ガンの進行度を測定する基準

ガンの進行度を検査する

病期(ステージ)分類日本でのスタンダードな分け方

日本の場合、胃がんの進行度はステージという方法で示されます。以下の表は「病期分類( ステージング)」という、胃癌研究会による分類方法です。胃がんの全体の進行具合がひとめでわかるため紹介します。
医師ががんの説明をするときは、おもにこの表を使います。たとえば、粘膜下層がん( SMがん)のように、深達度が浅い場合、転移がなければ「ステージⅠ」です。
しかし、転移があると予後(病気の経過や病後の見通し)が悪くなります。リンパ節への転移が第3群まであると、治癒率は低くなります。
逆に、深達度が渠膜がんンパ節への転移がなければ、「ステージⅡ」となります。
せ界共通の分け方国際的には、TMN分類という方法が使われています。「ステージⅣ」まで跳ね上が治癒率は低くなります。

ガンステージ

胃がんのステージ(病期)分類

  • IA
    ガンの浸潤は粘膜内(m)または粘膜下層(sm)にとどまる。リンパ転移なし。
  • IB
    ガンの浸潤はsmにとどまるが、リンパ節転移は第1群まで。もしくはガンの浸潤が固有節層(mp)が漿膜下層(ss)まででとどまり、リンパ節転移がない。

  • ガンの浸潤がmまたはsmにとどまるが、リンパ節転移は第2群まで。ガンの浸潤がmpかssまでのものは、リンパ節転移は第1群まで。ガンは漿膜(se)まで浸潤しているがリンパ節転移はない。
  • ⅢA
    ガンの浸潤はmpかssまでで、リンパ節転移は第2群まで。ガンはseまで浸潤しているが、リンパ節転移は第1群まで。ガンが直接ほかの臓器まで浸潤していてもリンパ節転移がない。

  • 肝臓転移を認める、漿膜転移を認める、腹腔の細胞診でガン細胞が認められる。その他の遠隔臓器に転移を認める。第3群リンパ節に転移を認める。このどれかに該当する。

TMN分類

ステージ分類とともに、患者さんへの説明にしばしば傭う国際的な分類です。専門用語が多いですが、医師の説明を確認するのに便利なので紹介します。

T分類(胃壁深達度)

  • T1
    ガンの浸潤が粘膜(m)または粘膜下層(sm)にとどまるもの
  • T2
    ガンの浸潤が漿膜下層を超えているが、固有筋層(mp)または漿膜下層(ss)にとどまるもの
  • T3
    ガンの浸潤が漿膜下層を超えて漿膜に接しているか、またはこれを破って腹腔に露出しているもの(se)
  • T4
    がんの浸潤が直接他の臓器まで及ぶもの(si)

N分類

  • N0
    リンパ節転移がない
  • N1
    第1群リンパ節のみに転移を認める
  • N2
    第2群リンパ節まで転移を認める
  • N3
    第3群リンパ節まで転移を認める
  • NX
    リンパ節転移の程度が不明

M分類(遠隔転移)

  • M0
    肝転移、腹膜転移および腹腔細胞診陽性以外の遠隔転移を認めない
  • M1
    肝転移、月割莫転移および腹腔細胞診陽性以外の遠隔転移を認める
  • MX
    遠隔転移の有無が不明

H 分類(肝転移)

  • H0
    肝転移を認めない
  • H1
    肝転移を認める
  • HX
    肝転移の有無が不明

P分類(腹膜転移)

  • P0
    腹膜転移を認めない
  • P1
    腹膜転移を認める
  • PX
    腹膜転移の有無が不明

CY分類(腹腔細胞診)

  • CY0
    腔細胞診でがん細胞を認めない
  • CY1
    腔細胞診でがん細胞を認める
  • CYMX
    腔細胞診を行っていない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください