魚や肉の焦げ

魚や肉などタンパク貿の焼けコゲには、「トリプP-1、P-2 」といった発がん物貿ができます。この物賓を毎日大量ネズミに食べさせていると、1年はどで肝臓がんをつくることがわかりました。
魚や肉焼き焦げだけでなく、デンプンや糖など炭水化物のおコゲにも、細菌などに突然変異を起こすもとになる物質が含まれていることも判明しています。

焼け焦げに含まれる発ガン物質は、調理温度が高く、調理時聞が長くなるはど量がふえます。
肉や魚、野菜などを、直火で焼いたり、フライパンの上で熟を加えて焦がした場合に多くできます。
ただし、普通の食事で口に入る焼けコゲの量は、ネズミにがんをつくる量の、わずか2万分の1程度。真っ黒なおコゲを毎日バケツ何杯分も食べるのでなければ、それはど神経質になる必要はありません。とはいえ、焦げた部分を大l に食べることは出来る限り避けたいものです。うっかりしてひどく焦がしてしまった場合は、食べ残すか、食べる前に箸などでとり除いてから食卓へ。また、レモンをしぼったり、ダイコンおろしと食べると軽減されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です