治療法」カテゴリーアーカイブ

抗がん剤による胃がんの治療 期待の新薬「TS-1」について

2001年から病院で使われ始めた、新しい抗がん剤です。これまで頻繁に使っていた「5・FU」バージョンアップさせたもので、がん細胞のDNAの合成を抑制する働きがあります。

特徴は、腫瘍を小さくする働きを強めて、5・FUの副作用として悩まされていた下痢や口内炎を減らしています。が、やはり副作用があり、食欲不振、白血球減少、肝機能障害をもたらすことがわかっています。ふつう、抗がん剤の効果は奏効率(腫瘍の大きさが半分以下になった状態が4週間以上統くこと) 2、3割と言われていますが、

この薬の場合、第Ⅱ相の臨床試験の段階で、「全国で手術ができない再発・転移した胃がん患者さん1001人に投与したところ、腫瘍が半分以下になったという症例が、45人もいた。という発表が出ました。

実際、この抗がん剤を使用したおかげで胃がんの肝転移が消失するなどを経験し、その効果は確かにあるといえます。さらに、「TS-1」の特徴はスキルス胃がんにも効果があることです。

抗がん剤による胃がんの治療「胃がんによく効く抗がん剤」

胃がんで転移・再発した場合には、多発性転移が起こることが多く、切除することができなぐなります。このため、転移・再発を予防するという目的で抗がん剤を投与します。

ファーストラインには、フルオロウラシル(商品名5・FU)という、がん細胞のDNAの合成を抑制する働きの薬を選びます。

がんの再発が肝臓か肺か腹膜か予測ができないため、血液に乗って全身に回るように、経口か点滴で1日2、3回投与します。ほとんどの場合には1年間投与を続けて様子をみますが、

なかには3年間におよぶ場合もあります。この5・FUの効果が出ない場合、また明らかにがんが再発した場合には、薬の量を増やしたり別の薬に変更したりします。

セカンドラインとして、5・FUと他の薬を一緒に投与して、2種類の薬の効果を高める方法(「バイオケミカル・モジュレーション」)を取ることもあります。

たとえば5・FU+塩酸イリノテカン(商品名カンプト)、5・FU+メソトレキサート(商品名メソトレキセート)、5・FUフルオロウラシル(商品名ロイコボリン)、5・FU+CDDP(商品名シスプラチン)などの併用療法です。

しかし、これらの方法をとった場合には、副作用や合併症が重くなります。胃がんに抗がん剤の効果があるかどうかは、症例によって使用してみなければわかりません。しかし現在では、いろいろなことがDNAレベルで明らかになってきているため、将来的にはどんなタイプの遺伝子であれば抗がん剤が効くか、効かないのかが、あらかじめわかるようにもなってくるでしょう。

抗がん剤による胃がんの治療「骨髄抑制とはどのように起きる」

これは骨髄抑制という副作用のことです。骨髄は血管つくり出す臓器で、赤血球、白血球、血小板をつくっています。赤血球は肺で酸素を取り込み、全身の組織に送り込みます。
血小板が少なくなると、出血が止まりません。さらに、白血球がつくられなくなると体内を防御するシステムがダウンするため、外部から病原菌が侵入してきても除去できず、暴れ放題になってしまいます。

たとえば、抗がん剤の投与を受けている患者の体内にMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が入ってくると、敗血症や肺炎、髄膜炎、腹膜炎になって死亡することがあります。

敗血症とは、血液中に細菌や異菌が入ってきたために発熱や意識障害、ショック症状を引き起こしてしまう病気です。この菌は健康な人にはなんの害もおよぼさないという常在菌ですが、抗がん剤の投与を受けている場合、免疫力が下がっているので重篤な状態を引き起こしてしまいます。
このため、抗がん剤を投与する場合は、白血球や血小板の減少がすぐに発見できるように、何度も検査します。白血球が極端に減っているときは、数量を増やすためむきんしっに特別な薬を投与します。
また、患者さんは無菌に入院していただき、医師や看護師、栄葦など、出入りするすべての人も無菌の衣服を着て管理する必要があります。

抗がん剤による胃がんの治療「抗がん剤の副作用が生じる理由」

がん細胞だけを選んで攻撃するように設計されていますが、正常細胞にも影響が及ぶためです。抗がん剤はがん細胞のターンオーバー(細胞の生まれ変わりの周期)に合わせて、DNAの合成を抑制するようになっています。

がん細胞は正常細胞よりターンオーバーが早いという特性があるため、がん細胞だけを何回もたたくことができるというしくみです。
ただし、何回目かのターンオーバーで正常細胞の周期と重なってしまうと、正常細胞も攻撃を受けて壊れてしまい、副作用となって症状が現れます。

抗がん剤による胃がんの治療「抗がん剤の副作用」

抗がん剤の投与方法には、経口(飲み薬)、点滴、瀞脈注射、器械による動脈内注入などがあります。

副作用には、吐き気、嘔吐、めまい、食欲不振のほか、味がわからなくなる味覚障害、皮膚の色が黒ずんでくる、心臓がドキドキする、爪の色が変わるなどがあります。

吐き気や食欲不振には、副作用をできるだけ軽くする薬剤を投与します。抗がん剤といえば、髪の毛がすべて抜け落ちるというイメージがありますが、胃がんの場合にはこのようなタイプの薬を使うことはありません。

食道がんや皮膚がん、白血病などでは抗がん剤の効果が期待できるため、患者さんによっては使われることがあります。再発予防のため、最初に投与される抗がん剤を「ファーストライン(ファーストチョイス)」と呼びます。このときの副作用で生活に困るような症状はありません。
それでも効果が出ない場合は、「セカンドライン(セカンドチョイス)」と呼ばれる抗がん剤を投与しますが、こちらはかなりひどい副作用に悩まされることもあります。

たとえば、進行がんの手術後、1、2ヶ月入院しながら数種類の抗がん剤を大量に点滴する場合には、投与開始3日目から、突然水ものどを通らないほど気分が悪くなり、4、5日目はl日中吐き気が続くようなことがあります。このような場合は、吐き気止めを使うことによって楽になります。仮に、吐き気で食事ができなくても、栄養は点滴から取りますからよほどの場合を除き、抗がん剤を中止せず必要量の投与を統けます。抗がん剤投与後約1週間目くらいで、副作用は軽快してきます。副作用がみられなくなり、食事もある程度食べられるまで体力の回復を待って、抗がん剤の投与を複数回続けます。

抗がん剤による胃がんの治療「抗がん剤とは?」

抗がん剤は薬物治療のひとつで、化学療法とも呼ばれています。薬剤の化学反応で、がんを治療します。現在、70種類ぐらいの抗がん剤が開発されたり輸入されたりしています。
たとえば

  1. がん細胞のDNA(核)やタンパク質に毒性を与える
  2. がん細胞の代謝を阻害する
  3. 細胞膜を直接破壊する
  4. ガン細胞に栄誉を与える血管が新たに作られるのを阻害する

などの方法でがん細胞を殺してしまいます。

現在、白血病や悪性リンパ腫には著しい効果が明らかになっていて、治療法の1つとして確立されています。そのほかの臓器のがん、とくに消化器系器官のがんでは4割の患者さんに症状の改善効果があると報管れています。

たとえば、「痛みが軽くなった」「腫瘍が腸閉塞を起こすほど大きかったが治療後は小さくなった」「食欲が出てきた」などです。
ただし、消化器系雪のがんでは、がん細胞を完全に殺してしまうという効果はありません。がんと共存して長く生きていけるような効果(「ドルマジー・テラピー」=延命カ効果)を期待します。

早期がんで粘膜がんの場合は、切除後に抗がん剤の治療をする必要はありません。こゆうきんそう粘膜下層がんの場合も、リンパ節への転移や固有筋層ギリギリまで達するようながん(進行がんとの境界線) の場合以外、術後に抗がん剤を使うことはほとんどありません。

進行がんの場合は、手術後、再発を予防するために抗がん剤を使います。また、再発が明らかに見つかった場合は、腫瘍の縮小と症状の緩和を期待して抗がん剤の服用を勧めます。
1種類の抗がん剤では効果が薄いため、2種類以上を組み合わせて抗がん剤同士の効果を高め、かつ副作用を少なくするような投与方法もあります。副作用のある薬ですから、ご本人と相談してから処方を決定します。

再発・転移の早期発見のためには

可能な限り、早く再発を発見するために、手術後は外来に最低でも5年間通院します。早期がんなら1年に1回、進行がんでは毎月検査や診察を受けていただくようになります。

最初の1年以内は内視鏡検査をします。吻合部に腫瘍ができていたり、残胃からがんが再発したりしていないかを確認するためです。とくに早期胃がんは多発することが多く、がん腫瘍をすべて取り除いたと思っていても、残胃に顕微鏡レベルでがん細胞が残っていることがあります。

がんができやすい素地があるからです。また、進行がんでは3ヶ月に1度は血液検査、6ヶ月に11回は超音波(エコー)、またはCTドかMRI の検査をおこなうようにして、どの検査も1年に2回ずつ受けられるようにします。
ただし、腹膜転移は、画像診断ではわかりにくいため、早期発見が難しくなります。もし、えもいわれぬ腹痛、腹部の張り、吐き気や嘔吐などの症状が起こった場合は、すぐに病院で主治医に病状を説明し検査してもらうようにしてください。骨、脳への転移も、早期一発見は難しいのですが、病状に応じてⅩ線、CT検査で診断できます。

再発・転移の心配「再発・転移はどのように起こりますか」

がんを手術で切除した後、再びがん細胞が見つかることを「再発」と呼びます。一般的に、再発には「局所再発」と「転移再発(遠隔再発)」の2種類があります。

局所再発とは、がんが最初にできた臓器(原発巣)付近に残っていたがんの細胞が増殖して大きくなり、隣の臓器まで入り込んでしまったもの(浸潤)です。
たとえば、大腸・直腸がんの場合は骨盤内に小腸や勝脱、男性では前立腺、女性では子宮などがひしめきあっているため、隣の臓器に浸潤しやすくなります。
胃がんではこのような再発は見られません。

転移再発とは、原発巣と離れた臓器にがん細胞が見つかったものです。がん細胞は血管を通って、肝臓や肺、脳、骨へ転移する可能性があり、「血行性転移」と呼ばれています。
リンパ管を通ってリンパ節へ転移する場合は「リンパ行性転移」と呼ばれます。

再発・転移の心配「胃を全摘すれば再発はないのか」

胃をまるごと全部取ってしまえばがんの心配はなくなる、という考え方は間違いです。胃から、ほかの臓器へ転移・再発する可能性があるからです。

全摘するか、部分切除分切除するか、というのは、いかに病巣を取り除くかという方法論なため、早期がんでも全摘するケースはありますし、進行がんでも部分切除のケースは見られます。予後とは関係がありません。

胃をとったあとの後遺症

開腹手術後、退院してからなんらかの後遺症が残ることはあるのでしょうか?

退院してからも、しばらくは自宅静養が必要です。術後1~3ヶ月目からは次のような後遺症が残ることがあります。しかし、どの場合も対策がすでに確立されるているため、必要以上に心配することはありません。

  • ダンピング症候群
    胃切除後には食べ物を貯留する機能がなくなるため、そのままストンと食べ物が十二指腸や小腸に流れてしまう。このため、食後すぐ(「早期ダンピング症状」)や食後2、3時間してから(「晩期ダンピング症状」)、不快な症状が起こりやすくなる。
    早期ダンピング症状では、腹痛、腹部膨満、めまい、冷や汗、頻脈、吐き気、嘔吐、下痢、ショック症状などが起こる。この場合は、横になり安静を保つように心がけるとよい。晩期ダンピング症状では、脱力感、めまい、眠気、冷や汗が起こる。この場合は、食後膵臓からインスリンが過剰に分泌され血糖値が低下しすぎることが原因であるため、糖分を補給するとよい。
  • 逆流性食道炎
    胃の上部(噴門部)には胃液などが食道へ逆流しないよう調節する機能がある。このため胃切除をすると、胃液や胆汁、膵液が食道へ逆流しやすくなるため、食道粘膜に炎症を起こす。胸焼け、胸痛、胸のつかえ、食欲不振、のどの痛みなどの症状が出る。逆流する消化液の種類に応じた薬が投与される。時には再手術を必要となる。
  • 貧血
    手術後3~5年後にビタミンB12(赤血球をつくる働きがある)が吸収されにくくなり、貧血を起こしやすくなる。この場合、生涯にわたって適切な補給を続ける必要がある。最近では経口ビタミン剤で対応できるようになった。
  • 胆石の発生
    手術後数年経つと、胃の迷走神経(運動、知覚、副交感神経などをコントロールする) を切除した影響から、胆のうの運動性機能が悪くなりやすい。このため、胆汁がよどんだり、腸内細菌のバランスが悪くなったりして、胆石ができやすくなる。