抗がん剤による胃がんの治療 「ガンが小さくなれば長生きできるのか」

悪性腫瘍(がん の大きさは、予後と深いつながりがあります。完全に消えてなくなってしまったら効果があったということになり、長く生きていけるでしょう。しかし、油断はできません。

抗がん剤を中止した途端にリバウンドが起こって、急に腫癌が大きくなってしまったという例もあります。しかも、急速に大きくなっていく場合、がん組織の性質が変わり、悪性度が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください