水道水

水道水には恐ろしいことに「トリハメタロン」「トリクロロエチレン」という二つの発ガン物質があります。
塩素で水を消毒する過程で生まれるのがトリハメタロン。トリクロロエチレンは、ドライクリーニング工場などで使われる化学洗浄剤に含まれています。
『生活防衛マニュアルと環境ホルモンについて考える(https://life-ddefense.com/life/)』というサイトでも水については言及されています。
記事はできるだけきれいな水を選ぶが参考になります。

化学洗浄剤の廃液が土壌や井戸水を汚染して水道水として使われている河川の水に侵入してしまうのです。

しかし、水飲まないわけにはいきません。そこで、私たちにできる自衛策として、

  • 家庭の水道ろかに濾過器(浄水器)をとりつける
  • 水道の水は5分間、煮沸(沸此)してから使う

ことでだいぶリスクを減らすことができます。。これで、水道水に含まれる発がん物質は、かなり減らせます。濾過器(浄水器)で使う活性炭などの力- トリッジは、お使いの糖種に合わせて、定期的に正しく交換します。なお、自宅の水道水にどれだけ発がん物質が含まれているかは、いま住んでいる区域の保健所で測定してもらえることがあります。気になるかたは、自宅の地域の保健所へ問い合わせをしてみるとよいでしょう。

もっと簡単に水を安全に浄化したい場合には、「ピッチャータイプの浄水器」がおすすめです。
ピッチャー(見た目は単なるポット)に水道水を入れて冷蔵庫に入れておくだけできれいな浄化された水を飲むことができます。
三菱レイヨン 02クリンスイ』の浄化力は強く安心して飲めます。
水道水のカルキ臭をはじめ、トリハロメタン、水に溶け込んだ鉛や農薬までを、活性炭+セラミックでしっかり除去する、ポット型の浄水器です。独自の中空中糸膜フィルターで、安心な水をつくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください