特別な治療法例「胃がんの肝転移の治療法」

抗がん剤や放射線のほかに、肝転移を治療する方法です。
肝転移再発が孤立性な場合(肝臓にがんの転移巣が1つできる)は、治療法にいくつかの選択肢があります。大きさが2cmまでの原発巣のがんであれば、どれも手術する場合と同等の効果が報告されています。

  • 塞栓療法(TAE)
    がんにつながる血管(動脈) にスポンジの粉や金属のコイルを流して血管を詰まらせて、栄養や酸素の供給を止めてしまう方法。がん細胞を壊死させます。
  • マイクロウェーブ療法
    がん単に特殊な針を刺して、電磁波を流して焼き切ってしまう方法。
  • PEIT療法
    がん巣に直接針を刺して、100%濃度のアルコールを注入して壊死させてしまう方法。しかし、胃がんで肝臓に転移する場合は、多発性転移(肝臓にたくさんの転移山果ができる)することが多いため、これらの治療では効果が出にくく、抗がん剤を選ぶことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください