抗がん剤による胃がんの治療「抗がん剤の副作用が生じる理由」

がん細胞だけを選んで攻撃するように設計されていますが、正常細胞にも影響が及ぶためです。抗がん剤はがん細胞のターンオーバー(細胞の生まれ変わりの周期)に合わせて、DNAの合成を抑制するようになっています。

がん細胞は正常細胞よりターンオーバーが早いという特性があるため、がん細胞だけを何回もたたくことができるというしくみです。
ただし、何回目かのターンオーバーで正常細胞の周期と重なってしまうと、正常細胞も攻撃を受けて壊れてしまい、副作用となって症状が現れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください