にんじんのβカロチンがガンを抑制

ヨーロッパの人はニンジンを「人を愛想よくさせる野菜」とぶほどニンジンは人気の野菜です。。そのすばらしい薬効によって、心身ともに健康で活力にあふれ、笑顔が絶えなくなるということをさしてこう呼んでいるのでしょう?。
ニンジンには、β カロチンが100g中7300単位も含まれます。ほかの野菜とは比較にならない豊富な量です。がん予防食品としては欠かせません。
「がん予防ビタミン」として有名なビタミンA 、C、E もたっぷり含まれています。
これらは、抗酸化作用にすぐれている「体の毒消し物質」です。
ここ最近でよく聞かれるようになった「デトックス」にもニンジンは、最適だと推奨されています。

人間が生きていくうえで欠かせない酸素は、その一部が体内で「活性酸素」という毒物になります。
活性酸素が体内の脂肪と結びつくと、さらに過酸化脂質という新たな毒物を生み出して、体をサビつかせます。この「サビ」が、がんや高血圧、動脈硬化を起こして心筋梗塞や脳卒中のもととなる高脂血症、糖尿病といった成人病はもとより、肝臓病、腎臓病などあらゆる臓器の疾患、シミ、シワ、関節の痛みや変形などの老化、アレルギー症状など万病の元凶となるのです。
ちょうど工場で「産業廃棄物」が出てしまうような現象が、人間の体内で起こるのです。
人間のの体内で生じる活性酸素も、産業廃棄物と同じです。毒消しの処理を行うか行わないかが、私たちの健康を左右するといっても過言ではありません。

ニンジンは、βカロチン(プロビタミンA) やビタミンC、E の豊富な「毒消し健康野菜」です。活性酸素の害を消して体を守る物質を「スカベンジャー」といいますが、ニンジンはスカベンジャーの宝庫です。
便秘や動脈硬化を防ぎ、腸内の善玉菌をふやすほかにもニンジンの薬効は数えきれないほどあります。たとえば組織の粘膜(上皮細胞)を丈夫にして、目や口、気管や肺を守ります。また、腎臓の機能を高めたり、精子をふやすなど生殖機能の向上にも有効です。
ビタミンB群の中のパントテン酸は、腸の運動を促進するため、便秘にも下痢にも有効です。ニンジンには、ヘミセルロースとペクチンという食物繊維が豊富です。食物繊維は、脂肪や糖分をゆっくりと吸収させて、インスリンの急上昇を抑えます。
また、10種100兆個以上もある腸内細菌のエサとなって、腸内の環境を整えます。

胆汁酸の再循環を促して余分なコレステロールを排出し、動脈硬化を予防する働き、便のカサをふやして、便秘や大腸がんを防ぐ働きも絶大です。
ガンだけでなく、肥満や糖尿病を気にされるかたも、ぜひおすすめの食材です。
また、各種のホルモンを調整する内分泌系も整えてくれます。

にんじんをある程度たくさん食べたり摂取ようにするのはなかなか難しいのですが、無添加無農薬のジュースがありますのでおおすすめです。「生絞り」「100%」などと記載のある商品を選ぶのがおすすめです。

にんじんのβカロチンがガンを抑制」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: 白血球の働きを高めるキャベツ | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める

  2. ピンバック: 野菜のカリウムが塩分を排泄 | 健康メモ

  3. ピンバック: カレー粉の 黄色い色素には抗酸化作用がある | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める

  4. ピンバック: 間違ったビタミンの知識を正して、正しい知識を | ビタミンの効能・効果

  5. ピンバック: βカロチンのガン予防効果 | ビタミンQ&A

  6. ピンバック: βカロチンのガン予防効果 | ビタミン Q & A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です