加工食品の添加物には要注意

着色料、人工甘味料、殺菌、漂白剤などを目的に食品添加物は多くの加工食品や生鮮食品などに使用されています。
その数は50~70種類ほど。その発ガン性も心配ですが、たとえばハムやソーセージの発色剤として使われる「亜硝酸塩」は肉や魚に含まれるアミンという物質と酸性下の条件で結合すると「ニトロソアミン」ちう発ガン物質に変わります。
また、するめや干し魚を直火であぶってもニトロアミンが表面にできます。

ではどうるのか?少しでも発がん性の疑われた個々の食品添加物は、それがわかつた時点ですぐに使用禁止となります。です潜ら、それほど神経質になることはありません。しかし、食品添加物が複数重なった場合の危険性、今後見つかる発がん物質がある可能性なども考慮すると、特定の食品ばかりを集中して食べることは避け、「他種類の食品をバランスよく食べる」ことが賢明な選択です。

06
食品添加物とどう向き合うか
にはまさにその通りのことが記載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください