免疫療法の効果

外部からウィルスや細菌が入ってくると、体は自己防衛するために免疫機能という働きを利用して、外部からの侵入者を攻撃します。
免疫療法はこの性質を利用して、体の抵抗力を増強させる方法です。これまで「、体全体の免疫力を高めて、がんもがん以外の侵入者も攻撃する」という「非特異的免疫療法」が長年研究されてきました。しかし、最近では一歩進めて、がん細胞だけに効果のある「特異的免疫療法」が盛んに研究されています。

たとえば、特異的免疫療法の1つ、「活性化リンパ球療法」は、体内のリンパ球にがん細胞を攻撃する力を人工的に増強させ、ふたたび体内に戻すという治療法です。

リンパ球は白血球のひとつで、細菌やウイルス、がん細胞を攻撃する役割を持っているからです。血液からリンパ球を選び出し、それにがん細胞をすりつぶしてぶつけると、がん細胞に対して反応を起こす物質が出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください