ごぼうのプロフィールはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください