ガンの最大の敵はキレイな血液

医学界でも認められているガンの自然治癒

「ガンの自然治癒」などというと現代医学のお医者さん方からは、白い眼で見られがちです。なぜなら、あれだけ難しい手術をし抗ガン剤の使い方を工夫し、放射線を駆使して、ガン細胞を叩いても、執拗に再発・転移してくる悪魔の細胞のかたまりであるガン腫が、...
ガンの最大の敵はキレイな血液

ガン検診には、意味のあるガン検診、無意味なガン検診がある

米国フィラデルフィア・ガンセンターのハンクス教授やベイラー医大泌尿器科のスカルディノ教授らは、「前立腺ガンをPSAC(前立腺特異抗原) 測定によって早期発見しても、前立腺ガンの死亡率が減るという明らかな証明はない」というように言っています。...
ガンの最大の敵はキレイな血液

喧伝されるガン予防食の罪

米国の医大の薬理学の教授であったスポーン博士は「ガンは心臓病と同様、臨床的な症状や病状がないときに、すでに「完成」してしまっている。よって、ガンを予防するという意味においては、早すぎる、ということはない。 進行ガンを治さねばならないという点...
ガンの最大の敵はキレイな血液

これだけある療法から抜け落ちているもの

現代医学は、ガンを「人頼最大の仇敵」「悪魔の細胞」ととらえているために、手術しててガン腫を切り取ってしまうことを根治手術と考えています。 手術が不可能な場合、放射線や抗ガン剤で抹消することに腐心する、というのが、一般的です。ほかに、比較的体...
ガンの最大の敵はキレイな血液

ガンの転移の謎も血液の汚れ

ガン細胞の特徴として、 ガン細胞の周囲の細胞が、増殖を自制するように促しても耳を借さない そのうえ、周閉・近隣の組織に浸潤する さらに、血液やリンパ液に乗って遠隔臓器に転移する などがあげられます。しかし、ガンの原発部位から、他所へ転移しょ...