ガンを防止・抑制する食品」カテゴリーアーカイブ

海苔のガン抑制効果

約25年にわたって海草とがん予防の研究をつづけてきた専門家の研究内容です。コンプ、わかめ、ひじき、それぞれに効果があることが確認されています。ここでは、なかでも効果の高い数値を示した海苔をについてです。

まずは、腸がんを引き起こす「DMH」という発が発がん物質をラットに投与して、実験を行ったものです。ラットは、次の3グループに分けています。

  • A= 普通のエサを食べたグループ
  • B=利尻昆布2%をまぜたエサを食べたグループ
  • C=アマノリ2%をまぜたエサを食べたグループ

それぞれのエサを12週間食べさせ、同時にその間発がん物質「DMH」を12回注射。12週以降はすべての群に普通のエサを与え、「DMH」の注射もやめました。20週目に解剖し、がん発生率を比較しました。

結果は、Aでは10匹中8匹が発がんしていました。発がん率80%です。これに対して、利尻昆布をまぜたBでは発がん率40% 、さらにアマノリをまぜたCでは20% にとどまっており、明らかにがん予防の効果が認められたのです。

別の実験では、乳がんを引き起こす「DMBA」という発がん物質をラットに投与しました。普通のエサを与えたグループ以下、細目昆布、利尻昆布、三石昆布、アマノリをそれぞれ2% をまぜたエサの、計5グループに分けました。それぞれを22過食べさせ、4週目に発がん物質を投与、2週以降はすべての群に普通のエサを与え、31週目に解剖しました。
その結果、発がん率は利尻昆布が50% 、三石昆布は65% でしたが、なかでも低い発がん率を示したのが細目昆布(35%)、そしてアマノリ(35%) でした。

このような作用は何によってもたらされたのでしょうか。最初に着目したのが「カロチン」です。日本の食品中で最も多くカロチンを含むのは、抹茶ですが、第2位がじつは海苔なのです。
度はカロチンに焦点を当てて、腸がんの発がん率をくらべました。普通のエサに2% の海苔をまぜて効果がありました。よって、その中に含まれるβカロチンのみで検討を行いました。2%の海苔中に含まれるβカロチンは0.00024% です。ノリから抽出した0.00024%のβカロチン、そして0.00024%の合成βカロチンを摂取した場合を調べたところ、ともに低い発がん率を示しました。

海苔にはほかにも、抗酸化作用のあるビタミンC・E 、さらに食物繊維などを含みます。これらが総合的に働いたことも、発がん率を下げた要因となったと覆われます。

さて、これを人間の食事におきかえた場合、どのくらい食べればよいでしょうか。ラットの実験では、エサに2% の海苔をまぜたときに効果が認められました。個人差はぁりますが、人間には1 日に約20000kcal のエネルギーが必要です。

市販の焼き海苔(約20×20cm) は、1枚3gですから、約2枚半の海苔を食べればいいことになります。

昆布に含まれるフコイダンは、がん細胞を 自殺させる作用がある

コンプなどの海藻には、特有のヌメリ成分があります。あのヌルヌルのなかに、なんとがん細胞を自殺に追いやる成分が含まれていることが確認されています
コンプのヌルヌルに含まれる「フコイダン」という多糖頬によるものです。

研究を進めるなかで、コンプにFとUの2種顆のフコイダン分子が存在することがわかりました。そして、この2 つのうち、がん紳胞を自殺に追いやるのが「U-フコイダン」だということがわかりました。

U-フコイダンは、何も特別な方法でなくとも、ふだん口にするコンプからも摂取できます。ただ、U-フコイダンは、だしをとる程度、すなわち、沸騰直前に取り出していてはまったく出てきません。コンプをそのまま食べてこそ効果を期待することができるのです。
それを裏づける証拠として、コンプの消費量とがんによる死亡率の統計があります。コンプの消費量のトップは富山市、次が那覇市ですが、がんの死亡率は沖縄県が最も少なく、富山県はむしろ悪いほうに近いのです。これは、富山県ではコンプをだしとして使うのに対して、沖縄ではそれを昆布ごと食べるせいだと思われます。鍋料理のいちばん最後に残った汁とコンプを食べる、これが最高です。「残り物には福がある」とは、まさにこのことでしょうか。

ガンを消滅へと導くフコイダン

イワシのDHAはDHAにはがんの芽を摘む効果あり

春からが旬の脂が乗ったイワシは、焼いても煮てもおいしいものです。また、値段も安く庶民的です。あの脂にDHAが合まれるのがドコサヘキサエン酸で、頭がよくなる成分として注目を集め話題になったこともありました。

最近の研究では、大腸、結腸、肺、肝臓、前立腺、乳腺などの消化器系と生殖器のがん予防と、転移を防ぐこともわかってきました。意外にも胃がんにはあまり効かないようです。DHAが胃にとどまる時間が短いことが、理由です。

DHA含有量が多いのは、海産魚のなかでも特に青背の魚といわれるイワシ、アジ、サバ、マグロなどです。白身の魚にはあまり含まれていません。いわゆる青魚に多い油です。

また、目の後ろの脂肪に多く含まれているため、まるごと1尾食べられるイワシは最適な食材といえます。DHAががんを抑制するメカニズムはかなり確認されています。
ひとつは、植物性脂肪のリノール酸です。ひところ「体にいい」と盛んにもてはやされましたが、じつは、これががん発生に関与しているのです。リノール酸は体内に入ると、γリノレン酸→アラキドン酸へと変化し、最終的には、プロスタグランディンE2という発がんプロモーターになってしまいます。

アラキドン酸酸が変化する際にはいくつかの酵素が作用しますが、DHAAはこれらの酵素を抑制し、プロスタグランディンE2をつくらないように働くのです。リノール酸そのものは体に必要な物質ですが、大豆や米など植物性食品のほとんどに含まれるため、どうしても過剰摂取になりがちです。また、肉類にはアラキドン酸が含まれているので、肉を頻繁に食べる人はがんになる危険性が高いといわぎるをえません。
ですから、リノール酸の摂取量を極力控え、肉のかわりに魚を食べる回数をふやせば、発がんプロモーターのプロスタグランディンE2ができにくくなって、がんが予防できるというわけです。

イワシは、生食が最適で、正常な細胞は50回くらい分裂するとそれ以上分裂せず、細胞がみずから死にます。これを専門的には「アポトーシス」といいます。それに対してがん細胞は狂っており、アポトーシスを忘れて無限に分裂するのですが、DHAには、がん細胞にこのアポトーシスを思い出させる作用があるようだ…ということが、大学の研究でわかってきました。

発がん・プロモーターをつくりにくくしたり、異常細胞の増殖を止めることができれば、がんの発症時期はそれだけ遅れます。魚や野菜を食べる、調理法を工夫して揚げ物でなく煮物にするなど、食生活を改善することで、発症時期を5年、10年と先にずらすことが十分に可能です。
数々の疫学調査や実験から推測すると、1日1~2gのDHAを摂取するとがん予防に効果があると考えられます。イワシなら1日2尾。参考までに、アジなら1尾、マグロの中トロ4~5切れに相当します。
1週間で計21回の食事のうち、5回は魚を食べるようにするといいでしょう。

次に調理方法の注意です。DHAを損失せず10%とれるのは生の刺し身。煮たり焼いたりすると80%に落ちますが、煮汁に出た分は飲めばいいでしょう。ただし、味つけは薄くすること。また、焼きすぎると脂が抜けてDHAが失われるうえ、焼けコゲが発がん物質になるので気をつけてください。フライは50 ~60 %DHAを損失し、逆に揚げ油のリノール酸を魚が吸収するので、あまりおすすめではありません。
日本人にはかつて、大腸がんや肺がんはあまり見られませんでした。しかし、今日、食生活の欧米化が進んだことで、これらはふえてきました。がん予防を考えるなら、魚や野菜。こうしたものを主とした、伝統的な和食を毎日食べるべきでしょう。

動脈硬化の予防に効果的な食品成分といえば、EPA(エイコサペンタエン酸) 魚の油の脂肪酸。そのEPAをしのぐ新型の脂肪酸が新たに発見され、注目を集めています。それは、DPA(ドコサペンタエン酸)と呼ばれる魚油の一種です。
マンボウの肝油はこちら。

焼き魚にレモンはガン予防になっている

唐揚げなどには、レモンが添えられています。魚のムニエルなどの料理にもよくレモンが付け合わせに添えられています。
これは、ただ単につけ合わせの役目をしているだけではありません。
この組み合わせは、がん予防にたいへん効果的な働きをしているのです。「魚や肉を焼いたときや、天ぶらや鶏のから揚げなどの揚げ物にできたコゲは、がんのもとになる」コゲには、体の中に入ると発がん物質をつくりだす「フリーラジカル」物質が含まれているのです。このフリーラジカルを消す作用が、レモンなのです。
その役割をしているのがビタミンC 。フリーラジカルをつかまえて、安定した物質に変えてしまうのです。
柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれていますが、なかでもレモンは特に優秀。l日に必要なビタミンCの量、50mgを、半分で補うことができます。

ところで、このフリーラジカルとは何なのでしょうか。人間の体を含め、あらゆる物質は分子から成り立っています。普通は分子内に、電子が2個ずつの対をつくって結合し安定しています。ところが、何らかの原因によって対をなさない、l個だけの電子を持った分子があらわれることがあります。
このような状態になっている分子のことをフリーラジカルというのです。フリーラジカルは不安定な状態のため、何とか相手を見つけて安定した状態になろうと活発に動き回ります。
それによって殺菌や免疫を高めるなど善玉として働く場合もあるのですが、一方では毒性を示し、細胞膜や細胞内のDNAを傷つけたりと、いろいろ悪さをして体に害を及ぼす場合もあります。
とはいえ人間の体はうまくできていて、それを抑えてくれる物質があるのです。SOD(スーパーオキシド・ディスムダーゼ) という酵素はその代表で、体の中にこれがたくさんあれば、発生したフリーラジカルを消して、健康な体を保つことができます。しかし、普段何げなく吸っている空気や水、食べ物にもフリーラジカルは存在しています。

これらはたいてい酸素が関与しているため、活性酸素と呼ばれていますが、フリーラジカルの一種です。焼き物や揚げ物に含まれるフリーラジカルは、活性酸素です。こうした食品を多く食べると、体内のSODなどだけでは対応しきれません。

また、ストレスや病気などで体の機能が低下しても、フリーラジカルがふえてしまい、やはり消去しきれません。したがって、ビタミンCなどフリーラジカルを抑える働きを持つ食品を食べることで、補う必要があるのです。

ビタミンCは熱や酸素に壊れやすいので、加熱したり空気中に長い時間放置すると、効力は半減してしまいます。効果的な食べ方としては、焼き魚などを食べる前に、新鮮なレモン半分個をひとしぽり。コゲに含まれるフリーラジカルを消去し、発がんを防いでくれます。

レモンは、流通している大半が輸入物です。通年市場に流通していますが、国産のレモンは10月頃から収穫が始まります。この頃のレモンはまだ青い状態で収穫され。グリーンレモンなどと呼ばれています。黄色く色付いたレモンは12月下旬頃から3月頃までの冬が旬ですので、レモンを食べる際には、この旬の時期の国産レモンを購入するのがおすすめです。

抗ガン剤にも負けないバナナの抑制効果

最近は、手ごろな値段でバナナも購入できるようになりアスリートには欠かせないエネルギー補給源となっています。しかし、今から40年以上前の昭和30年代までは、高価で貴重な果物でした。
バナナを食べられるのは、病気で体力が落ちているときくらいでした。当時はバナナの科学的な研究などがほとんどされていませんでしたが、じつはこれ、いま思えばたいへん理にかなったことだったのです。

バナナはエネルギーも高く、ビタミンCも豊富です。ビタミンCには、感染に対する抵抗力を上げる作用があります。さらに最近の研究で、バナナ1本を食べることが、がん予防につながることがわかってきました。
白血球の働きを高めて免疫力をつけ、抗がん剤に劣らぬ効果を発揮すると、実験で証明されました。
がん予防の主役となる白血球についてですが、体内に細菌などが入ってくると、それを退治するのが白血球の役割ですが、白血球には何種類かあり、感染する菌によってどの白血球が働くか決定します。
その種類にはミクロファージ(顆粒球)、マクロファージ(大食細胞)、リンパ球などがあります。細菌が入ってきて、数時間で出てくるのがミクロファージです。
細菌と闘う力は弱いけれど、まずは先鋒として異物を処理しようとします。よく、傷口が膿んだりすることがありますが、あの膿みの正体は何かというと、細菌とミクロファージ両方が闘ったあとの死骸なのです。
さて、ミクロファージで処理しきれないとマクロファージが出てきます「大食細胞」ともいうだけに、細菌と闘う力も強い。それでもまだ処理しきれずに、1〜2週間たつと、リンパ球が出てきます。いいかえれば、闘う相手が弱ければ、ミクロファージだけですんでしまい、マクロファージやリンパ球の出番がないこともあるのです

次に、質の面で検討しました。そこで、カギを握っているのが、白血球のなかでもマクロファージです。これがつくり出すものに、サイトカインという物質があります。サイトカインには、じつに多くの種類がありますが、そのなかでも、ここで重要なのはTNFです。

、TNFが多くつくられる白血球は、がん細胞を殺す効果も強いわけです。そこで、どんなものがTNFを多くつくるかを調べたところ、特にバナナの効果がすぐれていました
また、がんにバナナ果汁を注射したところ、腫瘍が大きくなりにくいことも確認されました。ともあれ、こうした科学的な理屈がわかる以前から、人間は体力のないときにバナナを食べていました。こうしたことを、人間は体験的に知っていたのでしょう。その点から考えると、苦から重宝されてきた食べ物には、まだまだたくさんの効果が秘められている気がしてなりません。